がんの療法を選ぶのは自分自身

ガンに対する考え方はさまざまです。

ガンの三大療法は西洋医学であり、ガン細胞は宿主が亡くなるまで無限増殖し続けると考えます。

抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

一方、化学的な薬物を使わず、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、ヒーリングなどを使う方法があります。

これは免疫を上げることでガン細胞の増殖を止め、自然治癒力でガンを退縮させる考えです。

治癒に向かうときの現象も西洋医学とは真逆です。

『自然治癒力でガンが自然退縮するときに、腫瘍は増大し、マーカーが上がり、また転移をする』

自然治癒力を重きにおく考え、西洋医学の考えは、捉え方が全くといっていいほど違います。

現代医学は、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり、私達の中に固定観念として定着してきましたから、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

この学説では、人が本来持つ自然治癒力・免疫力の存在は残念ながらありません。

ですが実際に、免疫を上げることでガン細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんを克服する8つのキーワード

『幸せとはなにか』 

広くとりとめのない漠然としたものでしかありませんでした。

その幸せも誰がどのようにつくるものなのかも考えたことすらなかった気がします。

あの頃は、様々な問題や悩みが起きながらでも、毎日が当たり前に過ぎていたからでしょう。

ガンとの出逢いで大きく変わりました。

不足しか見ていない自分、感謝がない自分、不自然な生き方をしている自分に気付かされました。

なんて愚かな生き方をしてきたことでしょう。

なんて勿体ない時間を過ごしてきたのでしょう。

妻として、母として、女性として、ひとりの生かされているこの世の人としての生き方を考えさせられました。

どう生きたいのか・・・

どうありたいのか・・・

自分の愚かさに気付き、今、生きていることに感謝が出来たとき、私の心の迷いが解けました。

そして、ガンという塊に目を向けることではなく、真の健康、真の幸せ、真の美しさに目を向けることで、ガンからの克服をいたしました。

ガンなおしは、視点を変えること

新たな価値観を構築することです。

ガンと出逢い体得した8つのキーワード

たくさん方から 「勇気を頂きました」 「自分に自信がつきました」 「自分の生き方に気付かれました」 などの嬉しいお言葉を頂いています。

人の喜びが私の喜びです。

この喜びによって、細胞が活性化されています。

皆様からの温かいお気持ちを心から感謝いたします。

感謝や幸せを感じて暮らすこと

これが、ガンなおし、ガンと共に生きていくための秘訣です。

そして、このブログを毎日真剣に読んで下さっている方がたくさんいらっしゃいます。

何かに気付いて頂けたら幸せです。

真の健康、真の幸せ、真の美しさへのライフステージへ・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

子宮を冷やす生理用品を避ける

女性の必需品である生理用品

男性でも諸事情で使われることがありますね。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのものです。

実は、この生理用品で体を冷やしている可能性があります。

生理用品は、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっている上に、女性の子宮は、袋状の臓器でありとても冷えやすい場所でもあるので注意が必要です。

