動物性たんぱく質が、がん細胞を増殖させる

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

動物性たんぱく質の摂り過ぎは癌をつくります。

そして病巣の成長は、たんぱく質の摂取量に深く関わっています。

がんの促進期に摂取される食物中のたんぱく質が病巣の成長に多く影響を与えることがわかっています。

動物性たんぱく質と言えば、肉、魚を思い浮かべますが、卵、牛乳、チーズ、バター、生クリームなどもそうです。

お肉はあまり食べないのに癌になったと疑問を持たれますが、牛乳を毎日飲んでいたり、パン食が多かったり、卵料理が多かったり、ヨーグルトを毎日摂っていたり、スイーツが好きだったり・・・

意外にも女性の方が動物性たんぱく質を多く摂っていたりします。

がんの人は、がん細胞を増殖させる動物性たんぱく質を避けるべきでしょうね。

動物性食品は腸を汚し有害物質をつくるはこちらから

私たち人間は総摂取カロリーの約10%をたんぱく質からとるべきとされていますが、実際にはこれは体の必要量よりはるかに多いようです。

たんぱく質の摂取は、動物性の食品は避け、緑葉食野菜や豆類といった植物性の食品で摂ることをおススメします。

海藻類も良質なたんぱく質のひとつです。

健康な人は、質の良い肉を摂り、それ以上の野菜を摂るといいでしょう。

ただし動物性たんぱく質の摂りすぎは要注意です。

動物性の食品は、腸内で腐敗しやすく、インドール、スカトールなどの有害なガスを発生させてしまいます。

ガスの臭いが気になる人は、動物性の食品が多くないか確認してみることをおススメします。

毎日の食事は、植物性の食材を多く使う和食中心がいいですね。

がんに良い食事はこちらから

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは ☎084-925-1271
がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電子レンジで調理すると、胃がん、大腸がんになりやすい?!

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

どんどん便利になる時代とともに癌が増えてくる理由

そのひとつに電子レンジの存在があります。

電子レンジが強い電磁波を発生させ、体に良くないことは少しずつ知られてきました。

日本では電子レンジをはじめ、家電製品は進化を遂げる一方です。

しかし、ロシアは1976年には電子レンジの使用を禁止しています。

電磁波の危険・がんの増殖スピードはこちらから

「電子レンジで調理された食品のタンパク質は、L型アミノ酸が自然界にはないD型アミノ酸に変化しており、代謝不可能となっている。それが原因となり、きわめて有害な活性酸素の発生が促進される。」

天才学者ライナス・ポーリング博士より

マイクロ波を浴びると食べ物の栄養価は著しく減ることが研究結果としてあげられています。

また、電子レンジで調理された物を食べていると、末梢細胞組織の変質や消化機能や排泄機能が悪く、血清内のガン細胞が増殖したという報告もあり、統計学的に胃がんや大腸がんになりやすいそうです。

電子レンジで温めると、食べ物の化学変化が起き、リンパ組織内の機能不全が起き、免疫力の低下が起こると言われています。

異常な活性酸素が発生すれば、当然、がん細胞は増殖しますね

電子レンジで簡単に調理できるレトルト食品がどんどん生活に入ってきています。

生命の根源はこちらから

近年では30代、40代の若い世代が癌になり、また子どもたちの癌が増えているのは、こういった電磁波による影響があることも否定は出来ないでしょう。

食事によって、細胞を破壊したり、免疫を落とすことはとても残念なことです。

心身ともにキレイでいるためには、細胞を修復して、免疫を上げていく食事をしたいですね。

がん細胞は電磁波によって増殖されると言われています。

特に癌の方は進行を避けるためにも意識を持った方がいいですね。

鍋で温めるなど、そのひと手間が健康をつくるのです。

ちなみに私は土鍋をつかっています。

土鍋で炊いたご飯は、体に優しく、食材の本来の味を楽しめ、また冷めても美味しく頂けます。

どんな良い食材であっても、電磁波によって栄養価が下がったり、また免疫が低下するようなことでは困りますね。

せっかくの栄養を壊さないよう、ひと手間かけることをおススメします。

がんを治す生き方は、バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きに生きることです。

栄養を効率よく届けるために・・・

私が愛飲する・木樽熟成プロポリスはこちらから

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271
がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください)

がん治しは呼吸治し

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

酸素をしっかりと摂り入れていますか?

