たかが白湯、されど白湯

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

白湯には、内臓の機能や血液循環を高める効果があります。

内臓が温まると、基礎代謝があがり体内の毒素を排出しやすくなります。

白湯は胃腸の働きも良くなるので、便秘にも効果的

朝起きたら、200㏄の白湯を体温に近い温度でをゆっくりとひと口ずつ、できれば落ち着いた環境の中で頂きます。

内臓だけでなく、心身ともに癒されます

朝は解毒の時間です。

内臓を温め、解毒しやすい環境をつくることは大切です。

ただし、良いからと言って飲みすぎには注意してくださいね

私は、白湯に70種類以上のミネラルが入った天日塩をひとつまみ入れます。

自然塩の塩分は、体温維持や解毒には欠かせないもの

とは言え、自然塩と言っても心配なのが、ニガリ成分です。

ニガリ成分を少しでも取り除いた自然塩をおススメします。

ニガリ成分に気を配り、ミネラルが70種類以上入った自然塩 はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です