お漬物で腸内環境を整え、抗酸化力を高める

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

腸は、免疫の7割をつかさどっている重要な存在です。

私たちの腸管にいる腸内細菌たちが大きな活躍をし、免疫向上に働きかけています。

腸内環境が乱れていると、免疫低下が起き、ガンをはじめとする、さまざまな病気をつくってしまいます。

腸内環境とがんの関係はこちらから

私たちの体は、常に活性酸素を生んでいます。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

活性酸素が大量に放出されると、体が酸化し、ガン細胞もどんどんと増えてしまいます。

実は、腸内細菌は、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化力をもち、重要な役割をしています。

ですから、腸内細菌が減ってしまうと、抗酸化力も弱まり、活性酸素が除去出来なくなるのです。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることですね。

抗酸化力の高い食品はこちらから

腸内細菌を増やすにはヨーグルトと思われがちですが、ヨーグルトは腸のなかで腐敗しやすい食べ物です。

腸のなかで腐敗しやすい動物性の食べものは、有害なガスを発生させてしまい、血液が汚れ、内臓の機能が低下て、ガン細胞をつくってしまいます。

ガンの方は尚更、腸のなかで腐りやすい動物性の食べ物は避けるべきですね。

肉食が、がんをつくるはこちらから

腸内細菌を増やしてくれるのは、植物性の発酵食品です。

日本のお漬物は、最高の植物性発酵食品ですね。

なにより日本人の腸は、植物性のものを摂るように出来ています。

また、腸内環境はガンだけでなく、不安神経症や鬱とも大きく関わっています。

セロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

このセロトニンは、幸せの物質と言われているのもですね。

つまり、腸の働きと、心の働きは繋がっているとうことです。

がんを治す生き方・・・お問い合わせくだい
TEL 084-925-1271

現代は、強いストレスにさらされ生きています。

がんはストレスの病はこちらから

だからこそ、腸を整える食べ物を摂ることは、心と体にとって非常に重要と言えますね。

自分の手で混ぜ、自分に合ったお漬物が一番良い菌です

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す