動物性食品は腸を汚し有害物質を作る

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

食が病をつくり、食が病を治すと言っても過言ではないでしょう。

『動物性たんぱくこそ、優良』

『最も理想的な栄養源は、高たんぱく、高脂肪、低炭水化物である』

肉や、卵、乳製品などの動物食をしっかり食べるように教えてきたドイツのフォイト氏

この栄養学は、今でも現代医学のなかでうたわれています。

それを覆したのが、アメリカのマクガバン・リポートです。

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

『今すぐに食事を改めなければならない』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

間違った食がガンをつくります。

これを裏付けるさまざまな報告があげられています。

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

大腸ガン、乳ガン・・・

本来、穀物を食べるように出来ている人間の体は、肉食動物に比べ、腸の長さが4倍も長くなっています。

長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液が汚れ、血流が悪くなります。

腸内環境を整え・がんを・・・はこちらから  

血流が悪くなり、毒素が溜まると悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

腸内環境が乱れると、抗酸化力が弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

肉食ががんをつくるはこちらから

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

腸は、非常に重要な臓器といえます。

免疫機能の7割が集中する腸

肉だけでなく、卵、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も腸を汚してしまいます。

ガンになったら、腸をキレイにすること

動物性食品は摂らない自助努力は必要です。

私の愛用品はこちらから

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す