子宮を冷やさない・汚さない・がんを作らない

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・・               がんと自然治癒研究所

子宮は、子が宿る場所 「子のお宮」です。

神様が宿る神社に、参道(産道)があり、奥にお宮(子宮)があります。

女性が結婚をすると、かみさん(神さん)と呼ばれるのはこのようなことからですね。

そのくらい女性の子宮は、冷やさず、汚さず大切するに場所なのです。

しかし現代はエアコンや薄着、シャワー、夜更かし、薬の常用、添加物、生理用品によって子宮が冷えている女性が増えています。

そして食事の欧米化で肉食、乳製品の摂取量が増え、子宮は汚れています。

レバーのような真っ黒い出血

5日以上続く生理

おりものが多い

少し疲れるとカンジタ膣炎を発症する

これらも子宮の冷えや汚れ、免疫力の低下から起きています。

子宮の冷えや汚れは、血流を悪くしてしまいさまざまな病気を引き起こします。

血流が滞ると子宮の筋肉が硬くなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなり、生理周期の乱れなどが起き、またホルモン、自律神経のバランが崩れてしまうことで、代謝や免疫力が低下してしまいます。

そうなると子宮がん、卵巣がん、乳がんのリスクは高くなります。

最近は、20代、30代といった若い世代の子宮頸がんが増えています。

子宮がんと向き合うはこちらから

これは、ジャンクフードなどが増えたことによる食の乱れや、便利な生理用品の普及によるものも否定できないでしょう。

市販されている生理用品のほとんどは、子宮を冷やす薬品が使われています。

血液を固めるために使われるジェルは、熱さまシートと同じ役目をします。

一見、快適に使えているように感じるものでも、その裏には別のリスクが存在することもあるのです。

特に生理用品は、膣に直接あてるものです。

膣は体なかでも最も経皮毒を吸収しやすい場所ですから、生理用品の薬品には注意したいですね。

しかも直接 子宮に繋がった場所です。

そうでなくても子宮は外界からの冷えを引き込みやすい場所

生理用品、食事、ストレス、環境・・・

少し意識するだけでも、積み重ねで大きく変わってくるのです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけには頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせ
がんと自然治癒研究所
☎️084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

 

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: 塚本 みづほ

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服から得た8つの法則・
がん自然治癒への道・塚本みづほ
癌(がん)を治す方法は自分の中にあります。誰もが持ち備える自然治癒力を最大限に生かしがんを自然退縮させる生き方とは・・・・・・
がん自然治癒を目指して・・・・お問い合わせください

*このページは、私個人の意見・体験であり指導・診断をするものではありません。療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。