大切なのは、がんの療法より継続 的な精神力と行動力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然療法のなかでも、病気によってそれぞれ得意とする分野が違います。

ガンが得意な療法、アレルギーが得意な療法、精神的病が得意な療法

ガンは、温熱療法や食事療法(健康食品を含む)などが良い結果を多く出しています。

アレルギーや精神的病は、ホメオパシーが得意分野ではないでしょうか。

それも一般的な話であって、人それぞれ自分に合う療法、合わない療法があります。

また、ガンになった原因によっても違うでしょう。

まずは、ガンになった原因を知ることからです。

ストレス、体の冷え、食事の乱れ、睡眠不足、精神的疲労、肉体的疲労、薬の依存・・・

自分がなぜガンになったのか考えたうえで療法を選ぶことも大切ですね。

どんな療法であれ、目的は血液をキレイにすること

血液がキレイにならない限り、ガンはなおりません。

薬でガンが治まったように思っていても、薬で血液を汚してしまった以上、またガンは暴れ出します。

ガンは、全身の汚れた血液を一ヶ所の集め、塊となってくれています。

手術で塊をとったとしても、空気や光に触れてしまった血液は、酸化します。

薬で塊を小さくしたとしても、薬は血液を最も汚す原因であり、酸化します。

血液が汚れれば、また汚れた血液は一ヶ所に集められ、ガンという塊が出来るのです。

ガンは、宿主が延命していくために出来た細胞なのです。

このようにして、多くの方が血液の汚れとガンのいたちごっこをしているのです。

この仕組みが理解できれば、目標は全身の血液をキレイにすることとなるでしょう。

また大切なことは、療法選びではなく、即実行、地道な継続が出来るかどうかです。

苦難が訪れても、貫き通せる信念があるかどうか・・・

ぶれない信念と今日の行動力で決まります。

自分に合ったガン療法は直感で決まる

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です