血行不良が病気を招く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンをつくる血行不良

自分でも感じることがあると思います。

それと同時に不調も感じるでしょう。

逆に、血行が良いと手足や頭の先まで血が通い、頭もさえ、体も軽くなります。

その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。

血管が冷えると、血液の通りを阻害されてしまいます。

血液がドロドロになってしまい、栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなります。

同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなってしまいます。

1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温は、今では35℃台という人が増えています。

体温を自分で調整する機能が衰えているということです。

これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。

低体温、低酸素はまさにガンの道です。

この状態では、ガンもなおりません。

血流を良くするには・・・

体を温める

健康食品などを使う

運動をする

ストレスを回避する

健康食品をより効果的に使うには、体を温めた時に飲むことです。

体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているので摂取した健康食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきます。

また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまいます。

当然、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

これを回避するには、適度な運動です。

女性に多い手足の冷えも血行不良です。

解消するには、手足の運動が一番です。

手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回繰り返す。

簡単そうに見えますが、筋肉量の少ない人はこれが出来ないのです。

足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。

これだけでも血流が変わってきます。

健康食品飲む前後にするとより効果的です。

どこでも出来る運動ですから、早速始めてみませんか・・・

がんを治す生き方・・・ご相談ください  TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生き方に合わせて、生命を維する働きが起きている

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ・塚本みづほ

私たちの体内では、生き方に合わせて生命を維持するために働きが起きています。

ガンという病もそのひとつです。

自分の意識に関係なく生命の働きは体内で起きていますが、実は自分の生き方そのものがすべてを支配しているのです。

自然の摂理にそっていれば病気になることもなかった

違う生き方をしていれば病気になることはなかった

気付けたら感謝ですね。

病気をなおすためには、自然の摂理を学べばいい

病気をなおすためには、生き方を見直せんばいいのです。

私も気付かせて頂いたひとりです。

自然の摂理を無視してきた私がいます。

無理な生き方をしてきた私がいました。

ガンに出逢い体得したライフスタイル

今、生かせれていること

そして、今日のこの時間を家族とともに迎えることが出来ることも奇跡です。

今年もたくさんのガン患者さんから相談をお受けしました。

食事、睡眠、運動は大切なことです。

しかし、それ以上に大切なことがあることを伝えてきました。

ものごとの捉え方を変えてみる

ちょっとしたきっかっけで人は変化をします。

別人のように元気になっていかれた方はたくさんいらっしゃいます。

すべて自分自身の気付きです。

新たな価値観の構築で、心豊かに美しく生き生きと輝いて生きてみませんか?

捉え方が変われば、体も変わります。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

毒は遺伝子を傷付けがんを作る

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・  がんと自然治癒研究所

今や、2人に1人がガンになる時代です。

夫婦であればどちらかが、ガンになるということです。

子どもが2人いれば、どちらかがガンになるということです。

ガンの治療が終わったと思いきや、治療をした人たちがまた病院で顔を合わせ、同じように再発転移で入院しているのはなぜでしょう。

なぜだろう・・・と疑問を感じている人も多いはずです。

以下 船瀬俊介氏 著書から一部抜粋 *******************************************

厚生省:抗ガン剤でガンが治ることはたぶんほとんど無い。

厚生省:抗ガン剤を使っていれば、あるていど期間がたてば、ガンが耐性を持つというのはもう周知の事実です。
その抗ガン剤を健康な人やガン患者さんに使ったりしたとき他のところでガンが起きることも周知の事実だと思います。
「使う」という考え方は、今、目の前にあるガンを叩く方を優先するのか、それとも先に起こりうるガンを嫌と言って使わないのか・・・です。
「それでも使っていい」という患者さんに対して使う必要がある・・・というのが、今承認が残っている理由だと思います。
使っていれば耐性が起こるのはわかっていても、それは「起こってもしょうがない。少しでも縮めるんだ」と・・・

******************************************************************************

皆さん、これらを本当に承知して抗ガン剤を受けているのでしょうか?