ガンは、酸素が不足すると増殖します。

ストレスは、交感神経を優位にさせてしまい、自然と呼吸が浅くなります。

不安に陥ったり興奮状態になると過呼吸になりますね。

過呼吸は、自分でも呼吸の乱れを感じることが出来ます。

しかし、日々の呼吸が深いか、浅いかはなかなか気付きません。

知らず知らずのうちに、浅い呼吸を繰り返している可能もあります。

これもガン細胞が増殖させる原因です。

悩みごと、ストレスを抱えていると、顔色も悪く、血流の悪さがうかがえ、低酸素状態をつくっています。

人間は、恒温動物であり生きていくためには一定の酸素と体温が必要です。

がんと体温はこちらから

低酸素、低体温の体内では、細胞が生きにくい状態になります。

しかし、体は適応できるようになっていて、細胞が生きにくくなれば、酸素や体温がなくても生きれる細胞が登場してきます。

これがガン細胞です。

私たちの体は、細胞無しで生きていくことは不可能です。

だから、たとえ低酸素、低体温の状況に体が陥っても、その環境に適応していけるガン細胞をつくり出してでも、体は生きようとするのです。

ガン細胞は、ある意味、体が生き残るための手段なのです。

私たちは当たり前にしている呼吸ですが、その呼吸によって、体の中の60兆個の細胞も呼吸をしています。

細胞が活性化することで、健康が守れているのです。

酸素をしっかり取り込むには、副交感神経を上手に使って生きることです。

森林浴をして、樹木の香り感じたり、葉が揺れるせせらぎの音を聞いたり、また空気のよい時間に散歩をしたり、癒し効果のある場所に自ら身を置くことは非常に有用的になります。

出掛けてエネルギーをしっかりと受け取るのも、ガンなおしのひとつです。

自然の癒しを感じる場所で、瞑想しながら、しっかりと酸素を取り込む呼吸をしてみると良いでしょう。

目を閉じて、口からゆっくり息を吐き出します。

自分のなかの悪いものをすべて吐き出すつもりで、出来るだけゆっくりと長く吐きます。

このとき、悪いものがすべて体から抜け出ているようにイメージしてください。

これが、副交感神経を優位にしていきます。

吐き出したら、今度は鼻でゆっくりと息を吸い込みます。

胸にしっかりと空気が入っていくことを意識していきます。

このとき、大事なことは、自分の望みをしっかりと頭に描くことです。

例えば、ガンがなおった自分をイメージしてください。

私の心の支えになったプロポリスはこちらから

絶対に忘れてはいけないことは、感謝の気持ちです。

心のなかで、ありがとうを唱えましょう。

がんと心は繋がっているはこちらから

自分が直面した逆境は、不幸、悲劇ではなく、気付き、学びのチャンスです。

現在、人生がどんなものであったとしても、進歩する余地があることを忘れないで頂きたいとせつに願っています。

がんを治す生き方・・・ご質問・お問い合わせはこちら➡ ☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断くださいませ。)

