細胞の生まれ変わり・自分で治す意識が働きかける

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・  がんと自然治癒研究所

『病気になれば百日 熱心に自分を精進すれば治る』

からだの細胞は、約百日で一巡りすることをよく知っている言葉ですね。

私たちのからだには、60兆個以上の細胞があります。

絶えず古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっています。

その数は、1日7000億個とも言われています。

すべての細胞が生まれ変わるには、最低3ヶ月、約100日が必要です。

さらに骨まで変えるには、3年かかると言われています。

大事な大事な100日間ですね。

100日間の生き方で元気な細胞をつくることが出来るかどうかが決まります。

元気な細胞を生むためには

血液をきれいにすること

血液を汚さない生き方をすることです。

薬、添加物、農薬などの化学物質は血液を汚します。

癌を治したいのに 癌が治らない生き方をしていませんか?

恐れ、不安、愚痴、泣き言は体にストレスを与え血液を汚します。

心のストレスは細胞のストレスです。

細胞が喜ぶ生き方を…

そして最も細胞が活性化することは「自分でなおす」という意識です。

自分で治す意識、行動は細胞に働きかけます。

まわりの細胞を元気にし、がん細胞はアポトーシス(細胞死)へ導かれるのです。

元気な細胞をつくるのは自分次第です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。