そして、多くの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

膣は、最も経皮毒を吸収しやすい場所です。

塩素漂白剤で毒素を体に入れていることになります。

特に毎日使うおりものシートは、気を付けたいものです。

これら経費毒や冷えは、女性の生理不順や生理痛、不妊にも関係してきます。

そして、ガンなどの病気を引き起こす原因になっていきます。

特にガンの方は、冷えは大敵です。

体を冷やさないよう、きちんとした生理用品を選んで使うことをおススメします。

子宮の冷えは、解毒機能を低下させます。

子宮の冷えは、自律神経を乱し、免疫を低下させます。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

癌を作る生き方とは?子どものころからの偏った生き方が・・・

ガンは長い期間をかけつくられた病気です。

毎日の積み重ねでもあります。

日本人は、とても真面目であり、無理をしてでも、深夜になってでも働きます。

長時間の交換神経緊張状態は、ナチュラルキラー細胞の活動を抑制してしまい、ガン細胞がどんどん増える環境をつ
くってしまいます。

また細胞が修復される時間に起きて活動していると、ガン細胞を正常細胞に修復できなくなります。

ストレス社会で無理をしたことによって、働き盛りの年齢にガンが増えているのです。

しかし、子どもたちは逆です。

豊かな暮らしが出来る今の子ども達は、運動不足と食べ過ぎ、過保護状態で副交感神経が常に優位に偏ってしまい、病気に対する能力が低下しています。

副交感神経が優位に偏り過ぎると低体温になります。

また、冬場は暖房などで体を温め過ぎるため、体が自ら体温を上げようとしなくなるのです。

子どもの頃の生き方は思う以上に、大人になった今でも影響を与えています。

体を鍛えられ育った人は、体温も高く自然治癒力も高くなっています。

過保護に育った人は、自ら体温を上げることが出来ず、自然治癒力も低下しています。

この長い期間の積み重ねが、やがてガンをつくってしまうのです。

大人になって変えていくことは大変ことです。

変えていくことに気付けばまだよいのですが、気付かなければ病気の道にどんどん進んでいきます。

2人が1人ガンになる時代です。

2人子どもがいたら、そのうちの1人がガンになるわけです。

そして、今の子ども達が大人になる頃は、もっと増えていることでしょう。

これも私たち親の責任ではないでしょうか・・・

無理をした生き方は、交感神経が過剰となり、体を壊してしまいます。

また、楽すぎる生き方は、副交感神経ばかりが働き、機能低下で体を壊してしまいます。

すべてはバランスです。

これ以上、ガンを連鎖させないためにも偏り過ぎた子育てにならないよう気を付けたいですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がん治療・・・・副作用も恐れない

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

突然のガン宣告で、準備も知識もない状態で治療が始まります。

壮絶な副作用で衰弱し、治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶ちません。

ガン治療による感染症で亡くなる人が減らないのは悲しい今の現実ですね・・・

副作用というものがつきまとう辛い治療

この副作用から体を守っていくのは自分でしかありません。

【毒をもって毒を制す】

これが現在のガン治療の現状ですから、副作用は起きても当然なのです。

だから、副作用は仕方ないことと諦めていませんか?

副作用の軽減も自分次第です。

まずは、副作用は自分で軽減することに意識を向けることが重要です。

副作用で苦しむことのないようすべては実践です。

ガン治療の副作用でお困りの方から多くのご相談を頂いています。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

代謝酵素を活性化・・ミネラルの力で

ミネラルは足りていますか?

酵素が大事であることはよく知られています。

しかし、その酵素もミネラルがないと働くことは出来ません。

酵素とは、消化酵素・代謝酵素の2つに分類されます。

代謝酵素は、栄養素をもとに体の細胞を作り、毒素の排出や免疫力など自然治癒力に直接つながる重要な働きをしています。

つまり、代謝酵素は自然治癒力と大きく関わっています。

この酵素を動かしているのがミネラルです。

ミネラルが足りないと酵素が活性化されず、温が低下します。

体温が下がると免疫が下がります。

免疫が下がるとガンの道です。

体温を上げるにもミネラルが必要なのです。

栄養補助食品やサプリメントを摂るときも、ミネラルであれば数種類以上バランスよく含まれているものをおススメします。

35℃前半の低体温だった私は、ミネラル、酵素、ビタミン、フラボノイドなど多種類の有用成分が含まれたプロポリスを摂りました。

現在は36.8℃前後です。

ミネラルを摂って、しっかりと代謝酵素を活躍させたいですね
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

喜びを見つけ豊な心でがん治し

毎日ワクワクしていますか

生活のなかで楽しみや喜びを感じることが大切です。

小さな喜びに気付ける自分になってみませんか?

悪いことは目につきやすく、記憶に残ります。

その反面、良いことは見えにくく、記憶からも消えやすいのです。

だからこそ良いことを意識して1つでも多くの喜びを見つけていきませんか・・・

そして、人に与える喜びは数倍の喜びとなって自分のかえってきます。

どんな人でも、毎日数千から数万のガン細胞が生まれてきています。

毎日生まれてくるガン細胞を退治してくれているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞です。

ナチュラルキラー細胞の働きが活発だと、ガンになりにくいとされています。

そして、ナチュラルキラー細胞を活性化するのは、喜びと笑いです。

喜びを感じると、神経ペプチドが活発に分泌されます。

笑うことにより生産される神経ペプチドは、血液やリンパ液から流れ、ナチュラルキラー細胞にくっつき、ガン細胞だけでなく免疫に働きかけ、病気になりにくくすると言われています。

