がんの療法は確率より、どう生きたいか?で決まる

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

「これで治ると言ってもらえるなら決断したい」

「治る確率が高い方を選びたい」

誰だってそうでしょう・・・

しかし、確率で考える人は残念ながら癌なおしに失敗します。

なぜなら、自分に責任を持てていないからです。

人は、体、心、性格、体力、環境、生き方、細胞、すべて違います。

そんな人間の体に対して、他人が絶対治せると言い切れるものはありません。

科学的根拠があると言われている治療であっても、絶対という言葉はありません。

いくら高い確率であっても、その確率に入れる保証はどこにもないのです。

生存の可能性が80%と言われれば、80%の確率にかけたい思いは誰だってあります。

しかし、亡くなっていく20%に自分が入る可能性も充分あるのです。

100%でない限り、どんな可能性も秘めているのです。

生身の人間ですから100%というものは存在しないのです。

健康な人であっても明日はどうなるかわかりません。

1秒先は誰にもわからないことなのです。

大切なことはどう生きたいかです。

何を大切にしたいのか・・・

生きている時間をどう過ごしたいのかです。

どの治療が正しいのかで考えるより、この時間をどう過ごしたいのか、そう考えると答えは見えてきます。

どう生きたいのかによって、選ぶ道は違ってきます。

家族と離れ病院で過ごす人

自宅で今まで通り過ごす人

つらい治療を選ぶ人

癒す療法を選ぶ人

これが生き方であり、がん治療の選択です。

がんは自分がつくった病気

だから癌なおしも自分で責任をもつことです。

治ると言い切れるのは、体の声を聴ける自分だけなのです。

人にゆだねたり、答えを求めること自体が、ガンの道であること。

本気で治したければ自分自身と向きうことです。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんになった真の意味・気付き

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

どんな人であっても感情は常に変化しています。

生きている以上これが自然の現象ですね。

体のなかに癌という存在が出来たことによって感情はさらに大きく揺れ動くことにもなります。

大丈夫! 前を向いていこう! と思えたのに

翌日は涙が止まらなくなったり、何もかも嫌になったり、自分のことがわからなくなったり・・・

愚痴、泣き言を人にぶつけてしまう

そして、そんな自分に苛立ち、落ち込む

こんな時もあるでしょう。

癌を治したいから苛立ち落ち込むのです。

生きたいから苦しくなるのです。

ですが、しんどいときだからこそ気付くこともたくさんあるはずです。

苦しいとき、苛立つとき、落ち込むとき

感謝というものを忘れてませんか?

生きていると苦しいことはたくさん起きます。

でも生きているのです。

生きたいから苦しんでいるのです。

だから今、生きているということはとても有り難いことなのです。

感謝を忘れると負のスパイラルに陥ります。

有り難いことに気付くと、また前を向いて進むことが出来ます。

私たちが頂いた人生は、決して修行の場ではありません。

人生は感謝の場

これに気付かせて頂けたこと

これもまた感謝ですね。

人間は、考えすぎるために悩みを持ってしまう生き物です。

今まで抱えきれないほどの何かがあって、癌という塊をつくってしまったのです。

苦しいとき、悲しいときこそ感謝 『ありがとう』 です。

癌は苦しむために出来たものではありません。

何かに気付かせるために出来たのです。

人間は与えられた命で生きます。

すべてに感謝の心を持つと、癌になった真の意味が本能的に感じ取れるようになります。

そして与えられた命の時間は、不平不満、愚痴で過ごすより、尊い命に感謝して、少しでも多く ありがとうと言って過ごす時間を増やしたいですね。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

里芋は最高の毒出し食品

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

里芋には、ガンなどの毒性を引き出してくれる作用があります

肝臓、腎臓を補益するといわれている里芋

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、老化防止にも役立ちます。

これらの性質を利用したのが、サトイモ湿布です。

生姜湿布と同様、サトイモ湿布は、ガンの毒だしにはとても良いとされています。

このムチンは、唾液腺ホルモンの分泌を促進し、胃腸の粘膜を修復して胃腸を整え、便秘を解消してくれます。

また、里芋に含まれるガラクタンという炭水化物は、免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑制する働きもあるとされています。