知らない人がほとんどでは・・・

ガンを治すためにやっているのに、違うところにガンが出来ることを承知するだろうか・・・

しかし、これが再発転移なのです。

1988年 アメリカ国立ガン研究所(NCI)が 「抗ガン剤は増ガン剤だ」

凄まじい発ガン性があるから他の臓器のガンまで誘発する・・・と報告

仮に、厚生省の発言やこれらの報告がなかったとしても、周りをみて、よくよく観察をすればわかります。

『毒には毒で制す』

毒はガンを引き起こす最悪な物質ですから、抗ガン剤による二次発ガンはさほど不思議なことではありません。

私たちの体は、健康な人でも毎日数千個から数万個のガン細胞が生まれてきています。

ですが、私たちの体は、ガン細胞はアポトーシス(細胞死)されるように遺伝子修復機能が働き、通常はガンにならないのです。

しかし、アポトーシス(細胞死)されるはずのガン細胞が、何らかの原因で遺伝子が傷つき、ガン細胞が爆発的に増殖をはじめます。

これが、ガンです。

ガンになった人は、生活の中で、何かしら遺伝子を傷つける原因があり、ガン細胞が活性化してしまっています。

その原因のひとつが生活毒です。

食品添加物、農薬、化学製品、界面活性剤使用の化粧品、シャンプー、薬、たばこなど・・・

また、肉、乳製品、卵などの動物性の食品も体内で毒に変わる可能性の高い食べ物です。

これらが、遺伝子を傷付ける毒です。

すでに生活毒で傷つけられた遺伝子に、抗ガン剤のような強烈な毒が上乗せされ、どうやって遺伝子を修復するのでしょうか・・・

あくまでも抗ガン剤など薬剤は、腫瘍を縮めたり、症状を抑えたりするものであり、決して遺伝子や細胞の修復をしてくれるものではありません。

細胞の修復は、『口から入れる栄養と心』 つまり自分の体でするものです。

細胞の生まれ変わり、修復の時間は夜の10時から3時まで

細胞を元気にしたければ、この時間は寝ることです。

そして、夕食で摂ったものが、細胞の修復に働きかけます。

口から入れる食べ物がどれだけ大切であるかがよくわかります。

食べたものがガンをつくり、食べたものがガンを治す

夕飯は、抗酸化力の強いキャベツの千切りと、酵素を働かす納豆、味噌汁などの発酵食品を必ず摂るようにしましょう。

がんと自然治癒研究所推奨発酵食品はこちらから

納豆は、付属のたれは使わず、抗酸化力のあるネギや大根おろし、ゴマ、レタスなどを混ぜ、塩麹や生味噌などをのせ、最後に鰹節をたっぷりかけて頂くと最高の細胞活性食になります。

大切なのは、生きた塩麹、生きた生味噌を使うことです。

死んだ食品は、細胞活性や修復に働きかける酵素を動かすことは出来ません。

生きている食品を食べること

毎日コツコツ、黙々とすることがガン治しの基本です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271
がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

足を温めて毒を下半身におろす

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンは血液の汚れ

血液を汚してしまう環境はたくさんあります。

私たちは、血液が汚れてしまうと、敗血症を起こしてしまいます。

敗血症にならないように、全身の血液の汚れを一手に引き受け、1ヶ所に集めるという役割をしてくれているのが、ガンです。

つまり、ガンは体に溜まった毒です。

毒が溜まれば溜まるほど、ガン細胞はまた汚れを集めさらに大きな塊となります。

この毒をどうやって体から出していくのか・・・

毒素を出す=血液をキレイニする

基本的に私たちの体は、体にとって毒になるもの、必要ないものは外に出そうとする働き、排出機能があります。

鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりものなど、まさに浄化機能の働きによるものです。

特に皮膚から出そうとする力があります。

浮腫みも浄化機能のひとつです。

毒素が出る時には、このような症状がつきものですが、不快な症状に耐えきれなくなります。

そこでついつい薬を使ってしまい、毒をまた体内に押し込めてしまうのです。

そこまでならないために、溜め込まず毎日、毒素を出すことが大切ですね。

そのためには、下半身に目を向けることです。

がんを治す・体づくりはこちらから

下半身の筋肉を鍛えること

そして、誰でも簡単に出来ることといえば、足を温めることです。

足を温めると、体の毒が下半身におりてきます。

そして、毒を排出しやすい状態になります。

体を動かして自ら熱を発して足を温めることが一番ですが、出来ない人は足湯などを使うといいですね。

ガンだろうと、ガンでなかろうと浄化機能に意識を向けることは、人間の生命体にとって非常に大切なことです。

救われる命はもっとあるはず
ご相談ください  TEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がんが治る人、治らない人

