60兆個の細胞は食べたもので造られる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちの体は、60兆個もの細胞から出来ています。

その種類は260種ともいわれ、これらの様々な細胞が結合して人間の体をつくりあげています。

細胞それぞれに寿命があり、早いものでは1日で新しい細胞に入れ替わっているものもあります。

消化管上皮細胞がそうですね。

また、骨の細胞では寿命が長く、3年~10年ともいわれています。

赤血球は、120日で新しく入れ替わります。

赤血球は毎日、脾臓や肝臓で処理され、同じ量の赤血球が骨髄でつくられます。

このように私たちの知らないところで、細胞はどんどん処理され、新しい細胞がつくられているのです。

まさに生命の営みであり、この働きを代謝といいます。

再生する能力、命を繋げるメカニズムが自然治癒力なのです。

この60兆個の細胞をつくっているのが、私たちが摂った食事です。

体に害を与える化学物質は、異常な細胞をつくり、代謝活動を抑制します。

体に優しい食べ物は、良い細胞をつくり、代謝活動を活発にします。

この細胞の入れ替わりに100日を要すなら、ガンなおしは最低でも100日は辛抱しなければならないということです。

しかし、100日より長い細胞もたくさんあります。

長い年月をかけ、蓄積してきたのがガンですから、そう簡単にはいかないのが普通です。

ガンは慢性病

コツコツと体が喜ぶことを続けてなおしていくしかないのです。

ただし、年齢が若いと、細胞の分裂、増殖も速くなります。

ある程度のラインまで、早急に免疫力をあげ、ガン細胞の分裂をいち早く抑えることも大事ですね。

食事療法に加え、温熱、健康食品などをうまく活用し、ミトコンドりアが働きやすい環境をつくることです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

 

病気の根源は心にある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

【病の根源は心にある】

ガンになったとき、私の胸に大きく響いた言葉です。

病は氣から・・・という言葉はよく耳にしますが深く掘り下げて考えたこともなかったように思います。

完璧主義だった私は、自分に厳しく、適当ということが許せなかったのです。

他人からの見られ方も気になる私は、常に他人の言葉や態度に敏感になっていました。

自分に厳しい性格ですから、当然、他人にも厳しさを追求していたのでしょう。

白か黒でしかない私は、適当な人が許せなかったりしたものです。

こんな私は常に交感神経が過剰になっていたと思います。

睡眠中もちょっとした音でも反応し、目が覚めてしまうのですから・・・

知らぬ間に自らストレスをつくっていましたね。

性格は急に変わるものではありません。

しかし、自分の愚かさに気付き心から周りや自分に詫びることが出来ると、自分を変えるための行動を始めます。

つまり、バランスのよい生き方に変えるということです。

まず、私は夜型の生活から朝型の生活に変えました。

完璧主義の私は、すべて完璧にしてからでないと寝れなかったため、毎晩、寝るのは早くても日にちが変わる頃でした。

これが、交感神経を過剰にさせ、ガン細胞を退治してくれているナチュラルキラー細胞の活動を抑制していたのでしょう・・・

そこで、私は朝の起床時間を3時半にしました。

1日1時間の散歩、時間を見つけては体を動かすことをしました。

実は、運動が苦手で体を鍛えることは全くしない私は、当時スクワットが1回も出来なかったのです。

早起きを始め、体をしっかり動かすと、自然と早くから眠くなり、気がつけば朝型の生活に切り替わっていました。

細胞が修復される時間、しっかり寝るようにすると、どうやらナチュラルキラー細胞も活性化してくれたようです。

夜、早く寝ることで究極のリラックス状態をつくり、副交感神経が優位となり、自律神経のバランスが整い、精神状態が安定してきます。

考え方も変わりました。

家族のためと勝手に思い込み、無理をしてきた結果、私はガンになり、一番大切な家族を悲しませ、苦しめてしまったのです。

だから、多少家事は残したままでも、自分が休むこと

これも大切な家族への大事な想いであると気付いたのです。

まずは自分の意識を変える努力が大前提ですが、生活が変わると意識はさらに大きく変わります。

意識が変わると生き方が変わってきます。

不平不満、愚痴、苛立ちはガンの道

【笑いに勝る療法はなし】

明るくおおらかに感謝して生きることが、ガンなおしの近道です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

