抗がん剤でがんは消えても再発転移するのはなぜ?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんになると日本ではほとんどの人が抗ガン剤治療を受けています。

その割合は、全がん患者さんの8割以上にもなります。

劇薬、毒薬の指定を受けている抗ガン剤

だから、抗がん剤でがんが消えても、ほぼ再発する・・・

抗がん剤治療にかけている人たちを思うとこの現実は胸が苦しくなります

抗ガン剤医薬品添付文書はこちらから

卵巣ガンの方

抗がん剤をして、腫瘍マーカー、画像共にがんの小さくなったと喜んだそうです。

しかし半年後、肝臓への転移が見つかりました。

そしてまた、抗ガン剤を投与するものの腫瘍が縮まらなかったため、さらに別の抗ガン剤を併用したそうです。

結果、彼女は衰弱しきってしまい、再発転移による抗ガン剤投与から3ヶ月後、末期ガンで余命を告げられました。

劇薬である抗ガン剤を使えば、こうなることは専門家なら想定内のことでしょう・・・

だから医師たちは自分が癌になったとき、抗ガン剤を使わないわけです。

がん細胞は異物でも悪でもなく、自分の大切な細胞です。

つまり、体の一部なのです。

がん細胞を殺す抗がん剤を投与すれば、正常細胞も死んでしまい、自分の命を縮めてしまうことになる、それどころか急死も起こるのです。

ここに気付かなければなりません。

卵巣ガンの彼女も衰弱しきり、やっと目が覚めたと言われていました。

抗ガン剤を投与してきた人は、痛みが強く出やすくなります。

彼女も同じで、激しい痛みに歯をくいしばり、歯が折れてしまったほどです。

見ている側もつらくなります。

以前にも取り上げさせて頂いたことがありますが・・・

小学校2年生で白血病になった息子さんの、抗ガン剤で生き地獄をみた医師が書かれた 
【白血病の息子が教えてくれた医者の心得】 

*****************::ご著書の紹介文を一部抜粋させて頂いています*************

患者さんが来ると、まずはプレトニン(ステロイドの一種)を20錠くらい飲ませる。ところが、プレトニンでコントロールできるのはわずか10人のうち5人。あとの5人はなんぼ飲ませてもびくともしない。プレトニンを100錠、200錠、点滴のなかに入れてばんばかやるわけだ。次に抗がん剤をやるわけだ。がんというのは、人間の正常な細胞とそれよりも何十倍も強いお化けみたいなものとが共存しているんです。
抗がん剤をやると患者さんはゲーゲー吐きながらしんどいと訴える。そうすると医者は、検査のデータを見せて、あんたなにをいっているんだ。このとおり抗がん剤でガンが小さくなっているのに。マーカーの数値が下がっているのを見せられて患者さんは「すみませんありがとうございます。ゲーゲー」と感謝する。そこでまた抗がん剤。ゲーゲーやる。人間が死にかかったら抗がん剤をやめる。がん細胞がどんどん大きくなってマーカーが3倍4倍。また抗がん剤やる。患者さんゲーゲーやる。先生もうやめてくださいという。なにいってるんだ、マーカーが下がったじゃないか。あ、ありがとうございます。ゲーゲー。また途中でやめる。マーカーが上がる。またやる。ゲーゲーありがとうございます。を繰り返しながら苦しんで死んでいかなければならないんです。
がん細胞のほうが絶対に人間の細胞よりも強い。絶対にがんよりも人間のほうが先に死ぬ。それは自然の摂理であります。
僕はそんなこと分かっていたけど、卒業して23年。大学でもこれしか教えてくれないし、教科書もこれしか書いてない。だから何百人ものがん患者さんが抗がん剤でみんな苦しんで死んでいくのを見届けるしかなかったんです・・・

白血病で亡くなった息子が、『抗がん剤は拷問以上だ』 と教えてくれたそうです。

大切な家族の死を通して初めて気付く方も少なくありません。

本当に大切な、かけがえのないものを失う前に気付かなくてはいけないのです。

気付けるチャンスを掴むか、掴まないかも自分自身ですね・・・

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です