がん治しはまず心の毒出しから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ガンが原因で、鬱になった。

鬱が原因で、ガンになった。

いずれにせよ、心の病に苦しんでいらっしゃる方が多き時代です。

抗ガン剤は、拒否しているのに、抗うつ剤、睡眠導入剤は使っている。

心当たりがある方もいらっしゃるでしょう。

抗うつ剤は、自殺リスクが10倍に激増。 他殺や暴力衝動も増え、犯罪多発の元凶にもなっている (船瀬俊介氏)

鬱になると、ガンのリスクが高くなると心配になり、不安が増し、CT検査などを受けたくなる傾向があるようです。

すると、今度はCT被曝による発ガンが心配になってくるという、まさに負のスパイラルになります。

それもそうです。

日本人のガンの1割はCT検診のX線被ばくで発ガンしている (近藤誠医師)

1割とは、恐るべき確率

自分でガンをつくっているということです。

抗うつ剤、睡眠導入剤も同じです。

薬は、体温を下げ、ガンが出来やすい環境をつくります。

生命の根源はこちらから

そうでなくても、心が苦しいと、交感神経が優位にな血流も悪く、体温が下がりがちです。

また、薬の副作用による、新たな不調も起き、さらに薬を必要とします。

なにか、矛盾していると思いませんか?

鬱は、薬でなおせません。

薬は、症状をぼかしているだけです。

根本をなおさない限り、良くなることはないでしょう。

鬱とまでは、いかないにしても、ストレスが強い方

ストレスをつくるのも軽減するのも、自分次第です。

がんと心は繋がっているはこちらから

昔、ガンといえば、極度な肉体的疲労が原因で起きていた病気です。

今は、精神的ストレスからガンになっています。

ガンになる前の自分を振り返ってみると、よく分かります。

感謝があったか、愛の思考があったか・・・

不平不満、愚痴、傲慢さ、頑固さ、妬みや恨み、不安

そんな思考で、心の毒がたくさんです。

その思考を取り除くには、心の持ち方を変える、ものごとの捉え方を変えるしかありません。

私のがん体験・がんに感謝してはこちらから

自分を変えたければ、心の毒を素直に認めること

心の毒を排出しなければ、ガンはなおりません。

また再発転移を繰り返します。

これを機に、少し自分を振り返ってみませんか?

自分を素直に振り返ることが出来る人は、新たな価値観を構築できる人です。

ガンなおしには、新たな価値観の構築が必要

心の毒を素直に認めることで、その意味がわかる時がきます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です