大腸がんの原因・食の改善

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒力研究所 

がん治しに欠かせないことは食事の見直しです。

癌になって初めて食について考えたといわれる方も少なくないかもしれません。

今まで当たり前に食べていたものでも、知れば怖くなるようなものがたくさんあります。

特に近年では若年層の癌がどんどん増えており、これは非常に深刻な問題と感じます。

昔の癌は、過酷な環境のなかでの労働や寒さなどが癌の原因となっていましたが、現代は贅沢、便利になったことによって癌が増えているようにも思います。

食の欧米化によって肉、卵、チーズ、バターなどの乳製品を使った食事が増えました。

学校給食では、牛乳、パン、家庭ではジャンクフード・・・

動物性の食品を口にする機会、量は考える以上に多くなっています。

5000ページにおよぶ米国上院の公式報告書 『マクガバン報告』

当時のアメリカ上院、民主党のマクガバン上院議員を委員長とした人類史上、空前絶後の調査報告書と呼ばれています。

誤った食生活で、癌など生活習慣病が多発

「アメリカ人を悩ます、ガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた」

この報告は、ガン、心臓病、高血圧、精神病などの最大の原因は間違った食であると結論付けています。

そして、ガンの発生も死亡も20%減らすことが出来る 『食事療法』 をアメリカ政府が公的に認めたことを証明しています。

誤った食とは・・・

高カロリー、高タンパク、高脂肪

動物性タンパク質が非常に危険であることを裏づけています。

動物性の食事は、植物性の食事に比べ、ガンの発症率が8倍にも上がるという。

これは、栄養学の父とも呼ばれるフォイト氏の栄養学を覆す形となりました。

フォイト氏は、『最も理想的な栄養源は、高タンパク、高脂肪、低炭水化物』といい、動物性タンパク質が優良であると唱え

今もなお、日本では 『フォイト栄養学』 が使われ続けています。

フォイト栄養学は必要?

これがガンや生活習慣病を増やした原因です。

アメリカ政府も認めた誤った食事を未だに続けているのが日本

ガン患者にとって、食事がどれだけ影響を及ぼすか・・・

全くもって無視している日本の現状があるのです。

肉食は、すべての癌に影響すると言えますが、中でも大腸がんの発症率は非常に高くなっています。

そして若年齢の大腸がんは、間違いなく増えています。

ご相談を受けお話を伺うと、やはり肉中心の食事をされてきた方が多いようです。

女性は、肉よりパンやバター、チーズ、おやつにクリーム系が好きで毎日食べているという方も少なくありません。

特に日本人の腸は動物性食品の消化に向いていないようですね。

まずは食の改善です。

動物性の食品は避け、植物性の発酵食品を摂り入れた和食をおススメします。

『食で治せない病気は医者も治せない』

体の声を聴きながら、実践あるのみ

自分次第です。

最も大切なことは、自然の恵み、人々の働きに感謝して頂くことですね。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

白血球を支配する自律神経・リンパ球アップ

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・がんと自然治癒研究所

交感神経・副交感神経がバランスをとりながら成り立っている自律神経

交感神経の緊張状態が続くと、白血球のなかの顆粒球が急激に増えます。

細菌などを攻撃するために顆粒球は適度に必要ですが、過剰になると細菌だけでなく内臓そのものを攻撃してしまいます。

顆粒球の攻撃によって出来たものが、潰瘍・癌などですね。

また副交感神経が優位の状態が続くと、リンパ球が増え、過剰になるとアレルギーとなります。

このように自律神経は、白血球を支配しているのです。

通常、昼間の活動時は交感神経が優位になり顆粒球が増え、夜間の休息時は副交感神経が優位となってリンパ球が増えます。

こうして通常はシーソーのように自律神経がバランスをとり、白血球と連携して体内環境を整えています。

しかし働き過ぎ、悩み過ぎなどでストレスがかかり、休息の時間に副交感神経が活性化されずにいると、交感神経過剰となり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

