がんは血液の汚れ・がんに感謝する

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

癌の原因は血液の汚れから起きた病気です。

『がン(腫)は、血液の汚れを浄化する装置である』

血液生理学の研究をされた森下敬一先生が唱えていらっしゃいますね。

全身の血液の汚れを一ヶ所に集め、塊となって教えてくれたのが癌

癌は毒素の塊であり、癌にならなければ敗血症で一瞬で命を落としていたかもしれません。

がんという塊が出来たことで救われたのです。

だから、癌(がん)は感謝すべき存在

いみきらう存在ではないのです。

癌は苦しめるためのものではなく、何かに気付かせるために起きた現象だと考えられます。

血液が汚れるような不自然な生き方を見直すよう癌が教えてくれているのです。

意味があって起きていると気付けば、治す方法は自ずと見えてくるでしょう。

血液を汚した原因はなんでしょう・・・

ストレス・不平不満・不安・食の乱れ・食べ過ぎ・高カロリー低栄養・運動不足・睡眠不足・体の冷え、薬・・・

これらのガンをつくった原因を取り除かない限り、癌は血液の汚れを浄化するために活性化され続けます。

そして血液が汚れれば汚れる分、癌は大きくなっていきます。

原因を摂り除き、血液を浄化する生き方をすることが一番のがん療法ですね。

癌を憎んだり、恐怖におびえたりしていると交感神経が過剰になり血液は汚れます。

癌に感謝して、おおらかな心で取り組むことをおススメします。

血液がキレイになれば、癌の役目がなくなり、自然と癌は去っていくのです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。