がん・負の連鎖を止める役目

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになり、ひとりで悶々と悩み苦しんでいる方が非常に多い。

今、自分がやっていることに不安を感じているからではないでしょうか?

毎日悶々とした気持ちで生活をしてしてもガンは治りません。

なぜなら、ガンと心は繋がっているからです。

ガンと心は繋がっている はこちらから

ガン克服には、感謝して自分に責任を持ち、前向きに取り組むことが大前提です。

これで本当に良いのかと迷い、悶々としている間は、まだまだ自分に責任をもてていない証拠。

ガンを治せなくしているのは自分自身です。

情報が溢れるなかで、何が正しいのか迷う・・・

これもまた人のせいになっていませんか?

自分の意思で、自分の責任で、治療法をしっかりと選択することです。

きちんと実践すれば、ガンになる前より、ガンと言われた現在の方が健康的になります。

ガンを恐れる必要はありません。

ガンは、「怖い、ガンは死ぬ」 と思うから治らなくなるのです。

ガンは自分で治す!という自覚が必要

医者任せでは、ガンは治せません。

医療利権を知れば、猛毒である抗ガン剤を使う理由がはっきりとわかります。

抗がん剤医薬品添付文書 はこちらから

無知は罪です。

気付かないふりはもっと罪です。

知らず知らずのうちに、大切な家族に、自分が毒をまいているかもしれないことに気付いて欲しい・・・

抗がん剤成分が排出される経路としては、主に 汗、尿、便、嘔吐物です。

家族ならこれらの排出物に接触することは当然あるでしょう。

抗ガン剤のパンフレットには、『何日間、尿中残量に注意』 と記載がありますが、毒ガスと同じ猛毒である抗ガン剤の排出が数日間でおさまるのでしょうか・・・

それとも数日間で排出されなくなり体内に蓄積されると言う意味なのでしょうか・・・

疑問であります。

いずれにせよ、排出されていることには違いありません。

それが微量であろうが、大量であろうが猛毒成分であることは忘れてはなりません。

しかし、小さなお子様をお持ちの方は、抱っこもハグもたくさんします。

別の臓器などに二次発ガンをさせてしまうような猛毒の抗ガン剤成分が、体内から排出されている中で、大切な子どもを抱く・・・

経口抗ガン剤を服用し、子どもにキスをする・・・

子どもと同じ布団で寝る。

寝ている間のは、目に見えない抗ガン剤成分を含んだ汗をたくさんかいています。

その汗に接触した子どもの皮膚からは経皮毒と言う形で毒が吸収されていてもおかしくないですよね・・・

夫婦間は、キスもセックスもしますね・・・

一緒に洗った洗濯物はどうなのでしょうね・・・

シャンプーや生理用品から吸収する経皮毒ですら、あんなに怖ろしいのですから、猛毒の抗ガン剤ともなれば、どうなのでしょうか・・・

考えたらとても怖いことです。

それでも抗ガン剤を選択してしまっているのが日本人です。

医療利権の犠牲者になっていることを知り、社会背景を学ばなければ、自分どころか大切な家族も守れなくなります。

ガンのメカニズムを学び、治すのは自分であることに気付かなければ、大切な家族もまた、自分と同じ運命を歩むことになりかねません。

ガン家系ではなく、ガンを連鎖させているのです。

私は、抗ガン剤、放射線の犠牲者がこれ以上増えないことをせつに願っています。

そして、家族に起きるガン・負の連鎖をとめる使命を与えられた自分であることに、一刻も早く気付いて頂きたいと祈っています。

やっと気付くガン治療 はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です