大切なのは、がんの療法より継続 的な精神力と行動力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然療法のなかでも、病気によってそれぞれ得意とする分野が違います。

ガンが得意な療法、アレルギーが得意な療法、精神的病が得意な療法

ガンは、温熱療法や食事療法(健康食品を含む)などが良い結果を多く出しています。

アレルギーや精神的病は、ホメオパシーが得意分野ではないでしょうか。

それも一般的な話であって、人それぞれ自分に合う療法、合わない療法があります。

また、ガンになった原因によっても違うでしょう。

まずは、ガンになった原因を知ることからです。

ストレス、体の冷え、食事の乱れ、睡眠不足、精神的疲労、肉体的疲労、薬の依存・・・

自分がなぜガンになったのか考えたうえで療法を選ぶことも大切ですね。

どんな療法であれ、目的は血液をキレイにすること

血液がキレイにならない限り、ガンはなおりません。

薬でガンが治まったように思っていても、薬で血液を汚してしまった以上、またガンは暴れ出します。

ガンは、全身の汚れた血液を一ヶ所の集め、塊となってくれています。

手術で塊をとったとしても、空気や光に触れてしまった血液は、酸化します。

薬で塊を小さくしたとしても、薬は血液を最も汚す原因であり、酸化します。

血液が汚れれば、また汚れた血液は一ヶ所に集められ、ガンという塊が出来るのです。

ガンは、宿主が延命していくために出来た細胞なのです。

このようにして、多くの方が血液の汚れとガンのいたちごっこをしているのです。

この仕組みが理解できれば、目標は全身の血液をキレイにすることとなるでしょう。

また大切なことは、療法選びではなく、即実行、地道な継続が出来るかどうかです。

苦難が訪れても、貫き通せる信念があるかどうか・・・

ぶれない信念と今日の行動力で決まります。

自分に合ったガン療法は直感で決まる

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

がん治しは常識を捨てること

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンをなおすには、今までの常識を変えること

ガンをつくらないためには、常識にとらわれないことです。

これは、決して非常識に生きろという意味ではなく、固定した観念を捨てるということです。

私たちは、経験とともに潜在意識の中に自分の常識というものをつくり上げていきます。

ガンになれば、病院に行き治療を受ける

ガンにならないよう、定期的に検診を受ける

これも潜在意識のなかに叩き込まれた自分の常識です。

というよりも社会の常識といった方が正しいかもしれません。

この社会の常識から、はみ出て生きることは勇気がいること

しかし、社会の常識にはまっていて、ガンは本当になおるのでしょうか・・・

私は、この生き方は自分にとっては常識ではなく、不自然な生き方だったように感じました。

体調がすぐれなければ、病院で薬をもらい

なおらなければ、さらに薬を追加してもらう

こうやってガンをつくってしまった私です。

ガンになるまで、何の疑いも持たなかった

だから、本当の自分と向き合うことも出来なかったのでしょう。

常識を疑ったとき、自分でガンをつくったことに気付かされました。

そして病院でなおすという常識を捨てない限り、ガンをなおすことは出来ないと感じた私です。

もちろん急性期のときは医療の力を借りなくてはいけない時もあります。

しかし、ガンをつくった原因は心のなかにあると確信した私は、なおすのは自分しかないと思いました。

忙しいから寝るのが遅い

夜のうちにしておきたいから、寝るのが夜中になる

早く寝られないのは、一見、物理的な理由からに感じますが、実はこれも私の我であったことに気付きました。

その行動を選んでいるのも自分

その環境を選んでいるのも自分であること

つまりその責任は、他の誰でもなく、自分自身であるということです。

そして、毎晩遅くまで起きて活動をしているのですから、それは人間にとって、とても不自然な生き方だったのですね。

不自然な生き方は、心と体に大きなストレスを与え、毒素を溜めていきます。

そして、ガンが出来ていくのです。

不自然な生き方をやめる

社会の常識がすべて正しいわけではない

ガンなおしは不自然なものを取り除くことから はこちら

自分らしく、心と体が喜ぶ生き方・常識にとらわれない自分らしいガンなおしであることを願っています。

ガンをなおす一番の薬は、自分自身が持ち備えています。

ガンなおしは、生き方なおしです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

細胞が活性化する言霊

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たち人間は、心と体が繋がり一体となって生きています。