このまま自律神経のシーソーが傾いたままの状態が長く続くと、白血球のなかのリンパ球(免疫細胞)が減少し、免疫力が低下して体に不具合が起きてしまうのです。

がんを治すには、免疫細胞であるリンパ球を増やす生き方が必要です。

早寝早起きの規則正しい生活で体にストレスをかけないこと

心の悩みは誰しもがもっているものです。

その悩みをストレスにするか、しないかも自分自身です。

ものごとの捉え方を変えれば、ストレスであったことも感謝へと変わります。

心の持ち方を変えれば、喜びが増え、ストレスは減ります。

自律神経は無意識に働いていますが、その根元である心は自分の意識によって変えることが出来るのです。

心が変われば、自律神経のバランスも変わります。

自律神経のバランスが変われば、白血球の状態が変わるのです。

血液は自分の生き方でつくられています。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で過ごすことが、がんを治す生き方です。

どう癌と向き合うのか・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛肉の農薬汚染

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

野菜、果物の農薬を心配する方は多いですね。

しっかり洗い流したり、農薬除去の工夫をされていますね。

しかし、牛肉の農薬汚染を気にする人はあまりいないですね・・・

牛は、高濃度の農薬で汚染されたものを与えられ食べて育っています。

実は、アメリカではこれらの飼料用作物の残留農薬基準値が設けられていません。

基準値が設けられていないのは、人が直接口にしない物だからでしょう。

農薬を使えば使うほど、安く大量に飼料が作れます。

制限がないということは、いったいどれだけの農薬が使われているのでしょうか・・・

大量の農薬で汚染された飼料を食べた牛の肉を食べるということは、私達の体に農薬がしっかりと入ってくるということです。

日本の牛であっても、アメリカの飼料をエサに育っている牛は同じことが言えるでしょうね。

農薬は、野菜や果物だけの問題ではないです。

子ども達が口にする物は、しっかりと選びたいものです

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんはブドウ糖を多食する?・砂糖はがんのえさ?

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

 

1ミリの小さながんを見つけるという早期発見検査

ガンの再発転移を確認するための検査としても広く使われているPET

日本で大活躍ですが、欧米などでは使用が禁止とされているようですね。

がんでないものを癌と診断してしまうからでしょうか・・・

船瀬俊介氏によれば、炎症箇所にもPETは反応するとか・・・

このPET検査の原理はいたって単純ですね。

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、がんと診断されます。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理です。

がんはブドウ糖を多食する細胞

糖によって増殖するがんの性質を活用した検査なのです。

ブドウ糖が体に入ると癌は元気になります。

もっと身近で言えば、日々摂っている砂糖によって癌を元気にさせているのです。

つらい治療のご褒美にスイーツ

ストレス発散にスイーツ

特に女性は甘いものが大好きですね。

甘いスイーツで気分転換したいのですが、しかし体のなかでは残念ながら癌細胞は活性化しているのです。

砂糖は、がん細胞を増殖させてしまう食べ物です。

PET検査でわかるように、糖が体内に流れてくると、糖が大好きな癌は糖を引き寄せます。

このように癌は体内に入ってきた糖を集めエサにして大きくなっているのです。

ストレス発散でしたことが返ってつらいことにならないようにしたいですね。

知らないことは怖いことです。

自分の体は自分で守る

そのためには、まずは癌を大きくさせない生活をすることです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

子宮を冷やさない・汚さない・がんを作らない

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・・               がんと自然治癒研究所

子宮は、子が宿る場所 「子のお宮」です。

神様が宿る神社に、参道(産道)があり、奥にお宮(子宮)があります。

女性が結婚をすると、かみさん(神さん)と呼ばれるのはこのようなことからですね。

そのくらい女性の子宮は、冷やさず、汚さず大切するに場所なのです。

しかし現代はエアコンや薄着、シャワー、夜更かし、薬の常用、添加物、生理用品によって子宮が冷えている女性が増えています。

そして食事の欧米化で肉食、乳製品の摂取量が増え、子宮は汚れています。

レバーのような真っ黒い出血

5日以上続く生理

おりものが多い

少し疲れるとカンジタ膣炎を発症する

これらも子宮の冷えや汚れ、免疫力の低下から起きています。

子宮の冷えや汚れは、血流を悪くしてしまいさまざまな病気を引き起こします。

血流が滞ると子宮の筋肉が硬くなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなり、生理周期の乱れなどが起き、またホルモン、自律神経のバランが崩れてしまうことで、代謝や免疫力が低下してしまいます。

