人の細胞が生まれ変わる生き方

こんばんは

今日は、「自分で治す」という意識が細胞に与える影響について書いてみました。

 

『百日は心を込めて育てる、病気になれば百日は熱心に自分を精進すれば治る』

韓国では子どもが生まれたら、言われるそうです。

からだの細胞は、約百日で一巡りすると言われていることをよく知っている言葉ですね。

私たちのからだには、約60兆個の細胞があります。

絶えず古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっています。

その数は、1日7000億個とも言われています。

そのすべての細胞が生まれ変わるには、最低3ヶ月かかるということですね。

さらに骨まで変えるには、3年かかると言われています。

元気な細胞に生まれ変わるには、汚れた血液を綺麗にすることですね。

これには、当然、血液を綺麗にし、免疫力を活性化する自助努力が必要でしょう。

ガンなおしにとっては、第1のステップ

大事な大事な100日間ですね。

残念ながら、免疫力を上げなくては!と言いながら、免疫力を下げることをしている方がほとんどです。

血液を汚すことは、免疫力を下げることになります。

そして…

運動をしたら免疫力が上がる

健康食品を飲めば免疫力が上がる

ではなく、総合的にみていかなければなりませんね。

「自分でなおす」という意識が、細胞に働きかけてくれます。

まわりの細胞を元気にし、そしてガン細胞は、アポトーシス(細胞死)へ

「免疫力をいかに活かせるか」自分次第です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

がんが克服出来る人、克服出来ない人

こんばんは

今日は、癌を克服する人、しない人の思考癖について書いてみました。

 

ガンを克服する人

ガンを克服出来ない人

ガンと上手に共生出来る人

ガンと上手に共生出来ない人

必ず共通点があります。

ガンは自分でつくった病気です。

なぜ、ガンになったのでしょう。

それは、自分のしたことが返ってきているのです。

ガンだけでなく、人生においてもそうです。

人に、不平不満、愚痴を投げかければ、自分に返ってきます。

攻撃をすれば、必ず自分に返ってきます。

裏切れば、自分も裏切られます。

家族とうまくいかない、私はこんなに苦労した、お金がない・・・

悪いのは、周りだけですか?

必ず原因があります。

これも自分がつくってきたのです。

すべて人のせいにして生きていませんか?

すべて、自分の都合で、周りを振り回していませんか?

これも自分に返ってきます。

そこに気付かない限り、残念ながらなおすことは出来ないでしょう。

元気になれない人は、いつ話をしても自分が言いたいことだけ

自分の都合や感情で、善い人、悪い人、発する言葉がその都度に大きく変わってきます。

自分の要求ばかりで、人にしてもらったことは完全に忘れています。

だから、不平不満、愚痴、つらい、悲しい、の言葉になるのです。

一方、元気になられる方は、つらいことを抱えながらでも感謝の心で満ち溢れています。

感謝やありがとうございます、という言葉が多く出てきます。

会話にしても、文章にしても、とても前向きで明るくエネルギーを感じます。

最初からそうだった訳ではなく、ガンになり気付いています。

多くのことを悟り、反省し、新たな価値観で、新たな人生をスタートしています。

自分に責任を持ち、魂から変わる・・・

日常のなかで心が揺さぶられることもあります。

しかし、魂からの信念がある以上、心が揺れても信念はぶれることはありません。

心を変えた人、生き方を変えた人は、ガンになったことに感謝が出来ています。

すべては、自分のため

自分次第です。

 

癌になったことに感謝できれば・・・・
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒力研究会

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

 