心の状態が、免疫細胞に影響を与えることもわかっています。

ストレスは、免疫を低下させ、ガンなどの病気をつくります。

笑わない生活が何ヶ月も続けば、交感神経過剰な状態となり、顆粒球が増加し、活性酸素を大量に出してしまい細胞を破壊してしまいます。

イギリスのある研究の報告では、子どもを亡くした母親の免疫力は通常の20~40%に低下してるとのことです。

悲しみ、苦しみは、ストレスとなり想像以上に免疫を低下させ、ガンなどを発症させてしまいます。

深く、長く続けば、免疫はさらに低下し、ガンになる可能性も高くなるのです。

不平不満、愚痴、恨み、不安は、ガン細胞に増殖するスキを与えます。

毎日発生しているガン細胞に無防備になっていませんか?

ストレスは自分で解決するしかないのが現実です。

今まで笑えなかった人が、急に笑うことは難しいでしょうが、「ありがとう」 を言うことは出来ますよね。

朝起きたら、「ありがとう」をまずは百回言ってみませんか?

「ありがとう」 は最高の言霊です。

自分の体に愛の言霊を聞かせると、細胞が喜びます。

細胞が活性化されると、免疫が上がっていきます。

細胞が活性化されると、心も前向きになります。

正の循環、正の連鎖を起こすのは、自分自身であることに気付いて下さいね。

ガンなおしは、意識ひとつで大きく変わります。

今までの愚かさに気付き、感謝をもった生き方をすれば、好転するものもたくさんあります。

今日から、自分に「ありがとう」 

家族に「ありがとう」

他人に「ありがとう」

環境に「ありがとう」

すべてにありがとうと言える生き方をしてみませんか?

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

魚介類から入る有害物質

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

体のためには肉より魚を摂るよう心掛けている方も多いですね。

魚にはさまざまな栄養素があり、子どもの頃から魚を食べると丈夫になるといわれてきました。

しかし、その健康食と思われていた魚も今では汚染されたものもたくさんあります。

特に湾内や沿岸で獲れる魚は、工場廃水、農薬、ダイオキシン、環境ホルモン、化学薬品などが生物濃縮により魚の体内に溜まっている可能性が高いと言われています。

最強の毒性を持つという環境ホルモン、ダイオキシン

ダイオキシンが身体に入ってくる経路の90%以上が食べ物と言われ、そのうち半数以上が魚介類から入ると言われています。

ダイオキシンは、肝臓障害、発ガン、胎児の奇形の原因になると言われており、脂溶性なので排泄されずに魚の体内に蓄積されるとか・・・

近海の魚より回遊魚を選ぶといいですね。

また、養殖魚として飼育された魚は、過密による疾病予防と治療のために飼料に抗生物質などを使うため、これらが残留している可能性が高いそうです。

出来るだけ天然の魚を選ぶ方がいいですね。

汚染が気になる魚は、料理前に毒を取り除く下処理が大事ですね。

しっかり水洗いをして、有害物質のつきやすいウロコ、エラ、はらわたを処理し、頭も切り落とす方が無難です。

自然塩をふり30分ほど置いて、有害物質を水分と一緒に出します。

また、熱湯をかけて、脂と一緒に有害物質を溶かし出します。

酒粕や味噌などにつけると、さらに有害物質を取り除けます。

魚にも発ガン材料はたくさんあります。

工夫して摂り入れていきたいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

うつみんセレクトショップに・・・

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

医学不要論で有名なあの内海聡先生のセレクトショップで 『蜂粋ゴールドプロポリス』を取り扱って頂いております

内海先生は、内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院など勤められ
現在 Tokyo DD clinic 院長 
NPO法人 薬害研究センター理事長であり、Facebookのフォロアー数は恐るべきものです。

もしも、ご存知ない方は、ぜひ、内海聡先生でご検索下さいませ

その内海聡先生の通販サイト 「うつみんのセレクトショップ♪」 では、日本中から集められる良い商品、本物の商品を中心にご紹介されています。

そちらに『蜂粋ゴールドプロポリス』 が極上のプロポリスとして登場

本物を見極めることができる方

有難いです

そして、本物はきちんんとお役目を頂けますね

こだわり続けた私も嬉しい限りです

感謝です

ありがとうございます

ぜひ、うつみんセレクトショップをご覧ください

自分のためになる商品がいっぱいですよ

うつみんセレクトショップはこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大切なことは、がんを見つけることより、がんを作らない生活を

