がんが治る人、治らない人

初期ガンでなおる人

初期ガンであってもなおらない人

進行ガンでなおらない人

進行ガンであってもなおる人

なぜでしょう・・・

なおる人は、なおる理由があります。

なおらない人は、なおらない理由があります。

ガンをなおすには、『自分でつくった病気は自分でなおす』 という意識が必要です。

そして、根気がいる毎日の実践が必要です。

長い年月をかけ、つくったガンですから、なおすにも当然、一定の時間が必要です。

しかし、効果を感じなければやめてしまう・・・

この効果を感じられないときを耐えることも、根気がいる実践のひとつです。

どんなものにも段階というものがあり、ひとつひとつクリアしていくことで効果として実感できるようになるのです。

ガンなおしは、生き方を見直すこと、思考癖をなおすことです。

自分の愚かさに気付き、捉われない柔軟な思考と、どんな時でも前向きにとらえる精神

生き方を根本から見つめ直す

そして、心がくつろげる環境をつくることも重要です。

環境を選ぶのも自分、つくるのも自分です。

体の変化には、毎日の実践で最低100日の時間が必要です。

苦しみは繰り返したくないもの

諦めずコツコツと続けた人が結果を出しています
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です