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

がん細胞も自分の細胞だと言うことを忘れない

手術、抗がん剤、放射線、だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・がんと自然治癒力研究所

こんばんは

今日は、がん細胞に対する考え方で体に与える影響について書いてみました。

抗ガン剤は、ガンの発症するメカニズムが解明されていない時代に開発され使われ始めました。

ガンが小さくなって喜ぶのもつかの間

抗ガン剤は、正常細胞も痛めつけ、骨髄機能抑制してガンと闘うリンパ球を減少させ、免疫を抑制し、さらなる発ガンを促進する役割を果たす

安保徹先生の言葉は印象的であり、納得いく言葉でもあります。

最後は、ガンではなく、薬の副作用で、心不全や感染症といった他の病気で亡くなってしまう方が多い・・・

ガンを叩くという考え方が根底にあるからです。

でも、よく考えるとガン細胞は、自分のからだの一部です。

ガン細胞を叩くということは、自分のからだを叩いていることと同じです。

ガン細胞も、自分のからだの中からつくりだしたものであることを忘れていませんか。

ガンは悪いもの、ガンは死んでいくもの、という自分への洗脳が、ガン発見とともに強いストレスを与えています。

ガン細胞は、誰でも毎日生まれ続けています。

そして、気持ちの変化や体調で増えたり減ったりを繰り返しています。

だから、克服する人がいるのです。

まずは、ガンのメカニズムを知ることが大切ですね。

がん細胞も自分の体の一部だということを忘れずに・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

コレステロールの値は低いより高い方がよい??

手術、抗がん剤、放射線だけに頼らない・がんを治す生き方・・・がんと自然治癒研究所

こんばんは

今日は、コレステロール値が及ぼす、がんや病気の関係について書いてみました

コレステロールの真実はいったいどちらでしょうね・・・!?

病院へ行けば、コレステロール値が高いとすぐに薬が処方されます

しかし、近年では、真逆の意見も言われるようになりました。

「コレステロール値が高いほど、死亡率が低かった」 という研究報告が世界で数多くあげられています。

世界各国の総コレステロール値の上限は260~270㎎/dl

日本は、2007年まで220㎎/dl で、これを超える人は治療の対象となっていたとか・・・

これは、他国に比べ、コレステロール値を下げるための治療をする人が多いという結果になるでしょうね

コレステロール値は、高いと体に悪い

こんなイメージも出来上がってしまっています。

しかし、コレステロールを下げる薬を飲む方が問題だという専門家の声もたくさんあがっています。

不必要な薬を長期に服用すれば、当然、免疫機能を破壊され、ガンへの道になるということ

人任せだななく、自分で学ばなければいけませんね

そして、薬に頼らず、自分でコントロールするのが一番です
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

体の冷えの原因は運動不足?

手術、抗がん剤、放射線だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・ がんと自然治癒研究所

こんばんは

今日は、運動不足と体の冷えの関係について書いてみました。

からだが冷えていませんか?

下半身が冷えていませんか?

手足が温かいのと、手足のほてりは違います。

体温が低いのに手足がほてる人

それは、体の熱が手足を通して外に逃げているからです。

その他、手のひらが赤い・生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)・浮腫みがある人は、からだが冷えている可能性があります。

冷えから体温低下が起きると、臓器の働きが悪くなるだけでなく、細胞、すべての代謝が悪くなります。

そして、静脈の小さな毛細血管の流れが滞り、さまざまな症状が表れてきます。

神経痛や肩凝り、頭痛、動悸などです。

お風呂や食事などを気を付けているのに冷えがなおらない、という方も・・・

とくに女性に多いですね。

その原因の多くは、運動不足にあります。

とくの下半身の運動不足です。

運動をして、足が温まると血流が良くなります。

足は心臓から遠いため、血液を送るために、ふくらはぎがポンプの役割をしてくれています。

足の筋肉が衰えると、ポンプの正常な役割が果たせなくなり、血液が隅々まで運ばれなくなります。

ですから、下半身の筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉が鍛えられると、血流も良くなり体温も上がっていきます。

そして、血流がよくなると、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

とくにガンの方は、体温が低く血流も悪く、浄化機能が衰えがちです。

運動に加え、湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。

この冷えを見逃してしまうと、ガン以外にも心筋梗塞や脳梗塞など、一瞬で命を奪うようなことにもなりかねません。

運動不足と体の冷えの関係・・・・
がんと自然治癒研究所
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