内臓の温度を上げてがん治し

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

日本人の平均体温は下がりつつあります。

現代では、体温が高いはずの子どもの平熱までもが下がっています。

体温が1℃下がると、免疫力が37%低下すると言われています。

免疫力は体温に比例しています。

ですから、体温が上がれば免疫力は活発に働き、体温が下がると免疫力も下がります。

免疫が下がるということは、ガン細胞にとって好環境

35℃は、ガン細胞は非常に増殖しやすい環境です。

34℃台ともなれば、生命にかかわる病気が隠れている可能性があります。

私たちが普段考える体温とは、脇の下で測る表面の体温です。

大切なのは、内臓の温度です。

舌下で測る温度が、内臓の温度に近く、脇の下にくらべると通常0.3~0.4℃高くなります。

脇の下が36.8℃なら、舌下は37.2℃が理想です。

この2つの体温が逆転している人は注意です。

内臓が冷えています。

ガンは多くの場合、内臓に出来ますから内臓の温度を上げることが大事です。

内臓の温度を上げるためには・・・

冷たいもは食べたり飲んだりしない

胃の温度が下がるとガンになる

夏場でも毎日、湯舟に浸かること

背筋・腹筋を鍛える

深呼吸で酸素をしっかり摂り入れる

これらを心がけると良いでしょう。

体の表面温度だけでなく、内臓の温度に重きをおくことをおススメします。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

大切なのは、がんの療法より継続 的な精神力と行動力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然療法のなかでも、病気によってそれぞれ得意とする分野が違います。

ガンが得意な療法、アレルギーが得意な療法、精神的病が得意な療法

ガンは、温熱療法や食事療法(健康食品を含む)などが良い結果を多く出しています。

アレルギーや精神的病は、ホメオパシーが得意分野ではないでしょうか。

それも一般的な話であって、人それぞれ自分に合う療法、合わない療法があります。

また、ガンになった原因によっても違うでしょう。

まずは、ガンになった原因を知ることからです。

ストレス、体の冷え、食事の乱れ、睡眠不足、精神的疲労、肉体的疲労、薬の依存・・・

自分がなぜガンになったのか考えたうえで療法を選ぶことも大切ですね。

どんな療法であれ、目的は血液をキレイにすること

血液がキレイにならない限り、ガンはなおりません。

薬でガンが治まったように思っていても、薬で血液を汚してしまった以上、またガンは暴れ出します。

ガンは、全身の汚れた血液を一ヶ所の集め、塊となってくれています。

手術で塊をとったとしても、空気や光に触れてしまった血液は、酸化します。

薬で塊を小さくしたとしても、薬は血液を最も汚す原因であり、酸化します。

血液が汚れれば、また汚れた血液は一ヶ所に集められ、ガンという塊が出来るのです。

ガンは、宿主が延命していくために出来た細胞なのです。

このようにして、多くの方が血液の汚れとガンのいたちごっこをしているのです。

この仕組みが理解できれば、目標は全身の血液をキレイにすることとなるでしょう。

また大切なことは、療法選びではなく、即実行、地道な継続が出来るかどうかです。

苦難が訪れても、貫き通せる信念があるかどうか・・・

ぶれない信念と今日の行動力で決まります。

自分に合ったガン療法は直感で決まる

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

健康食品はがんに効くのか?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになったら、ガンに効く健康食品はないものかと探す人も少なくありません。

○○でガンが治ったと言う宣伝を見れば、期待をするかもしれません。

それも事実でしょうが、実際にはなおらない人もいるでしょう。

なおった人は、健康食品以外に、底知れぬ自助努力があったかもしれません。

飲むだけでなおるなら、ガンに悩むこともないでしょう。

品質の良い本物の健康食品は、非常に心強いアイテムだと思います。

しかし、どんなに良いものであっても、信じて感謝して飲むか、それとも、とりあえず飲んでいる、とでは、全く違ってくるでしょう。

もちろん、体質的に合う、合わないはありますが、私たちの体は、心と体が繋がり、一体となって働きかけています。

心が良いと思ったことは、体にも良い影響を与えるのです。

逆に体のためにと言いながらも、心が信じていなければ、なんの意味も果たさないのです。

誰かにすすめられたから、お付き合いで飲んでいるというのは論外ですね。

なかには、あれもこれもとたくさんの健康食品やサプリメントを飲んでいる人もいますが、ある医師が、信じたものを1つ、または2つにしぼって飲む方が良い結果が出やすい、とも言われていました。

