自律神経のバランスを整えNK細胞活性化

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

自律神経は、白血球を支配しています。

交感神経・副交感神経がシーソーのようにバランスをとりながら成り立っている自律神経

交感神経の緊張状態が続くと、白血球の顆粒球が急激に増え、過剰になると炎症となります。

顆粒球は、細菌などを攻撃するために適度に必要な存在です。

しかし、過剰になると細菌だけでなく内臓そのものを攻撃してしまいます。

結果、顆粒球の攻撃によって潰瘍・ガンなどが出来てしまいます。

この状態を修復しようとする機能が働き、痛みや腫れ、熱といった修復するための症状があらわれてきます。

はこちらから自然治癒力を上げる

しかし、これらを悪い症状ととらえ、痛み止めなどのお薬を使って症状を抑え込んでしまいます。

この痛み止めは、血流を収縮させて血液の流れを悪くしながら、痛みをとっていくため、血流が低下し、体温も下げてしまいます。

がんは、血流が悪く、酸素、体温が低い状態を好みます。

薬によって、がんが喜ぶ住みやすい環境をつくってしまっているのです。

これらお薬は、そのときの痛みをとる一時しのぎであり、対症療法です。

血流を悪くしてしまうお薬は、出来るだけ避け、民間療法を活用していきたいものですね。

がんに良い民間療法はこちらから

そして、交感神経過剰な状態から抜け出ることが最も大切

働き過ぎ、ストレス、睡眠不足、体の冷えなど交感神経過剰になる原因を断つことが、がんを体から遠ざけることになります。

そして、交感神経過剰から抜け出し、副交感神経が優位の状態が続くと、リンパ球が増えてきます。

リンパ球が増えると、がん細胞を退治してくれるNK細胞が活性化されます。

がん治しには必須となる免疫細胞です。

副交感神経が優位になるよう、体を温め、おおらかな心で規則正しい生活をおススメします。

ただし、副交感神経が過剰になりすぎるとアレルギーとなります。

昼間はしっかりと体を動かし交感神経を働かせ、夜はゆっくり休んで副交感神経を働かすよう、バランスを大切にして過ごしたいですね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でお選び下さい。)

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です