乳製品の摂り過ぎは、がんを作る

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ホルモンに影響を受ける癌が近年増え続けています。

乳ガン、卵巣ガン、子宮ガン、男性では前立腺ガンなどです。

ホルモンが癌細胞の増殖に影響を与えると言われています。

ホルモンに影響を受ける癌の発症は低年齢化しています。

その原因のひとつは、食生活の欧米化で乳製品の摂取量が増えたことです。

乳製品の摂り過ぎは・がんのリスクを高めるはこちらから

乳を搾る牛には、ホルモン剤などをたくさん投与されています。

出来上がった乳製品にホルモン剤が含まれてしまうため、摂取すると体内にホルモン剤が溜まり発癌するリスクが上がります。

 ~ 船瀬俊介氏 ご著書より 一部抜粋 ~

牛乳たんぱく質(カゼイン)が食事中に占める割合(カロリー)10%を20%にしたときのガンの病巣はなんと11倍に急増します。

牛乳ガゼンイン5%のネズミは、発ガン物質アフラトキシン投与量を増やしても、ガン病巣は不変。

しかし、20%では発ガン物質を増やすと約20倍に急成長する。

つまり、ガンを促進しているのは、牛乳たんぱく質だったのです・・・・・・・

牛乳2倍摂取で発ガン率11倍ということです。

学校給食で毎日飲んできた世代

またチーズ、マーガリンを使うパン、ヨーグルトや生クリームなどの乳製品を食べる機会が増えた今の時代

その世代が若くして癌になっています。

乳製品だけが癌の原因ではありませんが、摂りすぎには気をつけたいものです。

もちろん、癌になったら乳製品は避ける方が良いですね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

この本を全国の図書館に届けたい ! 船瀬俊介氏より

わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい…「日本の真相!」

【がんが増え続ける日本】

自分の体は自分で守る
人の体には、1日に5000~6000個のガン細胞が生まれている。
ガン細胞を一つ残らず、殲滅(せんめつ)するのが免疫細胞。
この免疫細胞を活性化させることがガンにならないコツなのです。

それは、

―― 「少食」「菜食」「長息」「筋トレ」「笑い」

5つのセルフ・ヒーリングを生活習慣にすること!
そうすることで免疫力が高まります。
充実した健康生活を必ず貴方にお約束します。

☆☆☆この本を全国の図書館に届けたい!☆☆☆

船瀬俊介 著作『5つのセルフ・ヒーリング』実践編を
全国津々浦々の図書館に寄贈する運動が始まりました。

舌鋒鋭く医療の闇を暴く船瀬氏ですが、今回の著作本は、
健康の基本を万民に説く内容となっています。

本編発刊の前準備として、小冊子が配られています。
◆『5つのセルフ・ヒーリング』基本編(小冊子)
http://www.new-medicine.jp/read/

人を陥れる西洋医療がまだ崩壊せず、
怪しい代替医療も横行している現状において、
この本は、なんと爽やかな内容でしょうか。
全国の図書館に寄贈できるように、
皆さんのお力添えを頂きたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この本を全国の図書館に届けたい!】
――――――――――――――――――――――――
◆ クラウドファンディング開始 ◆
http://www.new-medicine.jp/cloud/
10月20日(金)新月~12月4日(月)満月まで・・
――――――――――――――――――――――――

全国4741館への寄贈費用は、5,689,200円もかかります。
楽しく参加できるように様々なリターンを用意しました。
是非お越しください。

<支援に対するリターン品(謝礼)一覧>

○3,000円支援(リターンA)
5つのセルフ・ヒーリング小冊子10冊
+「まごわやさしいこ」マグネットシール
※申込み1番、大人気!

○3,000円支援(リターンB)
驚き、まさかの船瀬俊介 豪華データ版セット
※5つのセルフ・ヒーリング(全28ページPDF)入り

○5,000円支援(リターンC)
1DAYファスティング完全理解セット
※ファスティング実施表・問診票付き

○5,000円支援(リターンD)
腸管造血 完全理解セット
※特別映像/船瀬俊介エコ宅訪問 30分入り)

○10,000円支援(リターンE)
船瀬俊介先生の『船瀬塾』講演会DVDセット
※全20種から選べます。

○50,000円支援(リターンRare)
船瀬俊介レア本・レア制作物セット
※船瀬俊介先生からお礼の電話付き

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この本を全国の図書館に届けたい!】
――――――――――――――――――――――――
◆ クラウドファンディング開始 ◆
http://www.new-medicine.jp/cloud/
10月20日(金)新月~12月4日(月)満月まで・・
――――――――――――――――――――――――