カロリーも低く、カリウム成分が多い里芋

毒だしには、とても良い食材ですね

味噌汁に里芋を入れると、最高の毒だしです

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ 

蜂粋プラチナプロポリス、忙しい時、入院の時に便利です^ ^

がん三大療法(手術、抗がん剤放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

蜂粋プラチナカプセルが無事届きますように

【子宮体がん・M様】

とっても明るくお話くださるM様

今 悩むところだと思いますが、その時間にもしっかりとご自身で毒だしに励んでくださいませ(▰˘◡˘▰)

必ず門は開けると信じ祈っています

ありがとうございます

【子宮頸がん・F様】

いつもありがとうございます

検査結果が良くなっていて本当に良かったです

これからはご自身の力をしっかり活かして、前に進むのみですね

いつも家族思いなF様

聞いていてほのぼのします

そのほかの皆様からも嬉しいメッセージを頂いています
本当にありがとうございます

お出掛けや忙しい時に便利なカプセルタイプのプロポリス
『蜂粋プラチナカプセル』
匂いもなく手軽に飲めるので入院中の方にも人気です。

蜂粋プラチナカプセル の特徴

こんな高品質なプロポリス原液を
飲みやすカプセルに詰め込んでいます

●ブラジル産ユーカリ系プロポリス原塊を使用

●アルコールとアルカリイオン水の2段階抽出

●木樽での長期熟成

●高濃度成分

●粒子の細分化

蜂粋プラチナカプセル・プロポリスはこちら

がん自然治癒研究所推奨商品

こんな方に選ばれています

●抗がん剤治療前の人(これからの不安)

●現在抗がん剤治療中の人(副作用の悩み)

●抗がん剤治療終了から5年以内の人(再発転移の恐れ)

 

 

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

植物性の食品で腸内環境を整える

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・   がんと自然治癒研究所

日本人には、日本人に合った食事が必要です。

お肉などの動物性食品を消化することは向いていない日本人の胃腸

なぜなら、日本人は、農耕民族で穀物菜食をしていたため腸が長いからと言われています。

消化に時間のかかる肉は、腸のなかで腐敗し、毒素を発生させてしまいます。

その結果、血液が汚さてしまい、血流が悪くなります。

毒素が溜まると、悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

これは、免疫機能の7割が集中する腸にとって、大きなダメージとなります。

そして、内臓の働きが低下し、細胞も正常に働かなくなり、ガン細胞が増えていきます。

また、ガンだけでなく、心臓、脳の病気も招きやすくなります。

肉だけでなく、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も同じですね。

では・・・

たんぱく質、鉄や亜鉛はどうしたらいい?

豆類、高野豆腐、のり、ひじき、玄米、ごま・・・

植物性のたんぱく質は、抗酸化力も強く、活性酸素を除去してくれます。

カルシウムはどうやって?

切り干し大根、みず菜、小松菜、ちんげん菜、おくら、パセリ・・・

これらの野菜も抗酸化力に優れ、食物繊維も摂れます。

乳酸菌はどうすればいいの?