気付いたら意識して改善していきたいものですね。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

血液を汚しているものは何か

手術、抗がん剤、放射線だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

こんばんは

今日は、血液を汚すものは何か?
薬との関係について書いてみました

ガンをなおすつもりが、ガンを増やすことをしているかもしれません。

実は、よくあることなのです。

ガンを自分でなおすと決め、抗ガン剤もやめられた方

食事や運動、温熱など一生懸命されています。

しかし、抗ガン剤以外のお薬も一生懸命、飲まれています。

その代表的なものが、血圧の薬、血栓の薬ですね。

本当に必要でつかう薬と、そうでないものを冷静に考える必要はありますね。

そもそもなぜ、ガンになったのでしょう。

お薬の飲み過ぎということはないですか?

薬によって血流を悪くさせているということはないですか?

血液がドロドロになる生活をしていないですか?

薬によって体温を下げていないですか?

薬は、そもそも石油製品です。

飲めば飲むだけ、活性酸素を増やします。

毎日飲み続けていると当然、活性酸素が過剰になり、体を酸化させガン細胞が増えてきます。

そもそもなぜ、ガンになったのか・・・

血液が汚れているのから、ガンになったわけです。

それなのに、血液を汚す薬を飲む・・・

当然、血液が汚れたままでは、ガンはなおらないですね。

ちなみに・・・

大櫛先生は、血圧が200になっても血圧が破裂することはないと断言されています。

それどころか、180を超える高血圧治療は、死亡率が5倍という衝撃データーが出ていて、大櫛先生は声をからしてそれを訴えています。

治療することで5倍死ぬ。 治療しない方がいい。

高血圧で死ぬより、治療での死亡リスクの方がよほど高い。(病気はこうしてつくられるより)

