がんを攻撃しない生き方・自然退縮へ

がんが治るには・がんが治る生き方を・・・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方

癌は命を奪う悪魔のような細胞

『癌は宿主が亡くなるまで増殖し続ける』  現代医学の父といわれるウイルヒョウの学説によって、癌細胞を攻撃するために抗がん剤、放射線治療がされています。

抗がん剤治療・経験者の悩みはこちらから

癌は本当に宿主が亡くなるまで増殖し続けるのでしょうか

がん発症のメカニズムが解明されていない時代に開発され、使われ始めたのが抗がん剤です。

癌は何のために出来たのでしょうか・・・

癌は本当に命を奪う悪魔のような存在なのでしょうか・・・

癌が私たちの体を守るために存在すると知ったらどうでしょう。

癌を切り取ったり、攻撃したりすることはしないでしょう。

それどころか、癌に感謝すら覚えます。

『がン(腫)は、血液の汚れを浄化する装置である』 と血液生理学の研究をされた森下敬一医博は唱えています。

全身の血液の汚れを一ヶ所に集め、塊となって教えてくれたのがガン

癌は毒素の塊であり、癌という塊が出来ていなければ、敗血症で一瞬に命を落としていたかもしれません。

命を守るために出来てくれた癌は有り難い存在です。

また、私たち人間は体温、酸素があって正常な細胞が働き、生命を維持しています。

体温、酸素が不足すれば、正常細胞は生きることが出来なくなります。

そのとき体が生き延びるため、命を繋ぐために生み出したのが癌細胞です。

低体温、低酸素といった過酷な環境の元でも生きることが出来きる癌細胞によって命は繋がれたのです。

命を繋いでくれた癌

癌に感謝です。

がん細胞も、自分の大切なからだの一部

がん細胞を攻撃すると、自分のからだを攻撃しているのと同じことなのです。

攻撃することで、自分の体も免疫力が低下し、体温と酸素がさらに不足し、血液はさらに汚れてしまい、さらに癌細胞を増殖させてしまうのです。

だから、癌を攻撃しない生き方を・・・

体温と酸素、キレイな血液で癌を自然退縮へ導くことが体にとって最も平和な解決法なのです。

癌が出来るメカニズムと治る法則を知ることが大切です。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん細胞は抗がん剤により耐性を獲得する

がんが治るには・がんが治る生き方を・・・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方

この方が初めてお電話を下さったのは、

確か、去年の1月下旬か2月の始めだったように記憶しています。

卵巣ガンの彼女は、化学療法をするか、それとも自然療法をするか悩んでいました。

抗ガン剤の毒性、副作用、二次発ガンの危険性、感染症についてお話をした記憶があります。

また、真逆の療法である自然療法の現状、自分でなおすということは、自分が責任を持たなくてはならないこと、意識を変えなくてはならないこと、についても話しました。

そして、抗酸化物質の必要性についても話しました。

私の愛用品はこちらから

化学療法をするなら、なおさら抗酸化物質は必要であることもお伝えしたのですが、それ以降、彼女からの連絡は無いままでした。

化学療法を選ばれたのだろうと思っていました。

その卵巣ガンの彼女から、半年ぶりに連絡がありました。

再発したそうです。

やはり彼女は、一切を病院にゆだね、抗ガン剤を受けてきたそうです。

しかも、肝臓、肺にも怪しげな影が出来ているとか・・・

抗がん剤の副作用の悩みはこちらから

自分がバカだった、抗ガン剤に騙されました、と電話の向こうで悲鳴にも言える声で泣いていました。

抗ガン剤治療をし、一時的にガンは小さくなったようです。

しかし、その後、ガンは確実に動き出したようです。

しかも、ガンは勢いを増しています。

なぜなら、抗ガン剤には耐性があるからです。

以前、彼女にも説明をしたのですが、信じていなかったのでしょうね。

そこは残念ですが、感染症を起こさなかっただけでもまだマシです。

白血球が2000を切りかけている彼女

感染症を起こしていたら、再発どころか、命すら守れません。

本当に気付いて良かったです。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

抗がん剤を投与すると、一部の人には腫瘍縮小がみられます。

しかし、ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまうことは、周知の事実です。

ですが、日本では知らない人も多いのも事実です。

彼女は、感染症を起こす前に気付き、本当に良かったと思います。

人の体は、石油か入ると必ず嫌がります。

なおすのは人や物ではなく、自分の信念と自然界の力です。

選ぶのもの自分

責任も自分です。

これから、彼女がどのように変化していくのか・・・

ガンに感謝できるよう、しっかりと体の声が聞こえるようになるよう、そして生きる意味を知り、1日1日を大切にできるようサポートしていきたいと思っています。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

プラシーボ効果とがんの関係

がんが治るには・がんが治る生き方を・・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない

 

ここにガンがありますよ、と言われるとその途端、痛みを感じ出すことがあります。

逆に、痛みがあり検査をしたところ、異常がないと聞いた途端、痛みが無くなることもあります。

丸めた小麦粉でも、痛み止めだと思って飲むと痛みが緩和される?

そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、さまざまな報告が上がっています。

これをプラシーボ効果といい、薬効成分を含まないプラセボ(偽薬)を薬だと偽って投与したところ、患者の病状が良好に向かってしまうという治療効果を言います。

当然、プラシーボ効果には治療効果もあれば、副作用としても出ることもあります。

民間療法でも「ガンがなおった」と聞いて、信じて実践したところ本当にガンがなおった人も数多くいます。

特に不安から起きているものは、変化しやすいようですね。

これも、人にすすめられたから・・・ではなく、

自分がこれだ!と感じ、直感を大事にした人が効果をあげています。

私が信じたのはこれはこちらから

直感とは、理性を働かすものではなく、感覚的に即座にとらえること

直感は、根拠や理論など必要としないものです。

人間が持つ問題解決の能力、答えや結果を導き出すツールが直感というものです。

直感力は、誰しもが持つツールですが、働く人と働かない人がいます。

悩み過ぎ、考え過ぎは直感力を失います。

自分を信じることが出来ない人は、直感が働いていても気付きません。

「信じる者は救われる」の精神は非常に大切です。

逆に言えば、疑いながら、不信を持ちながらやっていては、良い結果は生まれないとうことです。

自分が瞬時に感じたことが一番

直感力を高めるには、自然に触れることです。

自然は、五感を活性化します。

五感とは、人や動物が外界を感知するための視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を言います。

五感を活性化すると、直感が冴えてきます。

私のがん体験はこちらから

しっかりと自然に触れ、ガンなおしにご自身の直感を役立てて頂きたい・・・と思います。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

がんを恐れない・自然退縮へ

がんが治るには・がんが治る生き方を

がん克服者がつかんだ8つの法則

 

がん治しに大切なこと

がんに対する恐怖心を遠ざける

心がつらく体が弱る治療は遠ざける

恐怖、不安、苦しさ、悲しさは、交感神経を過剰にします。

がんと心は繋がっているはこちらから

癌は交感神経過剰の顆粒球増大から起きる病

だから副交感神経を優位にしていく必要があるのです。

副交感神経が優位になると、顆粒球が減り、リンパ球が増えます。

リンパ球が増えると、ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞が活性化されます。

ですが・・・癌に対する恐怖心が強かったり、苦しい治療であったりすると、副交感神経を優位にしていくことは正直、非常に難しいものとなります。

例えば、どんなに良い治療をしても、どんなに体を温めていても、恐怖におびえ、さらには治療の選択に迷い悩む状態が続くと、体は冷えてきます。

冷えた場所に癌ができます。

特に乳がん、子宮がん・・・

おびえ、悩むと背中は丸まってしまい、胸部、腹部を圧迫し、その場所に血流障害を起こしてしまいます。

そして組織が破壊され、癌ができるのです。

がんを治すには、これらの精神的ストレスから自分を解放してあげることです。

癌は決して自分を苦しめるために起きたものではないのです。

何かに気付かせ、考えさせ、改めさせるために起きているのです。

生き方を変える機会を癌が与えてくれたのです。

私のがん体験はこちらから

人は苦難を乗り越えようとすることで魂が磨かれていくのです。

そして生き方の誤り、自然の法則に気付かされます。

がんを恐れない

がんに感謝、自然界に感謝して、魂を磨いて磨いていく

生き方を変え、恐れ、不安、苦しみを遠ざけ、自然と一体になり癌は退縮へと向かうのです。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きに生きることが、がんを治す生き方です。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん三大療法だけに頼らない・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人工甘味料の恐るべき毒性

がんが治るにはがんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

 

悪魔の甘味料とも呼ばれているアスパルテーム

カロリーゼロをうたい文句にコーヒーや紅茶などダイエット飲料や食品に多用されています。

「アスパルテーム入りダイエット飲料(ソーダ)は腎臓障害を引き起こす」(米、ボストン婦人科病院)

「ダイエット・ソーダは血液ガン(リンパ腫など)を増大させる」(ハーバード大附属病院)

「活発で活動的な精子を激減させる」(日本薬学会報告)

「ダイエット飲料を1日2本以上飲むと腎機能リスクが倍増」

とくに不安なのは、「妊娠中の母親がとると胎児の脳発達に悪影響」という警告

アスパルテームの毒性を一言でいうと、「神経毒」

これは、化学調味料MSGと同じ。

「アスパルテームを与え続けたネズミの脳に穴が開いた」(精神科論文)というから、その破壊力はすさまじい。

~船瀬俊介氏ご著書より一部抜粋~

人工甘味料、砂糖の毒性について、まだまだこれ以上にショッキングな報告が・・・

ガンとの関係も深そうですね

番茶が一番安心です!