納豆、塩麹、味噌・・・

通常、乳酸菌は胃酸に弱いとされていますが、納豆菌は胃酸に強いという特徴があります。

そのため、納豆菌には乳酸菌を増加・安定させる効果があるそうです。

塩麹は、乳酸菌を増やすだけでなく、麹に含まれる分解酵素は、食べ物をやわらかくして、胃腸の働きを助けます。

味噌も同じです。

植物性の乳酸菌は、厳しい環境で育っているため、胃酸などで死滅することもなく、ほとんどが生きたまま腸に届いてくれます。

このように、腸は、植物性のもの、野菜、発酵食品を好みます。

しかし、腸に良い発酵食品をどんなに摂っても、腸のなかが冷えていたらどうでしょう。

腸内細菌は、活動することなく元気をなくしてしまいます。

腸内細菌を活発にさせるには、深部温度37.0℃~37.2℃が必要です。

この温度は、腸内細菌だけでなく、酵素、代謝など、生命活動が最も活発に働く体温です。

これらが働くのも腸

ガンになりたくなければ、腸を整える

ガンになったら、腸を整える

ガンと、腸内環境は切っても切れない関係ですね。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

体に良い野菜を頂いて人生を楽しみましょう

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

インフルエンザワクチンの効果

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・   がんと自然治癒研究所

 

インフルエンザワクチンを受けていたのになったのよ・・・

先ほどこんな声を聞きました。

それはそうですよ。

インフルエンザワクチンは効かないことは百も承知です。

受けるだけ無駄なインフルエンザワクチン。

そもそもインフルエンザウイルスは鼻や喉から感染します。

鼻水や唾液に含まれる免疫IgAが感染を防いでくれていますが、現行のワクチンの内容では全く予防になっていないことは多くの専門家も指摘しています。

実際の現場でのインフルエンザの罹患率を調べても何の効果もなかったことは証明されています。

しかも効かないだけならまだしも、ワクチンはどれだけ体に悪く、どれだけ多くの発ガン物質を含んでるか・・・

ワクチンは多種多様の猛毒でつくられています。

多くのワクチンに使われている『チメロサール』は水銀の一種で非常に危険であり、特に子ども達に与える影響は怖ろしい限りです。

インフルエンザになることより、ワクチンを打つことの方が怖いですね。

インフルエンザにかかるということは、高熱を出し免疫を上げてくれると言うことです。

インフルエンザには、かかった方がいいと安保先生もおっしゃってます。

安保先生のおっしゃるように熱を薬で抑えてしまうとせっかくの免疫上昇効果とガン細胞死滅効果が無くなってしまいますね。

そして、インフルエンザになった後も、タミフルを飲むことの方が怖ろしい、そのことを周知するべきです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ&nbsp

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

糖質は、がん細胞を増殖させる

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

①人間ドック
②脳ドック
③癌検診
④メタボ検診
⑤定期健康診断

これらを五大検診と呼びます。
五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。
しかし、実情は巨大医療産業の利益を守るために存在します。
五大検診ビジネスは健常人を病人に仕立てて、
さらに検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠・仕掛けなのです。

人間ドックは日本人特有の奇習です。
人間ドック検診で最も恐ろしいのが、
レントゲン検査によるX線被曝です。
放射線の一種X線には、強烈な発癌性があります。
さらに催奇形性もあります。
いずれも、放射線エネルギーが遺伝子DNAを破壊してしまうからです。
一度でもレントゲン検査を受けると、発癌リスクは高まります。
癌を防ぐための検診が、逆に癌を増やしているのです。

定期健診には、病気を防いだり、
寿命を延ばす効果はありません。
欧米では、行政も企業も定期健診などしていません。
定期健診は日本特有の奇習です。
日本では労働安全衛生法で雇用主に強制されており、
拒否すると処罰されます。
特に怖いのが、胸部X線撮影を国家が強制している事です。

日本人の死亡原因のトップは癌です。
厚労省の発表では、年間約35万人が癌で亡くなっているそうです。
しかし、この数字には悪質な誤魔化しがあります。
癌で死亡したとされる患者の約8割は、
癌で亡くなっているのではありません。

大半の患者は、癌以外の死因で亡くなっています。
その多くは感染症です。
肺炎、院内感染、インフルエンザ、カンジダ菌感染症・・・など。
なぜ、大半の癌患者が感染症で命を落とすのでしょうか?
それは、彼らの免疫力が限りなくゼロになっているからです。
では、なぜ癌患者の免疫力が失われたのでしょうか?
それは、癌患者に大量投与された抗癌剤、
大量照射された放射線、
不要な手術による疲弊などによる副作用が原因です。