そうなると子宮がん、卵巣がん、乳がんのリスクは高くなります。

最近は、20代、30代といった若い世代の子宮頸がんが増えています。

子宮がんと向き合うはこちらから

これは、ジャンクフードなどが増えたことによる食の乱れや、便利な生理用品の普及によるものも否定できないでしょう。

市販されている生理用品のほとんどは、子宮を冷やす薬品が使われています。

血液を固めるために使われるジェルは、熱さまシートと同じ役目をします。

一見、快適に使えているように感じるものでも、その裏には別のリスクが存在することもあるのです。

特に生理用品は、膣に直接あてるものです。

膣は体なかでも最も経皮毒を吸収しやすい場所ですから、生理用品の薬品には注意したいですね。

しかも直接 子宮に繋がった場所です。

そうでなくても子宮は外界からの冷えを引き込みやすい場所

生理用品、食事、ストレス、環境・・・

少し意識するだけでも、積み重ねで大きく変わってくるのです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけには頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせ
がんと自然治癒研究所
☎️084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

 

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの原因である低体温、低酸素からの脱出

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

ガンは、生き方の偏りがつくった病

働き過ぎ  ⇔ リラックスし過ぎ

頑固過ぎ  ⇔ 人が好過ぎ

神経質過ぎ ⇔  無神経過ぎ

この偏り・過剰な生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

ガンになった現在も、このように偏った生き方をしていませんか?

がんを治す・心の持ち方はこちらから

ガンになり、自然療法を始めると、さまざまな取り組みで神経が過剰になる方がいらっしゃいます。

また、心配し過ぎを通り越し、異常な不安感、恐怖感に常に襲われている方もいらっしゃいます。

このような神経過剰状態は、血行を悪くし、体温が低下させてしまい、さらには呼吸までもが浅くなります。

こうやってつくられる低体温、低酸素の体は、正常な細胞が生きにくい環境となっていきます。

しかし、そんな過酷な状況化であっても、細胞は私たちの体で何とか生き延びようとします。

低体温、低酸素という、最悪な環境下であっても、それに適応するための細胞がつくられるのです。

それが、ガン細胞です。

宿主である私たちが、この低体温、低酸素という環境を変えない限り、ガン細胞はそのまま生き延び続けます。

ガン細胞を正常細胞に戻すには、偏った生き方を見直すこと

低体温になった原因が必ずあります。

低酸素になった原因が必ずあります。

まずは、原因を探ることが必要

強い恐怖に襲われたり、無理をした生き方をしていると交感神経が緊張状態になります。

私たちの体は、交感神経が緊張状態になると、アドレナリンを分泌し、血管が収縮してしまいます。

すると、ミトコンドリアの機能を低下されてしまいます。

ミトコンドリアをメインにはこちらから

ミトコンドリアは細胞分裂を抑制する、とても大切な働きをしています。

つまり、ミトコンドリアの少ない細胞は、分裂をし、ガンになりやすい

逆に、ミトコンドリアの多い細胞は、分裂できず、ガンにならないということです。

ガンなおしには、ミトコンドリアの働きが不可欠です。

このミトコンドリアをしっかりと働かすには、一定以上の体温と酸素が必ず必要

どちらか一方が欠けていてもミトコンドリアは働きません。

低体温、低酸素からの脱出

そして、ガン細胞の分裂を抑えるために、ミトコンドリアを増やすための工夫をしていきましょう。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

細胞の生まれ変わり・自分で治す意識が働きかける

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・  がんと自然治癒研究所

『病気になれば百日 熱心に自分を精進すれば治る』

からだの細胞は、約百日で一巡りすることをよく知っている言葉ですね。

私たちのからだには、60兆個以上の細胞があります。

絶えず古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっています。

その数は、1日7000億個とも言われています。

すべての細胞が生まれ変わるには、最低3ヶ月、約100日が必要です。

さらに骨まで変えるには、3年かかると言われています。

大事な大事な100日間ですね。

100日間の生き方で元気な細胞をつくることが出来るかどうかが決まります。

元気な細胞を生むためには

血液をきれいにすること

血液を汚さない生き方をすることです。

薬、添加物、農薬などの化学物質は血液を汚します。

癌を治したいのに 癌が治らない生き方をしていませんか?

