内臓温度を下げない・舌下で計る

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・  がんと自然治癒研究所

寒い冬は体を温めるものを食べたり、服を着こんだりして冷えた体を温めようとします。

体の冷えとは、実は体が感じる寒さだけではないのです。

気がつかぬところで体の冷えが起きているかもしれません。

体の冷えは、ガンの原因にもなりますので要注意です。

冷たいものを飲んだり食べたりすると、内臓の温度が下がることはわかります。

これは冷たいのもを摂ると、全身の血液が胃に集まってくるからです。

冷えた胃を守ろうとする体の防御機能ですね。

そして、4、5時間もの時間をかけて胃の温度を元に戻していきます。

全身の血液が胃に集められている間、腎臓、肝臓、脳、心臓などの臓器は、血液が不足した状態になります。

この状態が長く続けば続くだけ代謝に影響を及ぼすことになります。

代謝機能が落ちると、老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まり、癌などの病気を引き起こしてしまうのです。

冷たいものは摂った時に体が冷える、寒いと感じるだけでなく、その後の数時間という長い時間に及んで臓器が低体温となり体の機能を低下させてしまうのです。

自分でも気付かないところで怖ろしい影響を及ぼしています。

脇の下の体温は低くなくても、内臓が冷えているかもしれません。

表面の体温と、内臓の温度は違います。

内臓の温度を知るには、舌下での体温測定が一番近くなります。

舌下で37.2℃

この体温が内臓の冷えがない理想的な温度です。

そして免疫、代謝とも活発に働く体温です。

舌下で体温を測ることで、今まで気付かなかった内臓の冷えも意識できますね。

もし、胃腸を冷やしてしまったときには、梅干しや自然塩をひとつまみ入れた白湯や番茶がおススメです。

バランスのとれた栄養、体を温め、明るく前向きな心で過ごすことが、がんを治す生き方です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・・・がんを治す生き方ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。