ロック歌手の忌野清志郎さんは、
最後は無菌室で息を引き取ったと報じられました。
なぜ、無菌室なのでしょうか?
それは、忌野清志郎さんが抗癌剤や放射線などにより、
免疫細胞のリンパ球などがゼロの状態になったため、
最後は感染症に全身を侵されて亡くなったのです。

検査で発見される癌は良性の癌もどきです。
それを抗癌剤、放射線、手術で悪性化、狂暴化させているのが、
癌治療の正体なのです。

手術は患部を取り除くだけです。
抗生物質・抗癌剤は患部を抑えているだけです。
放射線治療は患部を焼いているだけです。

抗がん剤医薬品添付文書はこちらから

1990年代から、海外では癌の代替療法が主流になっています。
しかし、日本だけは相も変わらず、
手術、抗癌剤、放射線療法の三大療法一辺倒です。
日本の癌治療は、欧米に20年は遅れています。
癌医療利権を握る者たちは、
自然療法などには見向きもしません。
そんな治療方法では儲からないからです。
癌治療利権が手にする利益は、年間推定で20兆円です。
莫大な利益が、医者、病院、抗癌剤メーカーの
懐に怒濤のように流れ込んでいるのです。

医者も、抗癌剤が猛毒物質である事を知っています。
だから、自分や身内には絶対に抗癌剤は打たせません。
患者が食事療法などを希望しても無視して
抗癌剤を打ちまくってきた東大医学部の教授四人が、
自ら癌になったら四人とも抗癌剤拒否で食事療法で治した、
という意味不明なエピソードもあります。

医者は、早期発見、早期治療のスローガンのもと、
癌検診で本当は癌でない人たちに癌を宣告します。
癌検診で見つかる癌は、すべて良性の癌もどきです。
癌宣告により、恐怖に打ちひしがれた人々に、
医者は抗癌剤を投与して本物の癌患者に仕立てます。
こうして癌患者の数を増やせば、
彼らの抗癌剤による売上利益も拡大します。
癌検診は、医療利権の市場開拓なのです。

抗癌剤で完治した人はいません。
抗癌剤による化学療法は有害無益です。
抗癌剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小が見られます。
しかし、癌細胞は自らの遺伝子を変化させ、
たちまち抗癌剤の毒性に耐性を獲得してしまいます。
だから、抗癌剤は癌細胞に対して全く効力を失います。
癌患者は、ただ抗癌剤の毒性を被るのみです。

人間の体内では、赤ちゃんから老人まで毎日約5000個の癌細胞が生まれています。
それでも健康でいられるのは、
白血球の一種であるNK細胞が常に体内をパトロールして癌細胞を退治しているからです。

老衰で大往生したお年寄りを解剖したら約8割に癌があったという報告もあります。
癌が胃、甲状腺、前立腺、乳房など、体にどこかに潜んでいる人は非常に多いです。
見方を変えれば、人々はすでに癌と共存共生しているのです。

過食や喫煙などの不摂生をすると、気管や消化管の粘膜が傷つきます。
そうすると、傷の周辺の細胞が分裂して穴を塞ごうとしますが、
不摂生を続けると細胞分裂の度に染色体端部テロメアが日増しに短縮し、
やがて限界に達すると、それ以上細胞分裂ができなくなります。
この時、テロメアを複製する酵素テロメラーゼを持った修復細胞が生まれます。
この修復細胞こそが癌なのです。

西洋医学では、癌は私たちの命を奪う悪魔の細胞のように扱われていますが、
実は私たちの不摂生の後始末をするために現れた修復細胞だったのです。

手術、抗癌剤、放射線治療の三大療法をはじめ、
分子標的剤や遺伝子治療などが癌の根治に有効性を示せないのは、
そもそも癌の原因を見誤っているからです。
癌は遺伝子変異の病気ではありません。
癌の本当の原因はミトコンドリアがダメージを受ける事で起こる呼吸障害です。

