辛い生理痛に民間療法を・・・・・

こんばんは

今日は、昔からある生理痛の民間療法について書いてみました。

生理痛の鈍い下腹部の痛みはつらいですよね

鎮痛剤を飲む前に・・・

試してみませんか!?

生理3~4日前から始める 生理痛を軽減する民間療法です

いつもより濃い目に番茶を入れます。

お湯呑に入れた番茶にすりゴマと自然塩 (ゴマと塩合わせて小さじ1杯目安) を入れます。

1日4~5杯くらいを生理が終わるころまで飲みます。

番茶も自然塩も体を温める効果は抜群ですね

お風呂にもカップ1杯の自然塩を入れて入浴すると良いですね

もちろん根本から体を整えていくことが一番大事です。

何が原因で生理痛や生理不順が起きているのか

自分の体の声を聞いてみては・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です