歳をとれば、血圧だって高くなるのは当たり前です。

年齢プラス90だった時代があります。

それが、高血圧の基準が180と設定され、やがて147になりました。

このようにいつしか、年齢関係なく一律に基準値が設けられ、投薬の対象が増大したのです。

不思議ですね・・・

その分、痴呆やガンも増えています。

薬を飲むということは、必ずリスクがあることを覚悟しておかないといけませんね。

血液を汚しているものはなにか?
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

がん治しは、バランスの取り方で決まる

手術、抗がん剤、放射線、だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

こんばんは

今日は、生き方のバランスとがんの関係について書いてみました。

生きていくうえで大切なのは、バランスです。

なぜ、ガンになったのでしょう・・・

それは、生き方のバランスが悪いからです。

ガンになる人は、頑張り過ぎたり、心配し過ぎたり・・・

「〇○し過ぎ」は、偏ったバランスの悪い生き方をしています。

ガンになる人は、自律神経のバランスが悪く

交感神経、副交感神経どちらかに偏りっぱなしになっています。

ガンになる人は、白血球のバランスが悪く

顆粒球とリンパ球の割合によって免疫力が低下していきます。

ガンになる人は、エネルギーをつくるシステムのバランスが悪く

年齢を重ねても解糖系が優位のままで、ミトコンドリアが上手く働いていません。

すべてはバランスです。

「細胞分裂を抑えるミトコンドリアを増やすには」はこちらから

人生も山あり谷あり

嬉しいこと、つらいこと、色々あってバランスをとっています。

都会で疲れたら、田舎で暮らす

これも人生のバランスです。

働き過ぎた人は、体を休めてみる

完璧主義だった人は、不完全な人になってみる

人のためばかりに生きてきた人は、自分のために生きてみる

愚痴ばかり言って生きてきた人は、喜びを見つけて生きてみる

泣いてばかりだった人は、笑って生きてみる

甘いものを食べてきた人は、砂糖をやめてみる

食に無関心だった人は、食の大切さを学んでみる

生き方を変えて、人生のシーソーのバランスをとるということです。

ガンという塊が、生き方の偏り、バランスの崩れを教えてくれたのです。

生き方の偏りがある人は、強いとらわれが必ずあります。

ものごとを考えすぎたり、出来ない自分につらく当たったり、ハードルが高かったり・・・

とらわれを捨て、自然体で生きることが、バランスをとった生き方になります。

バランスがとれるようになれば、すべてにおいて楽に生きれるようになります。

生き方を変えるためには、まず心と思考を変えなくてはなりません。

心と思考が変われば、体も変わってきます。

すべては繋がっていて、バランスをとろうとしているのです。

「心と思考を変えたい」本気で思われる方 ご相談ください。
TEL 084-925-1271
がんと自然治癒研究所

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

生理痛がある人はがんになりやすい

手術、抗がん剤、放射線、だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

こんばんは

今日は生理痛とがんの関係について書いてみました

女性の体は、毎月、赤ちゃんが出来た時のための子宮内膜というものがつくられています。

着床しなければ、つくられたものが体の外に排出するのが生理の経血です。

この時 『プロスタグランジンE2』 という物質が、子宮を収縮させ、炎症を起こしています。

『プロスタグランジンE2』が過剰に分泌されることで、生理痛が起きます。

生理痛がある人は、ガンになりやすい人です。

生理痛が重い人は、ガンの道です。

生理痛もガンと同じ

体の冷え・ストレスから起きていることがほとんどです。

体が冷えると、血行が悪くなり子宮の機能が下低下します。

血行が悪くなると、生理という排出する作業がスムーズに出来なくなります。

すると体は、『プロスタグランジンE2』を大量に分泌し、生理痛が起こります。

生理痛のなかに、腰痛、頭痛、吐き気などがありますが、これも体が冷えて起きる現象です。

また、ストレスも同じです。

ストレスは体が緊張状態になり、自律神経のバランスを崩し、冷えを引き起こし血流を悪くします。

自律神経のバランスが乱れると女性ホルモンも乱れやすくなり、子宮機能は低下します。

すると、毎月の経血がスムーズに出来なくなり、『プロスタグランジンE2』を過剰に分泌してしまい、生理痛がおきてしまいます。

ストレスは、自分でも気付いていないことも・・・

生理痛がひどい人は、自分でも気付かないストレスがあるのかもしれませんね。

生理痛を軽減することは、ガンのリスクを減らすということです。

また、生理痛を悪化させやすい食べ物を摂らないことです。

生理の前には特に気を付けたいものは、カフェイン

カフェインは、神経を刺激し、血管を収縮させてしまいます。

また、体を冷やす性質があるので、血流を悪くさせてしまいます。

生理痛がない人でも、カフェインの摂取量には気を付けたいですね。

ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

天然の抗がん剤を活用する

手術、抗がん剤、放射線だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

こんばんは

天然の抗がん剤、ご存知ですか?

