梅干しを毎日摂って解毒から

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

『梅干を食べると難が去る』

『食物、水、血 の三毒を断つ』

などといわれ、昔から民間療法の一つとして親しまれています。

その訳は、梅には浄血、解毒、殺菌、など健康に欠かせない重要な働きがああるからです。

梅に含まれる有機酸は、肝臓の機能を高めてくれるので、放射能を含む体内の有害物質を体外に排出してくれる効果も期待できます。

また、私たちは食べものを摂取すると、エネルギーに転換され、その後、尿と炭酸ガスになって排出されます。

ここで発生する物質が、細胞や血管を硬化させてしまう乳酸です。

この乳酸の発生を抑えてくれるのがクエン酸です。

実は、梅干しには、レモンの5倍ものクエン酸が含まれおり、乳酸の発生を抑える重要な役割をしてくれます。

そして、梅干しには、強い殺菌作用、ガン予防、疲労回復、アレルギー体質の改善、ストレス、老化防止、胃腸障害の改善など多くの効用があると言われています。

特に毒素が溜まって出来たガンは、出すことからです。

自然塩を使った梅干しを毎日欠かさず摂ると良いですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください  TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す