恐れ、不安、愚痴、泣き言は体にストレスを与え血液を汚します。

心のストレスは細胞のストレスです。

細胞が喜ぶ生き方を…

そして最も細胞が活性化することは「自分でなおす」という意識です。

自分で治す意識、行動は細胞に働きかけます。

まわりの細胞を元気にし、がん細胞はアポトーシス(細胞死)へ導かれるのです。

元気な細胞をつくるのは自分次第です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治す秘訣・ぶれない心

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

 

がんの療法を決められない人

誰のせいでもなく、自分の責任です。

これでやろう、と一度は決めてはみるものの、不安が襲ってくると次のものを探す

不安になり、、過剰なまでに情報を収集してしまい、情報に振り回され今の取り組みをやめてしまう

治った人がいると聞けば、新しいことに目がいき、飛びついてしまう

こうやって一年を過ごし、結局すべてが中途半端に終わり、また振り出しに戻ることが多いのです。

振り出しならまだしも、残念ながらほとんどの人がその間に進行、悪化しているのです。

三大療法で苦しんだ結果、再発転移をし、自分で治すしかないとやっと気付いたと言われたのも束の間

また自ら病院に頼り、委ねてしまった・・・ と後悔した声でご相談を受けることも少なくありません。

三大療法をやめて代替療法や自然療法に切り替えたものの、思うように結果が出ず、結局また抗がん剤、放射線治療をして、どうにもならないほど弱り切ってしまう人

思うように結果が出ないのは、やめてしまうからです。

長い期間かけてきて出来た癌を、一瞬で治そうということがそもそも間違いなのです。

三大療法の対症療法と違い、代替療法、自然療法は根治療法ですから、癌になった原因を取り除くことから始めます。

癌になった原因は、心かもしれません。

食事かもしれません。

睡眠不足かもしれません。

その原因を取り除くことは、自分にしか出来ないことなのです。

これらの原因によって血液が汚れ、毒素が溜まり癌はつくられました。

対症療法である三大療法は、一瞬で癌が縮こまったり消えたりすることはありますが、大量の薬物や放射能で血液が汚れてしまうため再発転移を繰り返す可能性が高くなります。

一方、根治療法は毒素を排出し、血液をキレイにしていく療法です。

血液がキレイになることで、癌を退縮に導くのです。

三大療法のように一瞬で癌が縮こまることはなく、じわじわと結果を出していきます。

根治療法は癌そのものを見るのではなく、原因を取り除くことで、同時に病気にならない体をつくっていくのです。

このように、代替療法、自然療法はある程度の時間が必要な療法です。

1、2ヶ月やってみて癌が小さくならないからところころ変えていては治らないのです。

それどころか、せっかくキレイになりかけていた血液がまた汚れてしまうことにも・・・

最も良くないことは、心が常に揺れてぶれることです。

ブレてあれこれ変えている人は、結局、大きな不安に陥ってしまいます。

がんを治すには、ぶれない心が絶対に必要です。

決めたことは続ける

続けることが、がんを治す秘訣です。

がんと自然治癒研究所推奨発酵食品はこちらから

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分流のがん直し・酸化させない

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・がんと自然治癒研究所

癌の進行具合は人それぞれ違います。

早期発見だから大丈夫! 早く見つかって良かった!

