がん治しは決断力と実践力・再発を防ぐ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

人間ドックは日本特有の検診です。

こんなに検診王国でありながら、癌が減ることはなく、増え続けています。

検診による過剰診断も癌が増えた理由のひとつでしょう。

また、近年では検診などによる過剰なレントゲン撮影が癌の原因のひとつになっているとも言われています。

病気を早期発見するためのレントゲン検査によって、被曝をしていることには矛盾を感じます。

放射線エネルギーはDNAを破壊してしまうためレントゲン検査を受けるとその分、発がんリスクは高まります。

こんなにX線を浴びている国は日本ぐらいでしょう。

人間ドックや検診では、病気を防ぐことは出来ません。

大切なことは、病気にならない体づくりを心がけること

過剰診断と過剰診療はこちらから

また、病気になっても自己治癒力で元の健康な状態に戻せる免疫力をつけることです。

日本人の死亡原因のトップは癌で、年間約35万人が亡くなっているそうです。

癌でありながら、実は多くの方は癌以外の原因で亡くなっています。

それは肺炎、カンジダ菌などの感染症です。

その数は8割

なぜ、こんなにも多くのがん患者が感染症で亡くならなくてはいけないのでしょうか・・・

原因は、免疫力が極度に低下しているからです。

抗ガン剤や放射線によってリンパ球が激減し、免疫力は限りなくゼロとなり、感染症を起こしてしまいます。

今まで何ともなかった菌でさえ、免疫力がなくなると全身が侵されてしまいます。

三大療法と免疫はこちらから

がんを治すどころか命が危険な状態になります。

抗がん剤や放射線は、対症療法です。

一時的に良くなったように見えても、免疫力を上げない限り、ひとときすればまた、癌は活動を始めます。

しかも、抵抗する癌細胞は、前よりも力を増して活動を始めます。

これが再発転移です。

がんの根治を目指すなら、免疫力を上げるしかない

どんな人でも毎日数千から数万の癌細胞が新たに生まれています。

画像に写る腫瘍をたとえ全部きれいに取り除いたとしても、免疫がなければ、毎日生まれてくる癌細胞を抑えることができず、また新たな塊をつくってしまいます。

しかも抗がん剤や放射線によって体内に活性酸素が大量に発生していると、その可能性はさらに大きくなります。

体内に溜まった毒素をいち早く排出し、免疫を上げる生き方をすることが大切です。

がん克服への近道・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

塚本 みづほ のプロフィール写真

投稿者: 塚本 みづほ

がんを治す生き方プロデューサー塚本みづほがお伝えする がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病氣・がん克服から得た8つの法則 癌(がん)を治す方法は自分の中にあります。誰もが持ち備える自然治癒力を最大限に生かしがんを自然退縮させる生き方とは・・・・・・ がん自然治癒を目指して、ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です