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

1981年以来、日本人の死亡原因のトップはガンとなっています。

現在、3人に1人がガンになっています。

日本人に多いのは、肺ガン、胃ガン、大腸ガン、乳ガン、子宮ガン

これらは、見つけやすい部位でもあり、また検診をよくする部位ということもあるでしょう。

見つけやすい分、誤診や過剰診断も多い部位です。

何度も検査をしたことによって、ガンが出来た可能性も否定はできません。

胸のレントゲンは、小児も含め簡単に出来る検査で、風邪が長引いたとき、職場の検診だったりと、最も検査をする機会が多い部位ですね。

簡単であってもレントゲンですから、少なからず被曝をしています。

回数が多いほど被曝をしてます。

胃や大腸はポリープが出来やすく、また検査の延長で簡単に取り除くことが出来ます。

しかし、ポリープを取り除いたところ、つまり傷口がガン化しやすくなるのです。

乳ガンは、マンモグラフィによってガンを発見しますが、このマンモグラフィはガンのリスクを高めることも言われています。

そして、誤診、過剰診療が非常に多いことも問題とされています。

子宮も胃や腸と同じで、組織検査や円錐切除で傷ついた細胞がガン化しやすくなります。

検査によってつくられるガンは約10%にも及ぶと言われています。

健康な人の体内でも、ガン細胞は毎日数万個も生まれているといいます。

ガン発病にならない人は、アポトーシス(細胞の自殺)や、免疫力が働き、ガン細胞を殺してくれているからです。

遺伝子異常、免疫低下など、アポトーシスが働かず、殺せなかった異常細胞が多く集まるとガンの発症となります。

大切なことは、検査でガンを見つけることではなく、ガンにならない生き方、免疫を高める生活をすることです。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生き方、思考グセを変えて、がんを治す

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンの療法を決められない人

駆け引きをしていませんか?

すぐに効果があるか

何%の人が良くなったのか

効果があるなら試したい

これでは残念ながら、なおらない人がほとんどです。

思ったような結果にならないと、人や環境、物のせいになってしまいます。

ガンは、自分に責任を持ていないとなおせません。

そもそも10年以上かけて出来た塊ですからそんなに甘くないのです。

「自分がなおす」 という意思と、覚悟をする

これがない限り、いつまでたっても同じことの繰り返しをします。

考えれば考えるだけ、踏み出せなくなります。

悩めば悩むだけ、直感が鈍り何が正しいのかもわからなくなります。

自分の直感をどれだけ信じることが出来るか

これが別れ道ですね。

勿体ない時間だけが過ぎていきます。

時間には限りがあり、1日はとても貴重な時間です。

もっと大切に生きてみませんか?

直感、つまり自分を信じることが出来る人は、素早く実践が出来ます。

ガンは、頭で考えてなおるものではありません。

悩み、考えてなおるものでもありません。

自分の生き方、思考癖に気付くことそのものが、ガンなおしなのです。

少し、俯瞰してみてみませんか?

離れたところから自分を見てみると、何かに囚われている自分が見えてきます。

それに気付いた人は、生き方を変え、思考癖を変えていけるのです。

ガンは自分の生き方、思考癖がつくった塊です。

まずは、自分を信じることから

自分を信じることが出来たら、次の行動へ移せるのです。

そして、ガンに心から感謝が出来るようになるのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

 

うつみんセレクトショップに・・・

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

医学不要論で有名なあの内海聡先生のセレクトショップに私の愛する 『蜂粋ゴールドプロポリス』 が新商品として掲載されました

内海先生は、内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院など勤められ
現在 Tokyo DD clinic 院長 
NPO法人 薬害研究センター理事長であり、Facebookのフォロアー数は恐るべきものです。

もしも、ご存知ない方は、ぜひ、内海聡先生でご検索下さいませ

その内海聡先生の通販サイト 「うつみんのセレクトショップ♪」 では、日本中から集められる良い商品、本物の商品を中心にご紹介されています。

そちらに『蜂粋ゴールドプロポリス』 が極上のプロポリスとして登場

本物を見極めることができる方

有難いです

そして、本物はきちんんとお役目を頂けますね

こだわり続けた私も嬉しい限りです

感謝です

ありがとうございます

ぜひ、うつみんセレクトショップをご覧ください

自分のためになる商品がいっぱいですよ

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

今週の会員様からのメッセージ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

今週の会員さんからのメッセージです

【乳ガン 30代 女性】

乳ガンとわかり、ガンに効く健康食品は何かと必死で調べたのを昨日のように覚えています。

腫瘍摘出をして、蜂粋ゴールドプロポリスを飲みだして3カ月、体調も良く安心してしまい、飲むのをやめてしまったのが新たな戦いの始まりだったのだろうと今になって思います。

