幸せと健康の根底には感謝がある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

心の病からやっと抜け出せた・・・と思ったらガンになりました。

そんな相談をよく受けます。

鬱のときは、死にたい・・・とずっと思っていたのに、ガンになると死にたくないと思うようになる

不思議なものですね・・・

そして、死にたいという今までの思考が、現実となっていくことに恐怖を感じます。

余命宣告を受け、出来る治療は何もないと言われると、心が折れそうになります。

しかし、気付きも与えられてます。

ガンになり、自分の思考が現実をつくっていっていることを思い知らされます。

生き方がガンをつくったこと、ガンの原因となる心の病も・・・

実はすべて、自分自身の生き方であったことに気付かされます。

ガンにならなければ、心の病も人のせい、環境のせいにしたままだったかもしれません。

この気付きに感謝して、生き方を見直された方

今では、別人のように生き生きとされています。

そして、ガンは転移することもなく徐々に小さくなっています。

すべては、感謝

感謝が足りなければ、不平不満が出てきます。

幸せや健康の根底には、感謝をする心があります。

どんな状況においても、まずは受け入れ、感謝すること

この状況をつくっているのも、すべて自分自身であり、否定することは自分を否定することになります。

幸せな人生、健康な生き方は、すべてを受け入れることから始まります。

がんを治す生き方・・・ご相談ください  TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

経皮毒は排出されない

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

皮膚から吸収されることを 「経皮吸収」 といいます。

また、経皮吸収によって有害な化学物質を体内に取り入れてしまうことを 「経皮毒」 と呼びます。

この皮膚から取り入れてしまう有害化学物質は、排出が困難とされています。

口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。

しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、そのまま皮下脂肪に蓄積されていきます。

血液を介し、子宮や脳に蓄積されると言われています。

子宮に毒素が溜まれば当然、ガンなどの原因になります。

これから、妊娠を望む人はもっともっと考えなくてはいけないですね。

私もガン発症をきっかけに、シャンプー、リンスを使わなくなって何年も経ちます。

基本は、お湯を流しながら優しくマッサージするお湯シャンプーです。

シャンプー、リンスを使わなくなってからの方が、髪の毛の艶やコシが出てきました。

最初はとても違和感があったのですが、すぐに慣れて、以前はシャンプーで落としすぎていた皮脂を今はしっかりと残し、頭皮や髪が本来持つバリア機能などを取り戻しています。

汗ばんだ日や付着した匂いが気になる日は、無添加石けんで洗います。

最後に、リンスの代わりにお酢とお湯を洗面器に入れ、髪に馴染ませ、お湯で流す。

あっという間にギシギシがつるつるになります。

お湯シャンプーは2日に1回の割合から始めるなど工夫するといいですね。

【経皮毒は子宮に溜まる】

出来る限り入れない生活を送りたいものですね。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

リラックス入浴で老廃物を排出する

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

体温が上がると免疫が上がります。

体温を上げる方法のひとつが入浴です。

つまり、毎日の入浴は免疫を上げるには最適であり貴重な時間ですね。

お風呂で体の芯まで温まると、血管が広がり、血流が良くなります。

血流が良くなると、酸素と栄養の運びもスムーズになり、腎臓、肝臓、腸の動きが活発になると、老廃物の排出が促されます。

特に30分から1時間くらいの半身浴が最も毒素の排出を促してくれると言われています。

夜の入浴は、副交感神経に働きかけ、リンパ球を増やしてくれます。

体温が36℃未満の人は、40℃前後

体温が37℃近い人は、41℃前後がおススメです。

熱すぎるお湯は、交感神経を刺激してしまいますので、寝る前の入浴は気を付けた方がいいですね。

また、代謝を上げるには朝の入浴がおススメです。

起床からお昼までの時間は、代謝が活発になる時間帯ですから、夜より少し熱めの温度で10分位の入浴が良いでしょう。

入浴で一番大切なことは、心地よいと感じることです。

アロマキャンドルなどを使い、リラックス出来る環境をつくることも免疫アップに繋がりますね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください  TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

