がん治療に気づく・直感に従う

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

 

やっと気付く癌治療

元気になるために

癌を治すために

していると思っていたのに弱っていくのはなぜ・・・?

治療が間違っていたことに気付いた、と興奮した声でお電話がありました。

このままでは自分も死んでしまうと思い、直感に従い治療をやめる決断をしたそうです。

想像以上に放射線の副作用が強く、すこぶる体調が悪いと・・・

そして喉の痛み、背中の痛み

聞くだけでもつらいですが、放射線をすれば痛みやつらい副作用は当然起きます。

放射線は大切な体(細胞)を焼くのですから、がんだけでなく皮膚や周りの細胞を痛めてしまいます。

しかも抗がん剤で弱った体にするとどうなるでしょう・・・

さらに体は弱り、がん細胞にとって絶好の免疫状態になり、再発転移を起こさせるのです。

抗がん剤、手術が無理なら、放射線・・・

体は悲鳴をあげています。

癌は誰にも治せません。

治せるのは自分だけです。

自分で治すしかない

自分で気付くしかないのです。

弱り切ってしまう前に気付いて欲しいと切に願っています。

がんは、心と体の毒素を排出し、生命エネルギーを高めることで自然治癒を起こします

体は治りたいと訴えていますよ・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。