体温が下がってきたことも気になりながらも半年そのままにしていました。

昨日、病院で肝臓転移が見つかりました。

なぜあの時、やめてしまったのだろうかと後悔しましたが今更ですよね・・・

続かず、後になって後悔する人もいると聞いていましたが、まさに自分のことでした。

また1からやり直しですね。

今度こそ心して取り組みます。落ち込みそうな時は、どうぞよろしくお願いいたします。

【卵巣ガン 50代 女性】

抗ガン剤治療を始めて1ヶ月が過ぎました。プロポリスは抗ガン剤治療の前から飲む量を1日15㎖に増やしています。
医師からも副作用のことを聞いていましたし今年は、お花見も出来ないと会社の方にも言っていたのですが、この週末はお花見に行けそうです。
おかげさまで感じる副作用が全くありません。髪の毛も今のところ抜けてないです。
先生もあまりの元気さにびっくりされています。
仕事しながら治療が出来ることに本当に感謝しています。

【子宮頸ガン 40代 女性】

こんにちは (^^)
先日はお忙しい中、長い時間ありがとうございました。
お話出来ただけで昨日までの自分とは気持ちが全く違います。
ガンは自分でつくった病気だと聞いて最初は驚きと、でも否定したい気持ちとありました。
でもお話が腑に落ちたから、意識を変えようと思えました。
もちろんプロポリスの力も借りて・・・
今は朝5㎖ 夜5㎖ずつ飲んでます。
食事も随分研究しました。絶対食べてはいけないものは一切やめました(^_^;)
今のところ腫瘍は少しずつ小さくなりつつあります。
私は病院からは初期だから大丈夫と言われ、苦しい治療にも耐えたのに結局再発してしまい、もう同じことは繰り返したくないと思っています。

皆様 ありがとうございます

気付いたら反省、すぐに修正

そして前向きな姿勢が素晴らしいです

コツコツと続けることが何より大切ですね

私も経験したからその苦しみ、葛藤はわかります。

でも、自分でなおすしかないのです・・・

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

玄米はがんのエサになるのか?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンなおしで気になるのが食事ですね。

食事療法もさまざまですが、最も賛否があるのが玄米です。

【玄米食でガンがなおった人】

玄米は、白米のように急激に血糖を上げることもなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富な最高の栄養食であり、ガンなおしには欠かせない食品であると言われています。

また、玄米にはガンマオリザノールという栄養素も含まれています。

このガンマオリザノールは、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用にとても優れています。

生命を維持するための栄養素がぎっしりと詰まっています。

【玄米食で体調が悪くなった人】

玄米は非常に消化が悪く、慌ただしく食事をする方には向きません。

腸壁に穴を開けてしまうリーキーガット症候群も問題とされています。

穴の開いた腸壁から有害物質が全身に流れてしまうなどとも言われています。

そして玄米食は、丸ごと食べるわけですから、農薬の影響を受けやすいので無農薬栽培であることが条件になります。

一方、こんな意見もあります。

【玄米もガンのエサになる】

玄米は、白米に比べて血糖値が上がり難いというだけであって、糖質は多い

つまり、白米同様に玄米であってもガンのエサになるという考えです。

生の玄米を粉にすることで、糖質に変化させない、という考えです。

そして、生の玄米で必要なミネラルを補給できるとか・・・

生玄米は、消化されずに大腸に届き、そこで腸内細菌によって分解されていき発酵する

生玄米粉は、ガンのエサになることなく、腸内細菌のエサとなり、粘膜から体内に吸収されるエネルギー源となるということです。

玄米ひとつとってもこれだけ意見が分かれています。

これらの方法は、どれをとっても良くなった人、良くならなかった人がいます。

つまり、正解はないのかもしれません。

要は、自分の体にはどれが合うかということです。

世間の意見は、あくまでも参考です。

便や体温など状態を観察しながら、自分の体の声を聴き、自分に合ったものを見つけていくこと

これが一番正しい方法ではないでしょうか・・・

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