がん治しは心の持ち方が重要

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

不平不満、泣き言の生き方は心と体の塊をつくっていきます。

人間は自分の思い通りにならなければ、不足部分を要求してしまいます。

不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、体に大きなストレスを与えてしまいます。

なぜなら、私たちの肉体は常に精神と調和をとっているからです。

心と体は繋がっています。

ストレスは大量の活性酸素を生み、血液を汚し、ガンをつくってしまいます。

ガンである人は、過剰に発生してる活性酸素を積極的に除去していかなくてはなりませんね。

ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくこと鍵となります。

ストレスは、心の持ち方次第で軽減することが可能です。

ストレスからの脱出は、不足ではなく足りていると感じる心のあり方からです。

人の喜びや幸せの価値観はそれぞれ違いますが、今 生きていることにまず感謝することです。

ガンになり、生きていることそのものがどれだけ有り難いことか、痛感した方は多いでしょう。

この気持ちを忘れないことが、ガンなおしの大きな秘訣です。

そして、この感謝が正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

私たちの生命の根源は、自然治癒力という働きから成り立っています。

ご相談くださいTEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がん細胞を修復する時間は睡眠を

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私がガンなおしで構築したこと

早寝早起きです。

ガンになる以前は、夜型人間でしたからお布団に入るのが夜中の1時、2時は珍しくなく、早くても12時といった生活でした。

寝てもすぐに目が覚めてしまったり、少しの物音でも敏感に反応してしまい、いつも眠りが浅い状態でした。

これは、遅くまで起きていることで交感神経が異常な興奮状態を起こしていたからです。

抱えていたストレスが、常に交感神経を働かせていたわけですから当然眠りも浅くなります。

ストレスの回避方法もわからず苦しんでいたあの頃は、心も体も悲鳴をあげていましたね。

ガンになり、ストレスの怖さも痛感し、まずはこのストレスを受けやすい自分の精神を鍛えなくてはならないと思いました。

そこで始めたのが、早寝早起きです。

早起きは、朝の新鮮な氣を感じます。

朝陽を見て、今、自分が生かされていることを実感し感謝します。

朝陽を拝み、エネルギーをしっかりと頂きます。

朝陽を見る生活は、生命の活性源ともなります。

そして、私たちの体は、酵素やミネラルが働いて、22時から3時の間の細胞が作られています。

毎日どんどん発生しているガン細胞もこの時間に修復されます。

正常な細胞をつくるためには、この時間は寝ていることが大切です。

細胞が生まれ変わったり、またガン細胞が修復される時間に起きていると、正常な修復が出来なくなくます。

遅くても22時には床につき、細胞が活性化できる環境を整え、副交感神経を優位にすることがガンなおしの秘訣です。

また、成長ホルモンの分泌も22時から2時までと言われています。

成長ホルモンは組織を修復し、体力を回復させることで病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。

分泌される時間、つまり睡眠中に体のメンテナンスをしているのです。

22時から3時はガンなおしには貴重な時間です。

この時間はしっかり寝て、細胞の修復、免疫力アップに心がけたいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

笑いでリンパ球を活性化

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

新年を迎え、新たに目標をを立てたり

新年会など、楽しみも沢山だと思います

しかし病気を抱えていると、楽しめない、そんな気分になれないという方もいらっしゃるでしょう。

こんな時だからこそ、笑う

苦しい時だからこそ、笑う

『笑う門には福来る』

まさにその通りで、笑うといいことがたくさんおきます。

笑いは愛の氣を引き寄せてくれます。

『笑いに勝る療法はなし』

笑うとアセチルコリンという物質を分泌し、リンパ球を増やします。

リンパ球が増えると、NK細胞が活性化され、ガン細胞を退治してくれます。

そして、笑いは心を和ませ、緊張もほぐし、血液の流れがよくなります。

血流が良くなると、NK細胞も血液の流れに乗って全身をくまなくパトロールしてくれます。

ガン患者さんは、顆粒球の比率が高く、リンパ球が非常に低いことが分かっています。

これは、ガン患者さんの交感神経緊張状態を表しています。

副交感神経を優位にして、リンパ球を増やすには笑いです。

笑いは、周りの人にも喜びを与えます。

つらいときこそ笑って、リンパ球を活性化していきましょう。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

バランスの取れたライフスタイルでリンパ球を獲得

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

リンパ球、顆粒球、マクロファージ

これらは、免疫を担っている白血球です。

それらは、それぞれ役割があります。

リンパ球には、T細胞、B細胞、NK細胞があり、体内に侵入してきたウイルスなどの外敵を退治してくれています。

ガン細胞を見つけて排除してくれるのもリンパ球のなかの胸腺外分化T細胞とNK細胞です。

このリンパ球が集まっているのが免疫組織ですね。

風邪をひくとリンパ腺が腫れます。

この腫れは、細菌やウイルスと闘うためのリンパ球の集団です。

こうやって体内でリンパ球はしっかりと役割を担ってくれています。

副交感神経がしっかりと働いていれば、リンパ球が増えます。

リンパ球が増えるよう、休息や睡眠時間など気を付けたいものですね。

しかし、リラックスし過ぎて、リンパ球も増えすぎると体にとって害となります。

ガン細胞やウイルスを排除してくれるリンパ球も増えすぎると、それ以外のものにまで反応するようになります。

これが、花粉症などアレルギー症状です。

増えすぎたリンパ球によって過剰反応を起こしてしまうのです。

つまりは、行き過ぎないバランスが大切ということです。

適度なリラックス、適度な働きでバランスよいライフスタイルをつくっていくことがガンなおしの秘訣です。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