【食がガンをつくり、食でガンをなおす】

食は生きる源であり、ガンの原因にもなります。

アメリカのマクガバンレポートでも報告があるように動物性の食べ物がガンを増やしています。

動物性食品は腸をよごし・・・・はこちらから

そして、食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

少食ががん細胞を減らすはこちらから

酵素は、食べたものを消化するとき、また、排毒やガン細胞など、細胞の修復に使われています。

消化の方で酵素を使いすぎると、残った酵素だけでは正常な排毒や修復が出来なくなります。

癌は、病ダレに口3つ(品)に山と書きます。

品のあり過ぎ、食べ過ぎがガンとなったということでしょうか。

昔の人は、ちゃんとわかっていたということでしょうね。

ガンになり、初めて食について考え、見直しをしたいと相談をされます。

絶対に食べてはいけないもの、食べない方がよいもの、毎日必要なもの、食べた方がよいもの

このラインをもってお伝えしていますが、なかでも絶対に食べてはいけないものは強く言います。

直接命にかかわることだからです。

それによって、食の改善をされるのですが、ここでもうひとつ大切なことを忘れがちです。

それは、しっかり噛むことです。

しっかり噛むことは、食べものを細かく砕くという意味だけではありません。

私たちは、毎日たくさんの活性酸素を生んでいます。

ストレス、添加物、電磁波、薬剤などで過剰に発生した活性酸素によって、正常な細胞を傷つけ、ガンを引き起こしているのです。

私たちの唾液に含まれる酵素は、活性酸素を除去する働きがあります。

つまり、抗酸化作用があるということです。

唾液は天然の抗ガン剤とも言われ、蜂の唾液を混ぜ合わせたプロポリスがガンに好まれるのは、こういったこともあります。

しっかりと唾液を出すと、消化もスムーズに進み、食べたものが胃腸で腐敗することを防ぎます。

そして、噛むことは、脳への刺激もあり、ひとくちひとくち、感謝して頂くことで心も体も癒され、自律神経をのバランスを整えていくことが出来ます。

天然の抗ガン剤をしっかりと活用してくださいね。

ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

手術、抗がん剤・放射線だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

「がんは治った」その願望が大切

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

書店にはたくさんの健康本やガンの本が並んでいます。

「西洋医学の治療について書いてある本」

「様々な代替医療につて書いてある本」

学説、メカニズム、治療方法については大きくこの2つに分けられています。

読めば読むほど、何が正しいのか、どれをとればいいのか分からなる方も少なくないでしょう・・・

自分はこれが正しいと思っていても、真逆の療法を読むと、「私の選択は間違っている?」
とブレてしまうこともあるでしょう。

邪気が入ってしまい、せっかく取り組んできたことを志半ばで断念してしまうことも・・・

ゴールにどれだけ近づいていたかは、誰にもわかりません。

分かるのは、自分自身の直感だけです。

しかし、邪気という名の心のブレは直感を鈍らせてしまい、ゴールに近づいているという自分の直感すら分からなくしてしまいます。

特に三大療法をせず、自然退縮を目指してされてる方は、再発転移をしてしまうと、心がブレてしまいがちです。

自助努力をしてきたにも関わらず、間違っていたのではないかと考えだします。

当然、悩み、考えすぎると邪気がどんどん入ってきます。

そして、志半ばで自助努力をやめてしまい、化学療法にゆだねる方もいらっしゃいます。

しかし・・・

自然退縮前に、ガンは転移する。

自然退縮前に、腫瘍が大きくなる。

自然退縮前に、腫瘍マーカーが上がる。

この症状は、免疫学では、ガンの自然退縮前の反応と言われています。

良くなっていく体の反応として瞑眩反応(好転反応)が起きます。

一時的に顆粒球が増え、弱い部分が悪化したり、熱が出たり、倦怠感が現れたりします。

そして、次にリンパ球が増えてくるのが人間の体の自然な仕組みなのです。

ガンになったということは、血液が汚れていて、体の中は毒が溜まっている状態です。

瞑眩反応(好転反応)は毒を出そうとする反応でもあります。

血液が全て生まれ変わるには、およそ3カ月かかります。

どうしても、焦りがちなガン治しですが、ここはじっくりやった者が勝ちです。

直感で決めたら、その後はしっかりと信念を持ち続け、自分のペースで、ただただ黙々とやることです。

私は、必ず相談に来られた方にお伝えします。

疑いの気持ちが有りながらやっても、絶対に結果は出ないです。

信じる者は救われる・・・

まさにこの言葉通りです。

疑問を持つことをやっても、それは結果としてお金と時間の無駄になります。

これで本当に治る?と疑う気持ちや、本当にこれでいいのかな? という不安な気持ちが潜在意識の中に入っていきます。

繰り返しの思考が根付き、信念となり、それに伴った考え、行動を無意識にとるようになり、やがて現実化します。

良くも悪くもです。

本当に治るの?と疑えば、疑いが信念になり、現実化します。

同じ取り組むなら、自分が直感で感じ、信じたことをすることです。

そして、治った、治るという願望のイメージを持ち続けることはとても大切です。

ガンが治った、ガンは治るという思考と、黙々とする行動が、潜在意識にしっかりと根付き、疑いようのない信念となり、願望を叶えるための考えや行動を無意識に起こし、やがて願望が現実になります。

これは、スプーン曲げの信念と同じです。

ガンが治るという願望を現実にするためには、まず自分が変わることです。

ガンに治ってもらえる自分になることです。

ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

 

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