そんな会話をよく耳にしますが、数年後 思いもよらぬ再発に嘆き悲しむ人が多くいらっしゃいます。

初期だから取り除いてしまえば大丈夫ですよ!という言葉を鵜呑みにしていたら、気付けば・・・

癌になった原因をそのままにしていれば、当然また癌になります。

癌は細胞が傷つき出来ていくのですから、手術での切り口が癌化しやすいのは当然のこと

そして手術は体を一気に酸化させます。

体の酸化は癌の原因になります。

なかでも子宮頸検診で異形成と診断を受け、子宮頸部の円錐切除術をうけた人が数年後、進行がんになったというご相談はよくあります。

異形成は癌ではなく、傷ついた細胞です。

細胞は毎日 出たり引っ込んだり、傷ついたり修復したりを繰り返しています。

異形成を人工的につついてしまったため、細胞が傷つき、本当に癌になってしまった可能性も否定できませんね。

私たちの細胞は、日々変化し続けています。

例えば今日、高度の異形成であっても、来週は軽度の異形成、場合によっては正常細胞になっていることも充分考えられるのです。

これが私たちが持ち備えた自然治癒力です。

元気な人でも癌細胞は、毎日数千個から数万個生まれています。

だから、免疫が落ちたとき、自然治癒力が低下し、異形成が出来てしまうことは誰にでも起こり、誰にでもあることなのです。

しかし、検査で異形成(前がん病変)が見つかれば

過剰な診断による手術、薬剤の投与・・・

手術や投薬は、体に大きなストレスを与え、大量の活性酸素を放出します。

切り取った方が安心だと思いがちですが、同時に癌になるリスクも背負うことになるのです。

今、目の前にある癌や異形成を取り除くことばかりに気持ちがいき、手術で汚れ酸化してしまった血液を放置していると、また新たな問題が起きてしまうのです。

癌は血液の汚れ、体の酸化から起きる病気です。

そして必要でない臓器などはありません。

それぞれの臓器には、癌に対抗する防衛機能が備わっています。

どんな臓器でも、失うことはもちろん、一部が欠けただけでも生体の防衛機能は影響を受け、自然治癒力を低下させてしまうのです。

近年では、乳癌検診での誤診、過剰診断が非常に多く、問題となっています。

ほとんどの人は、癌や高度異形成が見つかれば常識に沿って病院に言われるがまま治療を始めます。

癌は病院で治すものという常識があるからですね。

先日も初期の子宮がんで手術、これで終わったと思っていたら半年後に再発、放射線治療後、さらに半年して転移が見つかったと泣きながら、お電話をしてこられた人

再発以降、治療で体力が低下してしまい、自分が間違っていたことにやっと気付いたそうです。

彼女はこれから、自分で治していくことを決断したそうです。

癌を自宅で、自分で治した人は意外なほどたくさんいます。

癌の種類、原因、生活環境、性格、体質、みんな違うのです。

人と比較すること自体が、癌の道

同じ部位のがんであっても皆違うのです。

自分の体は自分にしかわかりません。

常識にとらわれず、目先の癌だけを見るのでなく、からだ全体を見て、からだの声を聴き、自然の摂理にそって自分流のがん治しを見つけることが大事です。

選ぶのも決めるのも自分自身です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん手術のリスクを知る

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

抗ガン剤は危険

放射線は危険

だから手術だけします。

と言われますが、外科的手術は抗ガン剤や放射線のように、リスクはないのでしょうか?

ガン手術で怖ろしいのは、手術によってガン細胞が他の組織に散ってしまうことも有り得るということです。

藪をつついて蛇をだす といっても良いかもしれません。

藪をつついて蛇を出すことも治療?はこちらから

また、血液に流れ、すでに転移している状態で、原発巣だけをとってもどうでしょうか。

現代の手術では、細胞レベルまでガンを取り除くことは不可能です。

だから、多くの方が数年以内に再発転移をしています。

特にリンパ節の郭清(切除)をした場合は、どうでしょう。

子宮ガン、卵巣ガンに多いですね。

リンパ節は、網状の皮質とリンパ細胞で出来ており、ガンなおしにとって非常に重要なリンパ球が集まっています。

そのリンパ節を郭清してしまうと、リンパ球そのものを低下させてしまうということになります。

リンパ球が低下すると、免疫を上げることが難しくなり、ガンを乗り越える力すら無くしてしまいます。

リンパ郭清は、さらにリスクが大きくなることも理解しておかなければなりませんね。

実際、私が見てきた方でも、体を温め、健康食品などを飲んでいるとリンパ球が上がってくる方が多いのですが、中にはなかなか上がらない方がいらっしゃいます。

やはり、共通点は、リンパ郭清をされているということです。

リンパ郭清をしていない人に比べ、リンパ球を上げるのに何倍もの時間がかかります。

その間に、再発してしまうケースも少なくありません。

なかには、リンパ球が全く上がらなくなる人もいます。

そうなると、生命そのものが危険にさらされてきます。

『ガン治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きしている』

『手術などのガン治療を受けた人は、平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

アメリカの「ハーディン・ジェームス博士」の有名なエピソード

それを裏付けるようにスウェーデンの研究によれば、全く治療しない早期前立腺ガンの患者さんの10年間の経過観察結果では、ガンで亡くなったのは、わずか8.5%だったそうです。

切除してしまってからでは、元には戻せません。

切ることが当たり前ではなく、リスクも知り、何を優先するべきかきちんと考え、後悔の無いようされることを願っています。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