癌細胞は正常細胞の5倍から20倍のブドウ糖を栄養としています。
三ヶ月以上糖質を断てば、体内から癌細胞供給分のブドウ糖がなくなり、
癌細胞は分裂増殖できなくなり、短期間に自滅すると考えられます。

癌は、免疫力が低下した時に表面化してくる症状なので、
発癌してもリンパ球を充分増やし、
癌に猛攻撃を仕掛けられる体調を作れば、
癌細胞は増殖できません。
そこで、癌細胞はリンパ球に負けそうになると散り散りになり、
他の臓器で生き延びようとします。
つまり、リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体なのです。
転移した癌は既に疲弊しているので、
リンパ球の追撃を受けるとあっけなく自然消滅します。
転移は癌が治る前兆なのです。

多くの癌患者は、低体温で血液中に含まれている酸素が少ないという共通点があります。
しかも、血糖値も高めの人が多いのです。
癌患者に揃っているこの共通の条件、低体温、低酸素、高血糖がポイントです。
ストレスによって、低体温、低酸素、高血糖の状態が、
癌を生み出すのではないかと考えられます。

低体温、低酸素、高血糖の状態を解消し、
体内でミトコンドリアが活動しやすい環境を整えれば、
癌細胞は自然に退縮します。

癌治療の根幹は、NK細胞を活性化する事です。
ところが、日本の癌医療の現場では、
NK細胞を活性化する事を目的とした治療は全く行われていません。
それどころか、患者のNK細胞の活性の測定さえも、ほとんど行われていません。
厚労省がNK細胞の働きを計算に入れた治療法を認可していないからです。

癌を治すには、NK細胞を増やす事です。
NK細胞を増強する方法は三つあります。
・笑う事。
・食事を改める事。
・体を温める事。
です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

農薬でがんになる?

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

農薬は体に良くないことはわかっているけれど、いったいどんな悪さをするのでしょう!?

日本では、有機リン酸やグリホサート系の農薬がよく使われています。

グリホサートは、モンサント社のラウンドアップの成分名であり、世界でもっとも多く使われている除草剤です。

日本では、農家だけでなく家庭用としてもホームセンターで販売されていますね。

このグリホサート系は、強力な作用をもつ農薬で発ガン性が多くの調査で指摘されています。

世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン、IARC)は2米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した。

そんなこともあり、農薬の怖さは少しずつ意識するようになってきました。

農薬を浴びた野菜を、どんなに洗っても完全に除去することは出来ません。

有機リン酸も同じです。

有機リン酸は、サリンと同じ系統で、脳や神経を麻痺させる強い作用があります。

農薬が使われた野菜やお米を摂ることの怖さを痛感しますね

ガンや神経系の病気が増えていることも関係しているかもしれませんね

野菜は自然農法栽培がいいですね・・・

味はもちろん、栄養値も違いますから

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

 

 

減塩で体が冷える

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

意外と気付いていない体を冷やしている原因

『塩分不足』 です。

塩は、脳卒中や高血圧になる原因とされ、塩分を控えることを徹底されるようになりました。

その結果、ガンが増えているのです。

身に覚えがある方もいらっしゃるでしょう。

これは、なぜだと思いますか?