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

初期ガンでなおる人

初期ガンであってもなおらない人

進行ガンでなおらない人

進行ガンであってもなおる人

なぜでしょう・・・

なおる人は、なおる理由があります。

なおらない人は、なおらない理由があります。

ガンをなおすには、『自分でつくった病気は自分でなおす』 という意識が必要です。

そして、根気がいる毎日の実践が必要です。

長い年月をかけ、つくったガンですから、なおすにも当然、一定の時間が必要です。

しかし、効果を感じなければやめてしまう・・・

この効果を感じられないときを耐えることも、根気がいる実践のひとつです。

どんなものにも段階というものがあり、ひとつひとつクリアしていくことで効果として実感できるようになるのです。

ガンなおしは、生き方を見直すこと、思考癖をなおすことです。

自分の愚かさに気付き、捉われない柔軟な思考と、どんな時でも前向きにとらえる精神

がん治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

生き方を根本から見つめ直す

そして、心がくつろげる環境をつくることも重要です。

環境を選ぶのも自分、つくるのも自分です。

体の変化には、毎日の実践で最低100日の時間が必要です。

苦しみは繰り返したくないもの

諦めずコツコツと続けた人が結果を出しています

がんを治す生き方・・・ご相談ください  TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

活性酸素は腸で除去される

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちの体は、常に活性酸素を発生させています。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけてしまい、ガン細胞をつくっていきます。

体が酸化すると、ガン細胞はどんどんと増えてしまいます。

強い抗酸化力で活性酸素を除去してくれているのが腸です。

私たちの腸内に住む腸内細菌は、免疫向上に日夜働き続けています。

この腸内細菌が減ると、抗酸化力が弱まり、活性酸素が除去出来なくなります。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることが大事だといえますね。

腸内細菌を増やすには、発酵食品です。

発酵食品でも、お漬物や、納豆、味噌といった植物性のものがおススメです。

特にガンの方は、腸内での腐敗を防ぐためにもヨーグルトなど動物性のものは避け、植物性の発酵食品で腸内細菌をしっかりと整えることが重要です。

日本人には日本人にあった菌を摂ることです。

腸内環境の乱れはガンだけく、不安神経症や鬱の原因にもなります。

幸せ物質であるセロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

心と体の健康は、腸内環境で決まるといっても過言ではなさそうですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生命の根源は自然治癒力

