9割の病気は自分で治すもの

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

 

「イスラエル全土で病院がストをしたら、死亡率が半減し、再開したら元に戻った」

1973年、イスラエル全土で病院ストが決行されました。

診察する患者の数は、1日65,000人から、救急のみの7000人と約10分の1に激減。

「ストは1か月間続いたが、エルサレム埋葬協会によると、イスラエルでストの期間中、死亡率が半減した」

「医者が医療行為の9割をやめて、救急医療だけに取り組めば、人々の健康状態はまちがいなく改善されるはずである」

その理由は・・・

「現代医療の治療は効果がないことが多い。逆に、当の病気より治療の方がはるかに危険ということがよくある」 (メンデルソン博士)

新医学宣言より一部抜粋しましたが、イスラエル全土の病院ストは、有名な話です。

耳を疑いたくなるような話です。

しかし、納得いく言葉でもあります。

ここでいう9割が慢性病を示しています。

そして、なおす医療ではなく、症状を抑える医療となっている現代医療をメンデルソン博士は効果がないと言われたのでしょう。

薬で無理やり抑え込むことで本来持ち備えている治癒力を低下させてしまったり、薬の副作用で新たな病気をつくってしまったり、再発を繰り返したりし・・・

一方、救急医療で救われる命もたくさんあります。

必要なこと、必要でないこと、自分でしなくてはいけないことを、私たち個々が、しっかりと判断していくことが大切です。

そうすることで、真の健康となり、長寿と幸せを満喫できるのです。

 

ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す