牛肉の農薬汚染

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

野菜、果物の農薬を心配する方は多いですね。

しっかり洗い流したり、農薬除去の工夫をされていますね。

しかし、牛肉の農薬汚染を気にする人はあまりいないですね・・・

牛は、高濃度の農薬で汚染されたものを与えられ食べて育っています。

実は、アメリカではこれらの飼料用作物の残留農薬基準値が設けられていません。

基準値が設けられていないのは、人が直接口にしない物だからでしょう。

農薬を使えば使うほど、安く大量に飼料が作れます。

制限がないということは、いったいどれだけの農薬が使われているのでしょうか・・・

大量の農薬で汚染された飼料を食べた牛の肉を食べるということは、私達の体に農薬がしっかりと入ってくるということです。

日本の牛であっても、アメリカの飼料をエサに育っている牛は同じことが言えるでしょうね。

農薬は、野菜や果物だけの問題ではないです。

子ども達が口にする物は、しっかりと選びたいものです

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す