がん克服にはバランスが必要

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

 

がん治しはバランスが必要です。

【がんを克服した人の生活の共通点】

●食を見直した人

●運動で下半身を鍛えた人

●早寝早起きで朝陽を拝んだ人

●体を温め内臓温度を上げた人

●健康食品を上手に活用した人

がんになった時点で、必要な栄養素が足りていないために免疫が低下している可能性があります。

しかし、現代の野菜は栄養価が非常に低く、足りない栄養素や有用成分を食事だけで補うことは非常に厳しいと考えます。

しかも現代の食事情では、無農薬・無肥料野菜、お米、無添加食品だけを手に入れることは難しのが現実

そうなると摂ってしまった農薬や添加物を、無毒化または排毒できる体にしていかなければなりません。

だから健康食品を活用しているのです。

体を温めるにしても、運動で筋肉を鍛えるにしても、必要な栄養素や有用成分があっての効果なのです。

燃やすものがないところに、いくら火をつけても燃えないのです。

そして栄養で細胞はつくられ、修復されます。

必要な栄養素がなければ、細胞の修復機能が働かないのです。

さらに体温と質の良い睡眠よって、がん細胞を抑制します。

すべてはバランスです。

しかし、すべてを完璧にこなすことは現実には難しいでしょう。

自分が決めたことを1つか2つに絞って、極めること

極めることと執着は違います。

1つのことを黙々と淡々とこなすことで、自然と他にも意識が高まり、気付いたらバランスがとれた生活になっていくのです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

皆様のご健康と幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。