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

果物や野菜に含まれるフィトケミカル

フィトケミカルとは、果物や野菜の色素や辛味成分であり、体内で抗酸化物質として作用されます。

フィトケミカルには、抗ガン性を示すものも多くあり、疫学的研究によれば、果物や野菜に含まれるフィトケミカルはガンの危険性を減少させるといわれています。

米国立がん研究所でも、1980年頃からフィトケミカルの安全性と有効性、適用性についての評価が始まっています。

私もガンになったとき、フィトケミカルの存在には興味を持ちました。

キノコ類や、ネギ、キャベツ、ブロッコリーなど・・・

スープなど、煮出すことで溶け出すといわれているフィトケミカルですが、煮出せば野菜の酵素を失ってしまいます。

そこで私はプロポリスの300を超える栄養と有用成分に目を向けました。

基本は食事ですが、現代の野菜では補えない部分をプロポリスで補います。

プロポリスを飲むようになり、私が一番最初に変化を感じたことは、鬱状態だった精神面です。

外に出ることも苦痛だった私ですが、早朝散歩に出掛けたりするようになりました。

おかげで35.2℃だった体温が、気付けば36.8℃まで上がり、風邪をひくこともなくなりました。

少し風邪気味かな・・・と思ったらいつもより多めのプロポリスに、熱い梅醤番茶などを飲んで早め休むと復活します。

これぞ自然治癒力です。

この自然治癒力がしっかりと働いていれば、ガンになることもなかったのだろう・・・と反省をしています。

私たちの生命の根源は、自然治癒力です。

救われる命はもっとあるはず
ご相談くださいTEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

新たなライフスタイルの構築

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになれば、ガン細胞をいち早く消すことを考えるでしょう。

これが今までの常識です。

しかし、ガン細胞を消すことだけ目を向けていると、多くの方が再発転移をしています。

ガン細胞も自分の体の一部

ガン細胞も、元は大切な正常細胞です。

大切な正常細胞をストレスや、生活習慣によって傷付け、ガン細胞に変化させてしまったのです。

ガン細胞は消すのではなく、正常細胞に戻してあげる・・・

これが本来のあり方であり、今まで常識から発想を変える必要があるのです。

ガン細胞を正常細胞に戻すには、まずはガン細胞になった原因を取り除くことからです。

何がガンをつくったのか・・・

心を含めたライフスタイルのどこかに必ず原因があります。

ガンだけに目を向けるのではなく、心、体、環境、生き方 ライフスタイル全体に目を向けることが大切です。

思考癖、生活癖、すべて含め、新たなライフスタイルの構築が必要です。

ガンなおしは、自分の愚かさに気付き、意識を変えることからです。

『ガンは、生き方を見直す機会を与えてくれた感謝すべき存在』

ご相談ください   TEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

アメリカのがん死亡率の減少理由

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

代替療法先進国といわれるアメリカでは、栄養補助食品の必要性も積極的に説いています。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称であり、鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品などです。

アメリカは、このような代替療法を用いたり、また併用することで免疫を高め、ガンの死亡率を減少させています。

健康な人であっても日頃から、サプリや健康食品を摂るなどして予防をしています。

日本はといえば、ガンはどんどん増えています。

しかも低年齢化に加え、再発転移を繰り返す人が多いのが現状です。

ガンになればガン細胞を攻撃することだけになってしまい、日本では免疫を高めることそのものが、無知である人も少なくありません。

残念ながら、自然治癒力そのものが忘れ去られています。

がん細胞・自然治癒力はこちらから

目を向けられるのは、進歩していく医学であり、人間のもつ本来の力は置き去りになりがちです。

医学の進歩は素晴らしいことですが、自分の治癒力の素晴らしさにも気付くべきです。

これらを上手につかいわけることが大事ですね。

急性期には、西洋医学の対症療法が素晴らしい力をみせます。

慢性的な病気は、対症療法である西洋医学だけに頼っていては再発を繰り返してしまう可能性もあります。

総合的に取り組むことが大切だと思います。

西洋医学で限界にきた患者さんでも、自然治癒力に気付き、自助努力と前向きな精神、代替医療をなどで元気になられている方はたくさんいます。

自分の力を信じることも上手なガンなおしの秘訣です。

ご相談くださいTEL 084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

消化をスムーズにしてがん予防

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちが食べた物は、酵素によって消化されます。

そして、必要な栄養分が腸管から吸収されていきます。

胃での消化時間は、およそ3時間

小腸ではおよそ7~9時間の消化時間がかかります。

そして、25時間~72時間ほど腸内に停滞した後、便として排出されます。

消化、排泄がスムーズにいく人、いかない人がいます。

消化吸収が悪いと血流が悪くなります。

胃に食べものが入ると、全身の血液が胃に集まってきます。

この時間が長くなればなるほど、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

内臓の働きが悪くなると、代謝機能が低下し、老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まっていきます。

消化を良くしていくことが大事です。

だらだら食べは、大切な酵素をつかってしまい、大事な食事の消化を遅らせてしまいます。

そして、食事の時に水分を摂りすぎてしまうと胃液が薄まり、消化に時間が必要となってきます。

食べ物が長く胃腸に残っていると、ガンをはじめとするさまざまな病気の原因にもなりますね。

水分を摂るタイミングが大切です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください TEL 084-925-1271 詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