缶コーヒーのこんなところに有毒薬剤

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

缶コーヒーが体に良くないことは、よく知られてますよね

お砂糖がすごいから

もちろんお砂糖の問題もありますが、実はそれ以外にもとっても怖いものが含まれているのです。

船瀬俊介氏ご著書を一部抜粋しますね

あなたは、スチール製の缶にコーヒーを入れてさびないのが不思議じゃないですか?
じつは内側はプラスチックでコーティングされているのです。
その添加物にビスフェノールAと言う有害薬剤が使われています。
これは、れっきとした環境ホルモンでガン増殖作用、精神毒性、胎児毒性、不妊毒性などがあります。
その恐怖の毒物が缶飲料から330ppb、多摩川の194倍も検出されています。
自販機の熱い缶コーヒーはさらに高濃度溶出しているはず。

まさか、内側にこんな恐ろしい薬剤がコーティングされているなんて、怖いですね~

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

 

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ 

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です