自然治癒・がんの自然退縮が起きる時

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然治癒で起きるがんの自然退縮のとき現れる様々な症状

塊の中身が壊死したとき、中が空洞化になったり、形が潰れたりと線維質で変わってきます。

免疫が上がりリンパ球の勢いにおされ、がんが壊死するとき、腫瘍マーカーが上がることは福田稔先生が言われてきました。

腫瘍マーカーだけでなく、癌が大きくなったり、また高熱が出たり・・・

(あくまでも免疫力が上がっているとき)

こんな症状が出るとたとえ体調がよくても、悪くなったのではないかと心配してしまうでしょう。

そして、慌てて治療を開始する人も少なくないのです。

がん治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

私たち人間は、どうしても数値や大きさにとらわれてしまうのです。

がん治しは何を信じるかで変わってきます。

数値や画像なのか、それとも自分がもつ治癒力か・・・

何を信じるかで癌の治療法は変わるでしょう。

一番大切なことは、療法より自分の直感を働かせ、信じたことを続けることです。

がん治しは、思いもやらないことや壁にぶつかるときがあります。

がんを克服した人は、これを乗り越えてきた人

どんなにつらくても、ブレずに 「がんは治る」 と信じて念じ続けます。

強く純粋に念じたことは、とてつもなく大きな強いエネルギーになります。

がんは免疫力が低下したとき、表面化してくる症状です。

がんを攻めるより、免疫力を上げていくことに目を向け、不自然な生き方は改める

大自然の法則・無限力は私たちに生きる力を与え、心を癒し、幸せへと導いてくれます。

免疫低下でがんになったのなら、免疫を上げる

不自然な生き方でがんになったのなら、不自然な生き方をやめる

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

悩み、迷っているひと

自分の直感を信じてあげてください。

必ず抜け道はあるはずです。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す