添加物などの発がん生物質を避ける

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちの生活のなかにはさまざまな添加物が存在します。

便利な世の中になればなるほど添加物は増えています。

忙しさのなかでも少しでも体に良いものを・・・と思い、手に取るもの

例えば、袋から出せばすぐ食べれる調理された金時豆や金時芋

確かに豆類は体にとても良いものですが、調理され販売されているのもは、さまざまな添加物を使ってあるものがほとんどです。

食品や飲料に粘性や接着性を付けるために使われる増粘安定剤(増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊料)

増粘安定剤は、食感やのどごしを良くなるために、アイスクリームなどさまざまな食品に使用されています。

この増粘剤は、2品目以上使用した場合は、『増粘多糖類』としか表示されず、実際に何が使用されているのかが全く分からなくなります。

なかには、カラギナン、トラガントガム、ファーセレランなど、発ガン性や催奇形性の疑いがあるものも含まれています。

生活のなかから添加物を完全に取り除くことは難しいことですが、意識的に避けることは出来ます。

避けきれない添加物は、摂ったら排毒する

添加物は、細胞を酸化させます。

細胞の酸化は、ガンなどさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

添加物で体を酸化させないよう抗酸化食品を日常に取り入れることをおススメします。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がんと自然治癒力研究会

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です