治療に似合った対策を考える

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

変わりつつあるガン治療

三大療法一辺倒の時代から少しずつ変わってきています。

抗ガン剤や放射線の賛否もあり、患者さんが治療法を自分で選択する時代になってきました。

抗ガン剤の毒性、耐性は随分と知られてきました。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまう。

これを信じるか、信じないかは個人の自由です。

しかし、どう捉えるかによって人生を大きく変えていくでしょう。

人生以前に生命に直接影響を与えます。

だから、学ぶことが大切なのです。

無知と人任せが一番怖いのです。

きちんと学ぶことで、抗ガン剤の副作用、再発転移、感染症などの対策も考えるようになります。

化学療法によって白血球の減少が起きます。

白血球減少に対する自己対策は生命にとって、とても重要な意味を持ちます。

後悔の無いよう学びは必要ですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

乳製品の摂りすぎは、がんのリスクを高める

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ホルモンがガン細胞の増殖に影響を与える

乳ガン、卵巣ガン、子宮ガン、男性では前立腺ガンなどです。

ホルモンに影響を受けるガンは、近年増え続けています。

しかも低年齢化しています。

食生活の欧米化で乳製品の摂取量が増えたことも乳ガンや卵巣ガンなどが増えた原因のひとつです。

ホルモン剤が大量に含まれている牛乳を摂取することで、体内にホルモン剤が溜まり発ガンするリスクが上がります。

 ~ 船瀬俊介氏 ご著書より 一部抜粋 ~

牛乳たんぱく質(カゼイン)が食事中に占める割合(カロリー)10%を20%にしたときのガンの病巣はなんと11倍に急増します。

牛乳ガゼンイン5%のネズミは、発ガン物質アフラトキシン投与量を増やしても、ガン病巣は不変。

しかし、20%では発ガン物質を増やすと約20倍に急成長する。

つまり、ガンを促進しているのは、牛乳たんぱく質だったのです。

牛乳2倍摂取で発ガン率11倍ということです。

牛乳を学校給食で毎日飲んできた世代

牛乳は体に良いという牛乳神話を信じていた時代

家庭の食卓でも当たり前に牛乳が置かれていたものです。

その世代が、若くしてガンになっています。

もちろん、牛乳だけがガンの原因ではありませんが、ホルモン剤が危険である認識はしっかりと持ちたいものですね。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

リフレッシュして展望を見る

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お仕事の合間に

ちょっとひと息・・・

生姜紅茶

紅茶と生姜の相乗効果で体がポッカポカ

長時間ず~っと同じ姿勢でお仕事してると血流が悪くなってきますから

ストレッチして、プロポリス飲んで

生姜紅茶で心と体のリフレッシュタイム

ゆったりとした気持ちでお仕事すると、どんどんと今後の展望が見えてきて楽しい~✨✨✨

ずっと泣いていたあの人が

目標をもったことのないあの人も

輝いてきっと幸せになれる♡♡♡

幸せになるお手伝いができることが、これまた幸せです✨✨✨✨

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がん細胞を作らないために放射線対策を

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

福島、茨城、栃木、埼玉、千葉近郊で白血病、甲状腺ガンなどが急激に増えてきた耳にします。

特に小児甲状腺ガンの発症率の高さは世界的にも問題です。

確かにここ最近、相談のお電話を下さる方の多くがこの地域の方です。

目に見えない放射能が降り注いでいる怖ろしさが、まさにこの結果なのでしょう。

この現状を知った以上、自分自身で防ぐしかないようです。

これからも増え続けるであろうこの現実

他人ごとではなく、自分自身で防御していく必要があります。

放射能は原発の問題だけでなく、病院での放射線を使ったCT検査などの被曝も考える必要があるようです。

「がん3.2%は診断被ばくが原因」

「15カ国で、日本がもっとも検査回数が多い」

「発がん寄与度は、英国の5倍」という英国発の研究結果が報じられたこともあります。

1回のCT撮影での実効線量は日本の実測データを見ると、胸部CTが18ミリシーベルト、腹部・骨盤CTは男性が23ミリシーベルト、女性が29ミリシーベルトにもなります。

腹部・骨盤CTはもっと被ばく量が多く、最低で20ミリシーベルト。

造影CTまでやれば(2倍で)40ミリシーベルト。

頚部から骨盤までの「全身CT」で造影CTまで行えば、60ミリシーベルトを超えかねないそうです。

この数値を見ると、発ガンするのも納得できます。

何かあれば、すぐに検査、そして検診を推奨してきた世代ですから、そこに日常的に放射能が加わると、発ガン率が上がるのも当然ですね。

被曝すると、活性酸素が大量に発生します。

異常発生した活性酸素によって、細胞が傷つきガン細胞が出来ていきます。

ガンをつくらないためにも、過剰になる活性酸素への対策は自分でしていく必要があります。

その対策には、毎日の食事のなかで抗酸化物質を意識して摂り入れることをおススメします。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします💐

