「がんは治った」その願望が大切

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

書店にはたくさんの健康本やガンの本が並んでいます。

「西洋医学の治療について書いてある本」

「様々な代替医療につて書いてある本」

学説、メカニズム、治療方法については大きくこの2つに分けられています。

読めば読むほど、何が正しいのか、どれをとればいいのか分からなる方も少なくないでしょう・・・

自分はこれが正しいと思っていても、真逆の療法を読むと、「私の選択は間違っている?」
とブレてしまうこともあるでしょう。

邪気が入ってしまい、せっかく取り組んできたことを志半ばで断念してしまうことも・・・

ゴールにどれだけ近づいていたかは、誰にもわかりません。

分かるのは、自分自身の直感だけです。

しかし、邪気という名の心のブレは直感を鈍らせてしまい、ゴールに近づいているという自分の直感すら分からなくしてしまいます。

特に三大療法をせず、自然退縮を目指してされてる方は、再発転移をしてしまうと、心がブレてしまいがちです。

自助努力をしてきたにも関わらず、間違っていたのではないかと考えだします。

当然、悩み、考えすぎると邪気がどんどん入ってきます。

そして、志半ばで自助努力をやめてしまい、化学療法にゆだねる方もいらっしゃいます。

しかし・・・

自然退縮前に、ガンは転移する。

自然退縮前に、腫瘍が大きくなる。

自然退縮前に、腫瘍マーカーが上がる。

この症状は、免疫学では、ガンの自然退縮前の反応と言われています。

良くなっていく体の反応として瞑眩反応(好転反応)が起きます。

一時的に顆粒球が増え、弱い部分が悪化したり、熱が出たり、倦怠感が現れたりします。

そして、次にリンパ球が増えてくるのが人間の体の自然な仕組みなのです。

ガンになったということは、血液が汚れていて、体の中は毒が溜まっている状態です。

瞑眩反応(好転反応)は毒を出そうとする反応でもあります。

血液が全て生まれ変わるには、およそ3カ月かかります。

どうしても、焦りがちなガン治しですが、ここはじっくりやった者が勝ちです。

直感で決めたら、その後はしっかりと信念を持ち続け、自分のペースで、ただただ黙々とやることです。

私は、必ず相談に来られた方にお伝えします。

疑いの気持ちが有りながらやっても、絶対に結果は出ないです。

信じる者は救われる・・・

まさにこの言葉通りです。

疑問を持つことをやっても、それは結果としてお金と時間の無駄になります。

これで本当に治る?と疑う気持ちや、本当にこれでいいのかな? という不安な気持ちが潜在意識の中に入っていきます。

繰り返しの思考が根付き、信念となり、それに伴った考え、行動を無意識にとるようになり、やがて現実化します。

良くも悪くもです。

本当に治るの?と疑えば、疑いが信念になり、現実化します。

同じ取り組むなら、自分が直感で感じ、信じたことをすることです。

そして、治った、治るという願望のイメージを持ち続けることはとても大切です。

ガンが治った、ガンは治るという思考と、黙々とする行動が、潜在意識にしっかりと根付き、疑いようのない信念となり、願望を叶えるための考えや行動を無意識に起こし、やがて願望が現実になります。

これは、スプーン曲げの信念と同じです。

ガンが治るという願望を現実にするためには、まず自分が変わることです。

ガンに治ってもらえる自分になることです。

ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

 

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す