病気の根源は心にある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

【病の根源は心にある】

ガンになったとき、私の胸に大きく響いた言葉です。

病は氣から・・・という言葉はよく耳にしますが深く掘り下げて考えたこともなかったように思います。

完璧主義だった私は、自分に厳しく、適当ということが許せなかったのです。

他人からの見られ方も気になる私は、常に他人の言葉や態度に敏感になっていました。

自分に厳しい性格ですから、当然、他人にも厳しさを追求していたのでしょう。

白か黒でしかない私は、適当な人が許せなかったりしたものです。

こんな私は常に交感神経が過剰になっていたと思います。

睡眠中もちょっとした音でも反応し、目が覚めてしまうのですから・・・

知らぬ間に自らストレスをつくっていましたね。

性格は急に変わるものではありません。

しかし、自分の愚かさに気付き心から周りや自分に詫びることが出来ると、自分を変えるための行動を始めます。

つまり、バランスのよい生き方に変えるということです。

まず、私は夜型の生活から朝型の生活に変えました。

完璧主義の私は、すべて完璧にしてからでないと寝れなかったため、毎晩、寝るのは早くても日にちが変わる頃でした。

これが、交感神経を過剰にさせ、ガン細胞を退治してくれているナチュラルキラー細胞の活動を抑制していたのでしょう・・・

そこで、私は朝の起床時間を3時半にしました。

1日1時間の散歩、時間を見つけては体を動かすことをしました。

実は、運動が苦手で体を鍛えることは全くしない私は、当時スクワットが1回も出来なかったのです。

早起きを始め、体をしっかり動かすと、自然と早くから眠くなり、気がつけば朝型の生活に切り替わっていました。

細胞が修復される時間、しっかり寝るようにすると、どうやらナチュラルキラー細胞も活性化してくれたようです。

夜、早く寝ることで究極のリラックス状態をつくり、副交感神経が優位となり、自律神経のバランスが整い、精神状態が安定してきます。

考え方も変わりました。

家族のためと勝手に思い込み、無理をしてきた結果、私はガンになり、一番大切な家族を悲しませ、苦しめてしまったのです。

だから、多少家事は残したままでも、自分が休むこと

これも大切な家族への大事な想いであると気付いたのです。

まずは自分の意識を変える努力が大前提ですが、生活が変わると意識はさらに大きく変わります。

意識が変わると生き方が変わってきます。

不平不満、愚痴、苛立ちはガンの道

【笑いに勝る療法はなし】

明るくおおらかに感謝して生きることが、ガンなおしの近道です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です