病気を治すには、対症療法と原因療法の区別が必要

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

現代は、がん、膠原病、糖尿病、高血圧症、アトピーなど様々な病気があります。

便利な暮らしになればなるほど病気は増えてきています。

病気になれば病院にかかるのが当たり前の現代ですが、実際には治らないまま、逆に悪化してしまう場合も少なくありません。

治らないから難病とされ、悪化するから進行性の病気と位置づけられる・・・

原因があっての病気だよはこちらから

患者本人も期待通りにならなければ、病院のせいにしたくなります。

残念ながら多くの薬は対症療法ですから、これをきちんと認識しておくことが大切です。

対症療法とは、病気の原因そのものを治療するのではなく、今、不快な症状などを取り除いたり軽減したりするものです。

急性期に力を発揮する療法です。

疾患の多くは原因と複数の遠因が重なりあって起きています。

ですから病気そのものを治療するには、原因を取り除く原因療法と自然治癒力が必要になります。

そもそも病気を治すのは、病院ではなく自分自身です。

だから、主に薬をつかう対症療法と、原因療法は相対的なものであり、区別する必要があります。

区別がなく、原因を置き去りにしたまま薬だけに頼ってしまうから、治らない、または再発になってしまうのです。

病気の多くは原因があって起きています。

がんも膠原病も糖尿病も高血圧もアトピーも・・・

ストレスが続いていなかったか

添加物や動物性食品、砂糖を多く摂っていないか

体が冷えていなかったか

薬を飲み過ぎていなかったか

運動不足になっていなかったか

睡眠不足になっていなかったか

交感神経が過剰になっていなかったか

副交感神経が過剰になりすぎていなかったか

何かしら思い当たるところがあるのではないでしょうか・・・

これら病気の原因を取り除くことが優先です。

生き方を治すことが、癌やその他の病気を治すこととなります。

自分の人生です。

病院や薬に頼りすぎず、生き方を工夫して、自分の体を労わり守ること

私が頼ったプロポリスはこちらから

人間は心身一如で生きています。

心が変われば体が変わる

体が変われば心が変わる

がんを治す生き方は、自己の成長、魂の成長となり、ガンと言う塊が消えていくのです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは ☎084-925-1271
がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です