経験したから伝えたいこと・・・

体験したから伝えていくべきこと・・・

体感したから自信をもって伝えれられること

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

プロポリスはなぜ必要??
細胞が喜ぶことを・・・

ご質問・お問い合わせは
☎0849251271

http://www.qualitypro.jp

ご覧ください

私が毎日愛飲する・木樽熟成プロポリス

http://www.qualitypro.jp/health-food

詳しくはこちら

酸素を取り込み氣を上げる・がんを治す生き方

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

私たち人間の体は氣が滞り血液の流れが悪くなると 「氣滞瘀血」 という状態がおきます。

この状態が続くと癌をはじめとした病気が起きてしまいます。

生命の根源である『氣』

氣が体の活動・生命エネルギーになっています。

だから病気になってしまった時は、氣滞瘀血を解消しない限り快方へは向かいません。

そもそも氣滞瘀血はなぜ起きるのでしょう・・・

それは、ストレスや過労、冷え、酸素や栄養の不足などです。

強いストレスが続くと、血液中の酸素が不足します。

酸素が不足すると冷えが起きます。

酸素が不足すると、カロリーを栄養に変えることが出来なくなります。

酸素不足は癌が住みやすい環境をつくってしまいます。

酸素をしっかりと取り込んでいくには、腹式呼吸が最も効果的

同時に心と体のバランスをとっていくために、呼吸で自律神経を整えていくと良いでしょう。

口からゆっくり息を吐き出すときには、自分のなかの悪いものをすべて吐き出すつもりで、出来るだけゆっくりと細く長く吐きます。

これが、副交感神経を優位にしていきます。

息を吸い込むときは、鼻からお腹にしっかりと空気を落としていきます。

このとき、交感神経が優位になります。

そして自分の望みは成就したものとイメージします。

ここで絶対に忘れてはいけないことは、感謝の気持ちです。

心のなかで 『ありがとうございます』 を唱え、良い氣を流していきましょう。

がんと心は繋がっているはこちらから

自分の体だけでなく、自分が居る場所の氣もあげていくことが大切です。

空気がキレイな早朝、窓を開け、朝陽のエネルギーをとり入れ、キレイな環境で氣をあげていきましょう。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心が、がんを治すのです。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

日本の農薬使用量は世界トップクラス

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

中国産のものは、ちょっと・・・

海外のものは、ちょっと・・・

と言われる方、多いですね

では、日本の野菜はどうなのでしょうか・・・

日本の野菜、果物への農薬使用量は、世界でもトップクラスですよ

以前にもお伝えしましたが、イチゴの農薬使用基準は、他国の4倍、5倍、6倍といった極めて高い数値になっています。

特にイチゴは丸ごと食べる果物ですから、そのまま農薬が体に入ってしまいますね

お茶の葉などは、恐るべき農薬基準です。

毒性が強いため、他国では使用禁止になっている農薬でも、日本は規制がない状況です。

中国より、農薬使用量が高い日本の野菜はたくさんあります。

特に、グリホサート系の農薬は、発ガン性が高く専門家からも危険性を指摘されています。

なぜ、こんなに農薬を使うようになったのでしょう。

それは、安全性より、とにかく安く買いたい消費者のニーズと、虫食いの野菜は不衛生と考える人が増え、綺麗な野菜でないと買わない、といった考えから、農薬野菜が主流となったのではないでしょうか・・・

日本の野菜、果物は安心と思わず、選んで買うことですね

そして、大切な家族の健康のためにも、農薬を除去を家庭でしっかりとされることをおススメします

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください

がんを治すには愚かさに気がつくこと

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

自然療法には、温熱、食事療法、健康食品、鍼灸など様々なものがあります。

しかし、これだけに頼っていても治りません。

なぜなら、ガンは、自分の思考癖や生き方がつくった病だからです。

心と体を切り離すことは出来ません。

どちらか片方だけを治しても、ガンは治せません。

人参ジュースを飲んでいますが

温熱に通っていますが

ウオーキングをしていますが

○○をやって治った人はいますか?

○○の効果はどのくらいありますか?

