まず信じることは療法ではなく自分自身

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

同じガン、同じステージでも生きる人、亡くなる人と分かれます。

大腸ガンを患っていた彼女と出逢ったのは2年ほど前です。

当初、とても不安が強かった彼女は頻繁を相談をしてきていました。

不安でしんどくなったら、今ここに生きて居ることに感謝して 『 ありがとうございます 』 を繰り返し言ってごらん、と私もよく言っていました。

とても素直な彼女は、自分が感謝を忘れていたと反省し、また感謝をします。

プロポリス飲むときも 『ありがとう』 と感謝を込めて飲んでいるそうです。

先日、久しぶりに会った彼女は、ガンの再発もなく、とても元気そうでした。

以前のような不安も無くなったようです。

夫も子ども達も健康で、自分が恵まれ幸せであることに気付かされ、結局は自分で不安をつくり上げていたということにも気付いたそうです。

彼女は、当時、同じく大腸ガンを患っていたご友人を私に紹介し、3人で楽しい時間を過ごさせて頂いたことがあります。

この方は、私のクライアントさんではありませんが、その後も何度かメールを頂いたりしたことがありました。

ガンの療法には強いこだわりがあり、それ以外のことは大きく否定してしまうところはありましたが、それがその方の信念に繋がるのなら・・・と思いながら話を聞いた記憶があります。

しかし、選んだ療法がつらかったこともあったのでしょう。

いつしか彼女の療法は信念というより、依存と執着になっていたように感じました。

苛立ちを家族に当たり散らすようになり、ご主人や子ども達とも自ら縁を切り、親ともケンカの日々

ときどき私に下さるメールも、家族に対する不満や怒りの言葉でした。

不平不満・愚痴・悲しみ・恨み・不安は、負の言霊であり、言葉通りの現実を引き寄せてしまいます。

不平不満・愚痴・悲しみ・恨み、不安は、負の心であり、交感神経を優位にさせてしまい、活性酸素を大量に発生させてしまいます。

すると、リンパ球が減少し、ガン細胞をパトロールしてれているNK細胞の動きが抑制されてしまいます。

発した言葉が、自分にもストレスを与え、免疫機能に影響を与えているのです。

家族に甘えられなかった彼女自身も、怒れば怒るだけ、攻撃すればするだけ苦しかったと思います。

そして、昨年の暮れに亡くなられたそうです。

彼女は、誰からも必要とされてないと言っていました。

思いこんでいた彼女は、家族の愛情も見えなくなってしまっていたように思います。

彼女が信じていたものは、自分でもなく、家族でもなく、療法だけだったのです。

苦しかっただろうな・・・と胸が痛みます。

一方の彼女は、同じガン、同じステージの友人を亡くしてショックはあったようですが、彼女の命によって改めて気付かされたと手を合わせたそうです。

自律神経を乱してしまうストレス、負の感情は体温を下げ、呼吸も浅く、ガンが増殖する環境へどんどん陥っていきます。

そして、ガンを短期間で急激に大きくさせてしまうことも・・・

たった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われています。

これを変えるのも防ぐのも自分にしか出来ないこと

『ありがとう』や『感謝』 は愛の言霊の最高峰です。

愛の言霊は、その言葉通りの現実を引き寄せてくれます。

愛の言霊が感情となり、副交感神経に働きかけてくれます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が増え、ガン細胞を退治してくれているNK細胞が活発になります。

苦しい時こそ、愛の言霊や愛の感情を出してみませんか?

彼女もきっと天国では愛の言霊に囲まれていると祈っています。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す