大腸がんの原因・食の改善

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒力研究所 

がん治しに欠かせないことは食事の見直しです。

癌になって初めて食について考えたといわれる方も少なくないかもしれません。

今まで当たり前に食べていたものでも、知れば怖くなるようなものがたくさんあります。

特に近年では若年層の癌がどんどん増えており、これは非常に深刻な問題と感じます。

昔の癌は、過酷な環境のなかでの労働や寒さなどが癌の原因となっていましたが、現代は贅沢、便利になったことによって癌が増えているようにも思います。

食の欧米化によって肉、卵、チーズ、バターなどの乳製品を使った食事が増えました。

学校給食では、牛乳、パン、家庭ではジャンクフード・・・

動物性の食品を口にする機会、量は考える以上に多くなっています。

5000ページにおよぶ米国上院の公式報告書 『マクガバン報告』

当時のアメリカ上院、民主党のマクガバン上院議員を委員長とした人類史上、空前絶後の調査報告書と呼ばれています。

誤った食生活で、癌など生活習慣病が多発

「アメリカ人を悩ます、ガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた」

この報告は、ガン、心臓病、高血圧、精神病などの最大の原因は間違った食であると結論付けています。

そして、ガンの発生も死亡も20%減らすことが出来る 『食事療法』 をアメリカ政府が公的に認めたことを証明しています。

誤った食とは・・・

高カロリー、高タンパク、高脂肪

動物性タンパク質が非常に危険であることを裏づけています。

動物性の食事は、植物性の食事に比べ、ガンの発症率が8倍にも上がるという。

これは、栄養学の父とも呼ばれるフォイト氏の栄養学を覆す形となりました。

フォイト氏は、『最も理想的な栄養源は、高タンパク、高脂肪、低炭水化物』といい、動物性タンパク質が優良であると唱え

今もなお、日本では 『フォイト栄養学』 が使われ続けています。

フォイト栄養学は必要?

これがガンや生活習慣病を増やした原因です。

アメリカ政府も認めた誤った食事を未だに続けているのが日本

ガン患者にとって、食事がどれだけ影響を及ぼすか・・・

全くもって無視している日本の現状があるのです。

肉食は、すべての癌に影響すると言えますが、中でも大腸がんの発症率は非常に高くなっています。

そして若年齢の大腸がんは、間違いなく増えています。

ご相談を受けお話を伺うと、やはり肉中心の食事をされてきた方が多いようです。

女性は、肉よりパンやバター、チーズ、おやつにクリーム系が好きで毎日食べているという方も少なくありません。

特に日本人の腸は動物性食品の消化に向いていないようですね。

まずは食の改善です。

動物性の食品は避け、植物性の発酵食品を摂り入れた和食をおススメします。

『食で治せない病気は医者も治せない』

体の声を聴きながら、実践あるのみ

自分次第です。

最も大切なことは、自然の恵み、人々の働きに感謝して頂くことですね。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: 塚本 みづほ

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服から得た8つの法則・
がん自然治癒への道・塚本みづほ
癌(がん)を治す方法は自分の中にあります。誰もが持ち備える自然治癒力を最大限に生かしがんを自然退縮させる生き方とは・・・・・・
がん自然治癒を目指して・・・・お問い合わせください

*このページは、私個人の意見・体験であり指導・診断をするものではありません。療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。