つまり、無闇に飲んでも効果をあらわすわけではないということです。

飲む人の意識が大切だと感じます。

健康食品に限らず、どんな療法も無闇にするのではなく、信じたものを丁寧に、1回1回、大切に感謝して扱うということが結果に差をつけるのではないでしょうか・・・

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

がん治しは常識を捨てること

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンをなおすには、今までの常識を変えること

ガンをつくらないためには、常識にとらわれないことです。

これは、決して非常識に生きろという意味ではなく、固定した観念を捨てるということです。

私たちは、経験とともに潜在意識の中に自分の常識というものをつくり上げていきます。

ガンになれば、病院に行き治療を受ける

ガンにならないよう、定期的に検診を受ける

これも潜在意識のなかに叩き込まれた自分の常識です。

というよりも社会の常識といった方が正しいかもしれません。

この社会の常識から、はみ出て生きることは勇気がいること

しかし、社会の常識にはまっていて、ガンは本当になおるのでしょうか・・・

私は、この生き方は自分にとっては常識ではなく、不自然な生き方だったように感じました。

体調がすぐれなければ、病院で薬をもらい

なおらなければ、さらに薬を追加してもらう

こうやってガンをつくってしまった私です。

ガンになるまで、何の疑いも持たなかった

だから、本当の自分と向き合うことも出来なかったのでしょう。

常識を疑ったとき、自分でガンをつくったことに気付かされました。

そして病院でなおすという常識を捨てない限り、ガンをなおすことは出来ないと感じた私です。

もちろん急性期のときは医療の力を借りなくてはいけない時もあります。

しかし、ガンをつくった原因は心のなかにあると確信した私は、なおすのは自分しかないと思いました。

忙しいから寝るのが遅い

夜のうちにしておきたいから、寝るのが夜中になる

早く寝られないのは、一見、物理的な理由からに感じますが、実はこれも私の我であったことに気付きました。

その行動を選んでいるのも自分

その環境を選んでいるのも自分であること

つまりその責任は、他の誰でもなく、自分自身であるということです。

そして、毎晩遅くまで起きて活動をしているのですから、それは人間にとって、とても不自然な生き方だったのですね。

不自然な生き方は、心と体に大きなストレスを与え、毒素を溜めていきます。

そして、ガンが出来ていくのです。

不自然な生き方をやめる

社会の常識がすべて正しいわけではない

ガンなおしは不自然なものを取り除くことから はこちら

自分らしく、心と体が喜ぶ生き方・常識にとらわれない自分らしいガンなおしであることを願っています。

ガンをなおす一番の薬は、自分自身が持ち備えています。

ガンなおしは、生き方なおしです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

放射能と増え続けるがん

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

放射能によるガンが心配されています。

放射能と言えば、甲状腺ガン、白血病と思いがちですが、リンパ腫や乳ガンなど、また精神病にも影響をもたらすと言われています。

原発事故以降、発表された急性白血病は、7000件から16000件までこの数年間で跳ね上がっています。

放射能は5年後から急激に病気を増やすことがわかっています。

今がその時期に入ってきているのではないでしょうか・・・

特に、茨城、千葉、東京、埼玉からのお問い合わせやご相談がこの1年間で急激に増えています。

目に見えない放射能を甘くみると取り返しのつかないことになります。

低線量が実は一番怖ろしいことも知らず、毎日、浴び続けているわけです。

また、放射能は怖いといいながらも、検診で自ら放射線を浴び、ガンになれば放射線治療を受ける・・・

不思議な話ですが、日本のガンの1割が放射線の検査による発ガンであろうと言われています。

ガンを防ぐには、自ら体内に放射能を入れないこと

入ってしまった放射能はできる限り体外へ出すこと

このような努力が絶対に必要です。

放射能問題は他人ごとと思っていませんか?

放射能を除去出来るのは、抗酸化物質です。

生味噌などの抗酸化食品を毎日摂られることをおススメします。

また、お仕事の都合などで毎日摂ることが出来ない人は、健康食品など有効に活用されることをおススメします。

自分の体は自分で守るしかありません。

子どもたちの体を守ってあげれるのは親しかありません。

関東でもこれからガン発症が急激に増えることは予測されています。

食事など気をつけ、積極的に予防されることが大切です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

抗がん剤は耐性をつくる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガン患者さんの多くの方が恐れているもの

それは再発・転移です。

ガンが見つかった後、治療に専念します。

では予防はどうでしょう・・・

再発・転移をする人は、予防ということをしていない人がほとんどです。

再発・転移という言葉に説得されていませんか?