塩には、体を温める作用があります。

だから、塩分が不足すると、新陳代謝が悪くなり、体温が低下し、血液が汚れてしまいます。

ガンは、体の冷えと、血液の汚れから起きる病気です。

代謝が悪くなることで、かえって血圧を上げてしまうことにもなりかねません。

体温が1度下がると免疫は30%も落ちると言われています。

これらが、ガンを増やしている原因です。

塩分は、生命を活性化させ、自然治癒力をも高めます。

そして、私たち人間は動物である以上、塩を無くしては生きていけません。

筋肉も塩分が無ければ動きません。

当然、気力もなくなり、頭も働かなくなります。

体の塩分は、意外にも様々な面に働きかけているのです。

ただし、お塩はきちんと選ぶこと

ミネラルが68種類以上入った自然塩を摂ることをおススメします。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がん治しのための体温を上げる生き方

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・   がんと自然治癒研究所

ガンになったら、まず体温を上げることです。

同じように健康食品やサプリメントを摂取しても、体温が高い人と体温が低い人とでは効果がかわってきます。

有用成分を体の隅々まで行き渡らせるには、体を温め血液の流れを良くすることです。

体温をあげるには・・・

湯たんぽや入浴で体を温める(特に下半身)

入浴は体温+4℃の湯舟につかる(天然塩をいれるとさらに温もります)

入浴30分後でも舌下体温38℃を保てるのが理想です。

ちなみに私は、入浴直後は舌下体温39℃近くあります。

入浴時は副交感神経が優位になる時です。

考え事や悩み事を一旦頭から外し、リラクッス出来るよう、好きなことだけを考え、入浴の時間を楽しみましょう。

副交感神経が働きやすくするために、浴室にアロマキャンドルなども良いでしょう。

経皮毒になるようなシャンプーより、お湯シャンや石けんシャンプーがおススメです。

下半身を鍛える運動をする

早足で毎日30分から1時間歩くことです。

外の空気を吸うことも大切です。

屋内は氣が淀みやすく、また狭い空間を歩くと酸欠状態になりやすく、同じ時間歩いても疲れやすくなります。

可能なら新鮮な空気と排泄の時間である早朝が良いでしょう。

激しい運動ではなく、心地よく感じる運動です。

座っている時は、血流が悪くなるのを避けるため、足を組まないよう気を付けましょう。

毒だしは下半身が鍵

体を温める食材を摂る

体を冷やすもの、冷たいものは飲まない、食べない(食品添加物なども含む)

緑茶より番茶

珈琲より紅茶

南国のものより北国のもの

夏のものより冬のもの

砂糖は体温を下げるので摂らない

少食を心がける

常に胃袋に食べ物がある状態をつくらない。

食べ物が胃に入ると全身の血液が胃腸に集中します。

そのため脳やその他の臓器の血液が薄くなり、血流が悪くなります。

酸素をしっかり取り込む

低体温の人は、体温だけでなく酸素も足りていません。

体内の毒素を吐き出し、鼻呼吸でしっかりと酸素を体に入れていきましょう。

むやみやたらと薬剤を使わない

薬剤は大量の活性酸素を放出するため、血液が酸化してドロドロになります。

その結果、体温を下げてしまいます。

消炎鎮痛剤は体温を下げ、痛みや炎症をとる薬です。

飲めば飲むだけ低体温を招きます。

鎮痛剤をすぐに使うのではなく、まずは生姜シップなどで痛みを緩和させることを心がけてみるのが良いでしょう。

思考と言霊で痛みが和らぐ

穏やかな心・おおらかな心で過ごす

腹を立てない、イライラしない、クヨクヨしない、必要以上に悩まないことです。

交感神経が優位になり体温が下がっていきます。

小さなことにも喜び、感謝が持てるよう心の持ち方、とらえ方を少し変えてみると良いでしょう。

ガン細胞は35℃台で活動します。

体温は上げることは充分可能です。

私もガンになった時、平熱は35.2℃という低体温でしたが、生活を変えたり、心の持ち方を変えたり、抗酸化物質を摂ったりして、数カ月で平熱36.8℃まで上げました。

低体温の時は、肩凝りも酷く、寝付きも悪く、疲れやすかった私ですが、体温が上がり血流が良くなったことで肩凝りなどの症状も改善されました。

血液データーもガン治しの目安ですが、それ以上に体温と体の冷え状態を知ることが先です。

ガン治療の体温管理

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ 

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)