乳がん・子宮がん・冷えやすい場所は注意

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちの体は、第二の心臓とも言われる ふくらはぎで下半身の血液を押し上げています。

この大切な第二の心臓が冷えると、血液の流れが悪くなり上手く循環しなくなります。

血液を循環させるには筋肉が必要です。

つまり筋肉不足が冷えを起こし、手足が冷えてきます。

健康であるためには 【頭寒足熱】 であるべきですが、がん患者さんの多くは、【頭熱足寒】 になっています。

字の通り、頭部に熱がこもり、うっ血して頭がのぼせている状態です。

そして、足が冷たくなっています。

この冷えが、やがて全身の冷えとなり、低体温の体になっていきます。

低体温は、がんをつくる原因となり、冷えた場所にがんが出来るのです。

がん・体温を上げるはこちらから

特に乳がん、子宮がん

乳房は、脂肪が多く、しかも突起しているため非常に血流が悪く冷えています。

子宮は、膣から繋がり外部からの影響を受けやすく、袋状の冷えやすい臓器です。

女性は男性に比べ、筋肉量が少なく冷えやすいので、下半身を鍛えることをおススメします。

下半身の筋肉を鍛えると、血流がよくなり全身に酸素と血液がしっかりと巡っていきます。

すると、足は温かくなり、全身の体温も上がり、汗をかきやすい体になります。

体内の毒素の排出は、便や尿からの排毒も大切ですが、やはり汗からの排出が一番です。

スクワットやウオーキングなど毎日の積み重ねで筋肉を鍛え、熱を発して汗をかきやすい体質づくりをしていきたいですね。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す