再発でもなく、転移でもなく、新しいガンだとしたら、また同じことをしてしまったと後悔するでしょう・・・

病院は治療の場であり、予防は放置になります。

今までと変わらぬ生き方では、同じことを繰り返して当然なのです。

手術、抗ガン剤、放射線は、対症療法、つまり応急処置なのです。

だから多くの場合、再発・転移をしてしまうのです。

一時は治ったようにみえても、病気の原因がある限り、ガンはまた増殖し再発します。

手術、薬剤、放射線も血液を汚し新たな病気をつくる原因のひとつです。

一生懸命つらい治療を受け、結局1年後、2年後、3年後、再発・転移を繰り返し、自分の免疫でなおすしかないとやっと気付く方も少なくありません。

大切なことは気付いた後、原因を取り除くために、常識というものから抜け出すことが出来るかどうかです。

抗ガン剤が100日で耐性をつくることはずっと前からわかっていること

100日を過ぎれば、ガンはじわじわと勢力を増して暴れ出します。

反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)

がん細胞は抗がん剤により耐性を獲得するはこちらから

本当のの意味でのガン細胞の攻撃が始まるのです。

攻撃すれば、攻撃される

ブーメランとなって自分に返ってくる

ガンの世界でも同じではないでしょうか・・・

私たち人間には、ガンをアポトーシス(細胞の自殺)に導く自然治癒力が備わっています。

どんな人でもガン細胞は毎日数千~数万個うまれていると言われ、自己治癒力、つまり免疫によってガン細胞を自然治癒させ、健康を維持しています。

免疫が低下したとき、ガン細胞が抑えられなくなり発症します。

だから、ガンを治癒させるには自分の免疫を高めるしかないのです。

がんを治す生き方・・・
ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

がんは治るのか?治らないのか?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンはなおるのか、なおらないのか・・・

それも人それぞれです。

なぜ、再発・転移をするのか…

抗ガン剤、放射線によってリバウンドが起きる

なぜなら、抗ガン剤は毒ガス兵器並の強い強い薬品だから…

それでも治療を望む人は後を絶たえません。

多くの方が亡くなっているのが現状です。

しかし、代替療法、自然療法でも亡くなっていく人はいます。

つまり、100%というものはないのです。

ただ、三大療法一辺倒に比べれば、末期ガンであっても何年も生きている人はたくさんいます。

三大療法と、代替療法・自然療法との一番の違いは、本人の意識かもしれません。

ガンをなおすに最も大切なことは、自分がどんな生き方を選択するか、ではないでしょうか・・・

療法の選択より、生き方の選択によって、生命が大きく左右されるように感じます。

療法はあくまでも、なおるか、なおらないかの確率的な行動であり、実際にその人がなおるのか、なおらないかは、医者であってもわからいのです。

療法の前に、まずはこれからの生き方を選択する

それによって自ずと選択する療法が見つけられるのではないでしょうか。

療法が決められない人は、今後どう生きたいのかを考えてみるといいでしょう。

重要なのはガンの療法ではなく心豊かにくらすこと 

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

がんなのに感染症で亡くなる??

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンは怖い病気ではありません。

しかし、ガンは死ぬ怖ろしい病気だと潜在意識のなかに刻み込まれています。

治療の甲斐なく亡くなる方が後を絶たない限り、ガンのイメージはなかなか変わらないのが現状です。

実は、ガンそのものが直接的な死因になっている人は、実は全体の2割でしかない

8割の人は、ガンではなく何で亡くなっていっているのか・・・

それは、免疫低下による感染症です。

なぜ免疫を落とすのか・・・

それは、抗ガン剤など薬による副作用からです。

きつい治療を繰り返すうちに体力が無くなり、通常なら免疫で払いのけることが出来るはずの菌に簡単に感染してしまい、肺炎などで命を落としていくのです。

抗ガン剤で、ガンが小さくなっても、体力が無くなり、命を落としたのでは何の意味もありません。

しかし、これが現実なのです。

そうかと思えば、余命宣告から元気に復活される方もいます。

克服した人は、免疫力に注目しています。

免疫力を落とすような治療は避け、何より自分の免疫力は、ガンに負けないという自信を持っています。

最初からそうであれば、もちろんガンになってないはず

彼らは気付き、免疫力の強化に全身全霊を注いでいるわけです。

不安を思う暇もないくらい、覚悟を持って自助努力に励んでいます。

だから、ガンを自然治癒させる自信が出てくるのです。

ガンは、人任せではなおらない

自分の免疫次第なのです。

くすりが自然治癒力を低下させる

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