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん治しは不自然なものを取り除くことから

がんが治るにはがんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

 

添加物、薬品・・・

不自然なものは、摂れば摂るだけ治癒力を低下させてしまいます。

不自然なものが、体内に入れば入るだけ、免疫を低下させてしまいます。

添加物や薬品など不自然なものは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内で毒素をつくってしまいます。

そして、体を酸化させてしまいます。

自然の摂理に従ってがんなおしはこちらから

今や、2人に1人がガンになる時代

それだけ、添加物や薬品に体が汚染されているということです。

体に良いと思われている野菜も残念ながら農薬、除草剤、化学肥料で汚染されているものがほとんどです。

洗いながしたいところですが…

細胞まで染み込んだ農薬を完全に洗い流すことは不可能ではないでしょうか。

残留農薬検査をしているから本当に大丈夫なのか…

残留農薬検査をクリアしたと聞けば、農薬がゼロだと勘違いしてしまいそうです。

日本の農薬使用基準値は他国に比べ、どれだけ高いことか・・・

お茶などは他国の300倍とも言われています。

今後、さらに残留基準値が緩和されるのでは・・・との話も聞きます。

これは、なぜでしょう。

見た目が不細工な野菜や虫食いの野菜を嫌う人が多く、売れないからです。

作り手の方も、農薬が体にも環境にも悪いことはわかっているけど・・・と言われます。

こうなったのも、私たち人間の身勝手さからかもしれませんね。

農薬は、体に悪いだけでなく、野菜の栄養値も下がってしまいます。

ガンなおしの基本は、菜食

しかし、薬品にまみれた野菜は気をつけなければいけませんね。

ガンなおしは、自然体に近づけること

自然栽培されたものは、栄養値が高いだけでなく、大地の恵みを感じながら頂くことができます。

これが、心を癒すひとつでもあるのです。

自然のもの・旬のものを感謝して頂く・・・

これが、ガンなおしの秘訣・ガンなおしの生き方です。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断してください)

がん検診のリスク・自分で守る

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

最近はずいぶん減ったバリウム検査ですが、それでも集団胃がん検診では、全国で年間1000万人がバリウム検査を受診していると言われています。

このバリウム検査は被曝という問題が言われています。

胃のバリウム検査は、8枚程度のX線写真を撮影することに加え、撮影の合間に放射線を浴び続けます。

X線被曝量は胸部X線の少なくとも6倍

「人間ドックや病院で行われる胃ガン検査になると、被ばく量は胸部レントゲン検査の100~300倍にもたっします」 (岡田雅彦著 『ガン検診の大罪』) 

大腸ガン検診のバリウム検診のX線被ばく量は、最低でも胃ガン検査の三倍

だから、肺ガン検診の一八倍は被ばくすることになる 船瀬俊介氏 ご著書より

検診にもリスクは伴うことを知っておく必要がありそうですね。

世界的 医学雑誌「ランセット」に発表されたオックスフォード大の研究によれば、75歳以上でがんを発症した日本人の3.2%は医療被曝が原因だとか・・・

日本は世界的に見ても珍しい健診先進国です。

健診に頼るより、癌や病気にならない体づくりをすることが大切ですね。

また浴びてしまった放射能の除去には、抗酸化物質が有効と言われています。

味噌汁や健康食品など抗酸化力の高い食品を摂るなどして自分の体は自分で守っていくことですね。

私を守ってくれたものはこちらから

しかし、リスクも知らなければ、自分を守るという意識も持てないままかもしれません。

リスクを知ることはとても大切なこと

もっと大切なことは、癌にならない生き方をすることです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足の冷えはがんの道

がんが治るには・がんが治る生き方を・

がん克服者がつかんだ8つの法則

夏なのに足だけが冷える

体温は低くなのに足だけ冷たい

その原因には・・・

運動不足による筋肉量の低下

座るときに足を組む癖がある

塩分不足

ストレスが多い

腸内環境が悪い

子宮の冷え

など心当たりはありませんか?

