がんの原因である低体温、低酸素からの脱出

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

ガンは、生き方の偏りがつくった病

働き過ぎ  ⇔ リラックスし過ぎ

頑固過ぎ  ⇔ 人が好過ぎ

神経質過ぎ ⇔  無神経過ぎ

この偏り・過剰な生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

ガンになった現在も、このように偏った生き方をしていませんか?

がんを治す・心の持ち方はこちらから

ガンになり、自然療法を始めると、さまざまな取り組みで神経が過剰になる方がいらっしゃいます。

また、心配し過ぎを通り越し、異常な不安感、恐怖感に常に襲われている方もいらっしゃいます。

このような神経過剰状態は、血行を悪くし、体温が低下させてしまい、さらには呼吸までもが浅くなります。

こうやってつくられる低体温、低酸素の体は、正常な細胞が生きにくい環境となっていきます。

しかし、そんな過酷な状況化であっても、細胞は私たちの体で何とか生き延びようとします。

低体温、低酸素という、最悪な環境下であっても、それに適応するための細胞がつくられるのです。

それが、ガン細胞です。

宿主である私たちが、この低体温、低酸素という環境を変えない限り、ガン細胞はそのまま生き延び続けます。

ガン細胞を正常細胞に戻すには、偏った生き方を見直すこと

低体温になった原因が必ずあります。

低酸素になった原因が必ずあります。

まずは、原因を探ることが必要

強い恐怖に襲われたり、無理をした生き方をしていると交感神経が緊張状態になります。

私たちの体は、交感神経が緊張状態になると、アドレナリンを分泌し、血管が収縮してしまいます。

すると、ミトコンドリアの機能を低下されてしまいます。

ミトコンドリアをメインにはこちらから

ミトコンドリアは細胞分裂を抑制する、とても大切な働きをしています。

つまり、ミトコンドリアの少ない細胞は、分裂をし、ガンになりやすい

逆に、ミトコンドリアの多い細胞は、分裂できず、ガンにならないということです。

ガンなおしには、ミトコンドリアの働きが不可欠です。

このミトコンドリアをしっかりと働かすには、一定以上の体温と酸素が必ず必要

どちらか一方が欠けていてもミトコンドリアは働きません。

低体温、低酸素からの脱出

そして、ガン細胞の分裂を抑えるために、ミトコンドリアを増やすための工夫をしていきましょう。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

投稿者: 塚本 みづほ

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服から得た8つの法則・
がん自然治癒への道・塚本みづほ
癌(がん)を治す方法は自分の中にあります。誰もが持ち備える自然治癒力を最大限に生かしがんを自然退縮させる生き方とは・・・・・・
がん自然治癒を目指して・・・・お問い合わせください

*このページは、私個人の意見・体験であり指導・診断をするものではありません。療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です