冥胘反応早く出る人は治癒力がある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちの体の中に必要ないものはないのです。

体に起きる現象はすべて意味があるのです。

発熱、痛み、鼻水、咳、発疹、すべてに意味があって起きている現象です。

侵入してきたウイルスや細菌と体が闘うために発熱をします。

ウイルスや毒素・異物を体外に出すために鼻水や咳、発疹が出ます。

しかし、これらの症状が出るときには不快を生じ、薬で症状を抑えようとしてしまいます。

なぜその現象が今、起きているのかを考えたら、薬で抑えることは結果的に逆効果を生んでしまうこともあるのです。

毒素を出すために起きている症状を抑え込んでしまえば、毒素は出なくなります。

そして薬品を使えば、毒素の原因になるさ活性酸素がさらに増え、血液を汚してしまいます。

毒素がたくさん溜まっていることを教えてくれるために癌は出来たのです。

がんを治す・がんを恐れないはこちらから

排毒が始まれば、何かしらのつらい症状も現れるでしょう。

溜まった毒素が多ければ多いだけ、症状も強く出るかもしれません。

これらの瞑眩反応が現れて、体は治癒へ向かうのです。

本来あるべき姿に戻そうとする働きなのです。

塊を少しずつ溶かして排毒する

瞑眩反応が早い人ほど、体を元に戻そうとする働きがあるといわれています。

しかし悪化した、体に合わなかった、と解釈する人も少なくないでしょう。

自分の体の自然治癒力を感じることが出来るかどうか・・・

それは大自然との調和、法則にしたがえば自然に力つくものです。

そして、大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す