電磁波はがんを促進する

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・  がんと自然治癒研究所

 

携帯電話、電子レンジ、HIクッキングヒーターなど電磁波は、知らないところで体に大きな影響を与えているようです。

国際がん研究機関が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発ガンの可能性あり」という評価結果を発表しているそうです。

ガン発症の低年齢化には、電磁波が与えている影響は否定できないように思います。

不妊症の原因にもなると言われる電磁波

電磁波は、たくさんの活性酸素を生み、体にストレスを与えています。

携帯電話も肌身離さず持っている現代人は、大量の活性酸素に生み出しています。

携帯を耳に当てて10年以上使うと脳腫瘍になるの率が3.9倍も増えるという・・・(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。

電磁波は、発ガン性以外にも、成長細胞ダメージ、催奇形性、神経ホルモン混乱、自殺や異常行動、生理リズム破壊、ストレス反応、免疫力低下、学習能力低下

そして、ガン促進も電磁波によって起きうると報告があります。

子宮ガン、大腸ガンの方の生活環境を聞くと、HIクッキングヒーターを使っている方が多い

確かに、IHクッキングヒーターの発ガン性は高いとよく耳にします。

お話を聞いてても、やはり関係性があるように思えてなりません。

クッキングヒーターは、ちょうどお腹の位置に当たります。

電磁波がガンを促進させると聞けば、子宮ガン、大腸ガンなど腹部のガンは特に避けたい思いですね。

使わなくても済むものは、出来るだけ使わず生活する

電子レンジにおいては、電磁波の危険性だけでなく、食品のほとんどの成分を破壊してしまいます。

電子レンジは少しの手間をかければ、使わなくても済むように出来ます。

ご飯も土鍋で炊くと、冷めても美味しく電子レンジなど特に必要性を感じません。

便利になり過ぎて、自ら病気をつくっているのがよくわかります。

誰しもが身に覚えがある時代

ガンの人は特に、ガンを促進させないためにも電磁波をもっと意識するべきです。

大切な子ども達にも影響を与えている電磁波

現代の生活では、避けては暮らせない電磁波も多くありますが、携帯電話を子どもに持たせない、枕元の置いて寝ない、電子レンジは使わないなど、電磁波から子どもを守ることも考えていく必要があります。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す