命の営みはこちらから

足が冷たくなっている時は、これらの原因で、血管の収縮が起こり、血の流れが停滞していると考えられます。

足の冷えは、意外にも動かすことで改善されることがほとんど

私たちの体は、心臓がポンプの役割をし、血液によって酸素を運んでいます。

酸素は、まずは生きるための大切な内臓へと運ばれます。

そして、最後に手や足などの末端へと運ばれていきます。

運動不足や一定の姿勢などで、足の筋肉が凝り固まっていると、血管を圧迫し、血の巡りが悪くなり酸素が運ばれなくなります。

低酸素はガンの道

ストレッチをしたり、ウオーキングなど足を意識して動かすし、血流を改善して、手足などの末端まで酸素しっかりと運べるよう心がけましょう。

ウオーキングが出来ない人は、足の指を動かすだけでもしてみる価値は充分あります。

また、下着や靴下は、血行が悪くならないように、体を締め付けないものがいいですね。

がんを治す生き方
ご相談・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

夏でも足湯をするときには自然塩をひとつまみ入れることをおススメします

がん・子孫への連鎖を止める

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

各地には、さまざまなお祭りがあります

このお祭りには、それぞれに意味があります。

平安時代、京の町で疫病が大流行し、大勢の方が亡くなりました。

当時の桓武天皇が、疫病が流行したのは、怨霊の怒りによるものと考え、霊を鎮めるために行ったのが、祇園祭の始まりと言われています。

御霊(みたま)の怒りに触れることとは、どんなことであったのかはわかりませんが、これは現代においても言えることなのではないでしょうか・・・

私たち生命を生み出してくれているのは、天と大地です。

この天と大地が与えてくれた生命の根本原理を無視して、病がなおせるわけがありません。

気付かねばならない時が来ていますね。

現代は、疫病を超える勢いで、ガンが発症してします。

昔は、ガンは過酷な労働から起きていました。

それが今では、過酷な労働などしていない若い人や子ども達が発症しています。

これは、生命を生み出した天や大地を無視した結果ではないでしょうか・・・

少し、宗教的に聞こえるかもしれませんね。

しかし、子孫への負の連鎖を止めるためには、この法則を無視することは出来ません。

『天』 は、神や精霊の住むところ

私たちの世界では心の部分にあたるのではないでしょうか・・

がんと心は繋がっているはこちらから

『大地』 は、作物を育ててくれるところ

私たちは、農耕民族であり、大地が食と命を繋げてくれています。

『天は陽気、地は陰気』 と対義語になります。

陽と陰で生命体のバランスをとってくれています。

神社では、二礼に拍手一礼をします。

『天の神様に一礼』

『大地の神様に一礼』

このように私たちの命は、神様から与えられていることを忘れてはなりません。

お天道様はいつもみてらっしゃいます。

人間に自然治癒力というものを与えて下さったのも神様です。

薬という便利なものが増え、自分でなおすなど、考えることすらしなくなった現代人

せっかく与えてくださった生命体に感謝して、自然治癒力を生かすことが、人間本来の生き方ではないかと思います。

私の生き方を救ってくれたものはこちらから

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断してください)

免疫細胞活性化・少食は万病を治す

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

1日のなかで空腹状態をつくることは、がん予防になります。

食べ物が胃に入ると、体内酵素は消化のために使われます。

食べれば食べるだけ、酵素を使ってしまいます。

体内酵素は消化だけでなく、細胞の修復にも使われます。

消化に酵素を使い過ぎてしまうと代謝に必要な酵素が不足してしまい、スムーズな細胞修復が出来なくなります。

酵素は生体機能を正常に機能させるのに重要な役割があります。

生体機能が正常に機能することで、癌細胞の増殖を抑えたり、癌細胞を正常細胞に戻すことが出来るのです。

生体機能を正常に機能させるためには、食べ過ぎないこと

腹7分目を意識する

また、朝食を抜くなどプチ断食や、空腹を感じて食事をするといった無理せず続けられることもいいですね。

また空腹時には、癌細胞を食べてくれるナチュラルキラー細胞が活性化されます。

細胞は私たちが食べたものでつくられます。

ですから、私たちがお腹いっぱい食べると、細胞もお腹がいっぱいになり、癌細胞を見つけてもナチュラルキラー細胞は食べようとしなくなります。

つまり、食べ過ぎ、だらだら食べはナチュラルキラー細胞の働きを抑制してしまうのです。

少食は万病を治す妙法です。

プチ断食であっても免疫力、排毒力が増強されます。

昔は、病気をすれば1日何も食べない、また重湯だけを摂るなどして回復を待っていました。

それが明治維新以降、栄養学が入ってきたことで 「病気はしっかり食べて治す」 といった常識が広まりました。

しかし、食べることは思う以上にエネルギーを使ってい、弱った体からはさらにエネルギーを奪ってしまうことになります。

つまり、食べることは逆に病気の回復を遅らせてしまうことにもなりうるのです。

癌だけでなく、よく風邪をひく人、アレルギー、アトピー、傷の治りが悪い人なども食べ過ぎから起きているかもしれません。

1日に胃腸を休ませる時間をつくり、免疫細胞を活性化させる少食生活を心がけましょう。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)