そして、免疫を高めるだけでなく、免疫システムのバランスを整える効果があることもわかっています。

小さな喜びを見つけることは豊かな心を育てます。

豊かな心は、ガン細胞を癒すのです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

自分に最適な療法を選ぶには・・・

ガンをはじめとした情報は、あまりにも多く氾濫しています。

療法の選択に迷ってしまいます。

情報に振り回され、それだけで疲労してしまう方も・・・

多くに情報は、ガンに限らず症状の捉え方も違います。

溢れる選択肢の中から、どうやって自分に最適な療法を選べば良いのか・・・

まずは、なおったという症例や確率だけに捉われないことが大切です。

何を大切にしたいのか・・・ 

どう生きたいのか・・・

人生が違うように、ガンなおしもみんな違って当たり前

選択に必要なことは、自分自身の直感力と心と体の声です。

療法を決められず、ずっと悩んでいる方がいます。

悩みすぎは直感力を鈍らせてしまいます。

自分の体は、何を求めているのか、また何に苦しんでいるのか・・・

体の声をしっかりと聴いて受け取ることが重要です。

人の体は誰にもわかりません。

わかるのは本人だけなのです。

だから、直感を信じれる自分、心と体の声を聴ける自分になることです。

この前提には、自分に責任を持つということがあります。

自分にしっかりと責任を持ち、意識を変えていくことが大切です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がん治しの秘訣・・・正の連鎖を起こすこと

私たちは、自然界と人間界で調和をとりながら生きてます。

自然界と人間界で生かされていることに気付けばすべての見方が変わってきます。

見方が変わることで、自然界に溢れる愛を実感出来るのです。

そして私たち人間は、喜びを分かち合うために存在し生きています。

人様の喜びが自分の喜びになると、喜びの数はどんどん増えてきます。

人様が喜ぶことをしてみませんか?

自分がしたことで人様が喜んで下さると心から嬉しくなります。

人様から頂く 『ありがとう』 の言葉は、最高の細胞活性剤になるのです。

私はガンいなったとき、色々なことを振り返り考えました。

自分は、どんな生き方をしてきたのだろうか。

自分では一生懸命生きてきたつもりでしたが、家族に対して、世間に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

同時に愚かな自分に気付かされました。

気付かされたとき、これからは、『人のために生きたい』 と思いました。

人様から 『ありがとう』 を頂くと笑顔が出てきます。

仮に寂しい気持ちになっていても、人様から 『ありがとう』 を頂くと安心に変わります。

この瞬間、生命エネルギーにスイッチを入れます。

人が喜んで下さることで、自分の細胞が活性化するのですから、これは最高の喜びですね。

これこそが正の連鎖です。

私たちの命は、人様に活かされています。

心から人のために施せたらいいですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

カンジタを抑制・・・・免疫を高める

ガンは、カンジタ(真菌類)が原因であるという説があります。

これが事実なら、従来の治療法とはまた変わってきます。

イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニの説によれば・・・

シモンチーニの「犯罪」とは、ガンがカンジダという健康な人の体内でさえ少量存在するイースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌であることを発見したことである。普段は免疫系がそれを抑制しているが、カンジダが強力な菌に変異する時、いくぶん深刻な健康問題が発生することになる。ガンもそれである。

シモンチーニは、ガンが体内のどこにあろうと、あるいはどんな形をとろうと、全てのガンが同じように振る舞うことに気がついた。そこには共通項がなければならなかった。彼はまた、ガンの「しこり」が常に白いことに着目した。

他に白い物とは何だろう? カンジダである。

シモンチーニは、細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために細胞を生成している免疫系であることに気がついた。 (デーヴィッド・アイク公式日本語情報より)

抗菌作用のあるサプリや健康食品がガンに効いたと言われるのも納得できる話ではありますね。

実際に子宮ガン、卵巣ガンの方の多くは、過去にカンジタ症を繰り返し悩んだ経験があります。

カンジダは、免疫系によって抑制されています。

免疫系が弱った時にカンジダは増殖します。

そして、カンジダが臓器に広がった状態が、ガンだというのがシモンチーニの説のようです。

要は、免疫を高めるということです。

免疫系がしっかりと機能していれば、カンジタが増殖することはないのです。

いずれにしても、免疫を高めることは生命にとって重要なことですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)