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ぶれない信念と自助努力が自然治癒力を高める

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

1年前ガン宣告を受け、手術、放射線治療経を経て再発、今は耐えがたい痛みと闘っていらっしゃる方がいます。

あのとき、ちゃんとしておけば・・・自分が甘かった、と言われたのがとても印象的でした。

手術をして、放射線をしたらもう大丈夫!と思っていたそうです。

そして、時間がない、お金がないを理由にしてきた結果だと言われました。

自分のために時間やお金を使うことが勿体なかったそうです。

手術や放射線でガンは消滅すると簡単に思っていたことも今となっては愚かだったと気付かれたそうです。

再発は、最初の宣告より大きな心の傷となり、不安も増してきます。

私たちの肉体は常に精神と調和をとっています。

心と体は繋がっていますから、心が崩れると体も弱っていきます。

病気をなおすには、まずは心を整えることから

肉体と精神の調和が健康を意味するように、常に心身一体となり自然治癒力を高めていくのです。

不安は、自然治癒力を下げていきます。

そして、ぶれる心は治癒への道を遠ざけてしまいます。

自分を信じて、決めたことをコツコツと続けることが大切です。

ころころと気持ちが変わってしまう人、途中で止めてしまう人は、結果に結びつきにくい人です。

ぶれない信念とコツコツの自助努力が、自然治癒力を高めていくのです。

生命の根源は、自然治癒力という働きから成り立っていることを大切に考えていきましょう。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします💐

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

免疫低下の原因を考えてみる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガン細胞は、39.3度の高熱で死滅すると言われています。

ガンが自然退縮をした人は、塊が消える前に高い熱を出したことがある人が多いことも確かです。

そう考えれば、インフルエンザなどの高熱がガン細胞を死滅させることもありなのでしょう。

ただ、インフルエンザなどのウイルスに感染するということは、体の免疫が低下しているということですから、そこを先に考えた方が良さそうです。

同じように一緒にいても感染する人、しない人がいます。

免疫低下の原因もさまざまです。

栄養の偏り

疲労

精神的ストレス

睡眠不足

薬の使い過ぎ など・・・

現代人は何かしら免疫低下の原因を持ち合わせていますね。

インフルエンザなどの感染症を完璧に防ぐことは出来ません。

しかし、意識的に気をつけることは出来ます。

ワクチンは予防にはなりません。

予防どころか、ワクチンは薬品ですから免疫を低下させてしまい、かえってインフルエンザにかかりやすくなります。

ガンもほとんどの場合、免疫低下から起きています。

免疫低下の人がワクチンを打つとさらに免疫が下がるという負のスパイラルになります。

また、インフルエンザや風邪のとき、薬を飲むと免疫力は一気に低下し、体が持つ本来の治癒力や防御機能を失っていきます。

本来は、インフルエンザや風邪など感染症にかかると、温かくしてしっかりと休むと免疫力によって自然治癒していきます。

そして、獲得免疫が得られますので、ここでまた免疫力が強化されます。

私たちの免疫は体温が上がるほど活発に働き、ウイルスとしっかりと闘ってくれます。

無理やり熱を下げると、ウイルスと闘えない体になります。

また解熱剤に限らず、薬を飲むと体温は下がり、免疫の活性化は期待できなくなります。

出来るだけ薬は使いたくないものですね。

なぜ、インフルエンザに感染したのか

感染症は免疫のバロメータですね。

ガンも同じです。

免疫を下げた原因を考え、その原因を排除していくことに取り組むことが大事ですね。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします💐

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

目標を持って生きることで輝く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

どうせ私には無理だから・・・

以前の私です汗

ずっと主婦だけをしてきた私に何が出来る?

主婦業と子育てだけは誰にも負けないくらい一生懸命してきたつもり

だからこそ子ども達が成長するにつれ、自分のなかに寂しさが出てきたのを覚えています💦

今になって思えば、人生の目標がなかったな~と思います。

ガンになって初めて気付いことのひとつです。

せっかく生きているのだから、もっと輝いて楽しもう✨

せっかく生きているのだから、もっと世界観を広げよう✨

せっかく生きているのだから もっと愛し愛され幸せになろう✨

ガンが私を変えてくれました💓

縛られた生き方が嫌いな私

自由に輝いてお仕事がしたい✨

自分のために💓

家族のために💓

人様のために💓

社会のために💓

今、それが出来ていることに心から感謝しています🍀

私と同じように考えている方が楽しく生きていけるよう一緒にのびていく💐

これも私の楽しみです💓

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