などの質問をよくされます。

がんを治した人は、それだけをやって治したわけではないのです。

そして、がん治しはみんな違い、絶対というものはないのです。

がんを治すには、原理原則を知ることが大切

原理原則を学ばなければ、がんを治すことは出来ません。

ただ、人参ジュースを飲めばいい、ただ、温熱をすればいい、ただ、ウオーキングをすればいいわけではありません。

これらは、がんを治すためのアイテムのひとつであって、これらが癌を治してくれるわけではないのです。

もちろん良きアイテムとして大いに活用することは必要だと思います。

私の愛用アイテムはこちらから

最も大切なことは、まずは自分の愚かさに気付くことです。

がんは、自分の思考癖、生き方がつくった病気です。

●他人に答えを求める思考癖をなおします。

人の命は、たとえ医者であってもわかりません。

●他人や物に依存する生き方もなおします。

人の病気は、他人が治すことはできません。

●上手くいかない時、他人や物もせいにする思考癖をなおします。

いくら人のせいにしても何もかわりません。

●他人と比較する生き方をなおします。

自分と全く同じ人間はこの世に存在しません。

●結果を先に求める思考癖をなおします。

結果は誰にもわからないことです。

つまり、頼るのは自分です。

自分の愚かさに気付き、思考癖、生き方を変えていく

そして自分のからだの声を聴くことです。

治った人のやり方、意見を参考にすることは希望となり、大変良いことですね。

○○で癌が消えた人がいるからやってみる、ではなく

自分が直感的に良いと感じたことを取り入れていく

人はみなそれぞれ違うのですから

自分の体を一番よく知っている自分の直感を信じてみることは大切ですね。

私も自分の直感を信じて迷わずプロポリスを選択しました。

それまでの私は、自分で選択することが出来なかったのです。

病気になったおかげで、思考癖、生き方を変えることが出来ました。

がんに感謝です。

私が直感で選択したプロポリスはこちらから

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

湯たんぽで免疫アップ・リンパ球活性化

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

癌は冷えが生じて起きる病気です。

体が冷えれば免疫は低下します。

そして冷えた部分の癌が出来ます。

免疫を上げるためには、体を温めること

がんが死滅する体温はこちらから

体を温めることは治療効果を高めることにもなります。

癌の人は、リンパ球の数が減少しています。

病気を治すためにはリンパ球を上げていくことが重要

リンパ球を増やすには、カロリーを効率よく栄養に変えてくれるサプリや健康食品と併用して体を温めるのが効果的です。

私の愛用品はこちらから

常にお腹は温かくないといけません。

より効率よく体を温めるには、筋肉の多い部分を温めることです。

例えば太ももです。

特に女性は座っているだけで下半身が冷えてきます。

足の付け根などに痛みを感じる人も少なくないですね。

食事をすると全身の血液が胃に集まってくるので、下半身はさらに冷やすくなります。

食事のときや食後のくつろぎの時間など、太ももに湯たんぽをのせて温めると良いでしょう。

寝る時も電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽで温めると気持ちよく感じませんか?

これは体が冷えている証拠ですね。

湯たんぽで気持ちよく感じると、副交感神経が刺激され、血管が開きます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が次第に増えてきます。

血流を良くしてくれる食品を摂ることでさらに体熱を放出し、リンパ球が増えてきます。

そして内臓にキレイな血液がしっかりと送られれば、内臓の働きも良くなり体調も良くなります。

湯たんぽで体が温まると、気持ちも落ち着きます。

体が温まると心も温かくなります。

しっかりと活用したいアイテムですね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生命力みなぎり細胞活性・がんが遠ざかる

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

私たちの体内では、生き方に合わせて、生命を維持するために働きが起きています。

自分の意識に関係なく起きる生命の働き

これは自分の生き方そのものがすべてを支配しているということです。

癌もそのひとつ

癌が出来るような生き方をしていたことになります。

この癌は、生命を維持するために出来てくれたのです。

癌が出来なければ、その生き方ではこの命を維持することはできなかったわけです。

命をつなぎとめてくれた上に、間違った生き方に気付かしてくれる癌

癌に感謝ですね。

自然に生きる・がんに感謝はこちらから

がんを治すには自然に生きることです。

今までの生き方が不自然だったわけです。

生きることが楽しい、心豊かな暮らし

誰だってそう望んでいますよね。

そうなるような生き方をすれば、細胞も喜び、生命力がみなぎり癌が遠ざかっていきます。

楽しく生きるには、楽しい言葉、前向きな愛の言霊を大切にする

他人にも心を込めた愛の言葉を投げかける

そして、自分の知恵や働きを周りに分け与える

周りの人を癒し、豊かにすることです。

人の喜びが、自分の喜びになるのです。

周りを豊かにすると、自分も心豊かな暮らしができます。

それは神が味方をしてくれるからです。

心豊かに暮らせることが自然体です。

がん治しは、生き方のみなおしです。

自然の恵みと高波動・私の愛用品はこちらから

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)