体温を上げる食品

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

寒さで体温が下がりやすいこの季節

意識的に体温を上げることが必要です。

毎日の食事で体温を上げることも可能です。

ミトコンドリアという細胞組織が、私たちが食べている体温を上げる栄養成分を処理しています。

これは、ミトコンドリアは37℃以上の体温を必要としているからです。

体温を上げる食品とは、辛みのある野菜です。

なかでもネギ、生姜は、とても効果的です。

辛みのもとであるアリシンが体温を上げてくれますので、薬味として毎日食事にとり入れるといいですね。

特に体調が優れない時は、体が冷えている可能性があります。

体とは、表面だけでなく、内臓の温度も含めてです。

そんな時は、特に意識的にとり入れるといいでしょう。

特に辛みのある野菜は、フィトケミカルがたっぷりと含まれています。

フィトケミカルは抗酸化物質であり、ガンなおしや、ガン予防には欠かせない栄養素です。

がんとフィトケミカルの有用性はこちらから

旬の野菜のお味噌汁に生姜やネギを入れると、発酵食品とのダブル効果で体温アップに繋がります。

味噌のなかには、アスぺラチンといったガンを抑制する作用もあるので毎日必ず摂りたいものですね。

体温を上げると免疫も上がります。

食事で意識的に免疫もあげていきましょう

ご相談くださいTEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生き方に合わせて、生命を維する働きが起きている

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ・塚本みづほ

私たちの体内では、生き方に合わせて生命を維持するために働きが起きています。

ガンという病もそのひとつです。

自分の意識に関係なく生命の働きは体内で起きていますが、実は自分の生き方そのものがすべてを支配しているのです。

自然の摂理にそっていれば病気になることもなかった

違う生き方をしていれば病気になることはなかった

気付けたら感謝ですね。

病気をなおすためには、自然の摂理を学べばいい

病気をなおすためには、生き方を見直せんばいいのです。

私も気付かせて頂いたひとりです。

自然の摂理を無視してきた私がいます。

無理な生き方をしてきた私がいました。

ガンに出逢い体得したライフスタイル

今、生かせれていること

そして、今日のこの時間を家族とともに迎えることが出来ることも奇跡です。

今年もたくさんのガン患者さんから相談をお受けしました。

食事、睡眠、運動は大切なことです。

しかし、それ以上に大切なことがあることを伝えてきました。

ものごとの捉え方を変えてみる

ちょっとしたきっかっけで人は変化をします。

別人のように元気になっていかれた方はたくさんいらっしゃいます。

すべて自分自身の気付きです。

新たな価値観の構築で、心豊かに美しく生き生きと輝いて生きてみませんか?

捉え方が変われば、体も変わります。

がんを治す生き方・・・ご相談くださいTEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

新たなライフスタイルの構築

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになれば、ガン細胞をいち早く消すことを考えるでしょう。

これが今までの常識です。

しかし、ガン細胞を消すことだけ目を向けていると、多くの方が再発転移をしています。

ガン細胞も自分の体の一部

ガン細胞も、元は大切な正常細胞です。

大切な正常細胞をストレスや、生活習慣によって傷付け、ガン細胞に変化させてしまったのです。

ガン細胞は消すのではなく、正常細胞に戻してあげる・・・

これが本来のあり方であり、今まで常識から発想を変える必要があるのです。

ガン細胞を正常細胞に戻すには、まずはガン細胞になった原因を取り除くことからです。

何がガンをつくったのか・・・

心を含めたライフスタイルのどこかに必ず原因があります。

ガンだけに目を向けるのではなく、心、体、環境、生き方 ライフスタイル全体に目を向けることが大切です。

思考癖、生活癖、すべて含め、新たなライフスタイルの構築が必要です。

ガンなおしは、自分の愚かさに気付き、意識を変えることからです。

『ガンは、生き方を見直す機会を与えてくれた感謝すべき存在』

ご相談ください   TEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

消化をスムーズにしてがん予防

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちが食べた物は、酵素によって消化されます。

そして、必要な栄養分が腸管から吸収されていきます。

胃での消化時間は、およそ3時間

小腸ではおよそ7~9時間の消化時間がかかります。

そして、25時間~72時間ほど腸内に停滞した後、便として排出されます。

消化、排泄がスムーズにいく人、いかない人がいます。

消化吸収が悪いと血流が悪くなります。

胃に食べものが入ると、全身の血液が胃に集まってきます。

この時間が長くなればなるほど、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

内臓の働きが悪くなると、代謝機能が低下し、老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まっていきます。

消化を良くしていくことが大事です。

だらだら食べは、大切な酵素をつかってしまい、大事な食事の消化を遅らせてしまいます。

そして、食事の時に水分を摂りすぎてしまうと胃液が薄まり、消化に時間が必要となってきます。

食べ物が長く胃腸に残っていると、ガンをはじめとするさまざまな病気の原因にもなりますね。

水分を摂るタイミングが大切です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください TEL 084-925-1271 詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がん治しで孤独を感じたら目線を変えてみる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになると孤独感が強く表れます。

ひとりのときに寂しさからくる孤独感

家族でいるときに持つ孤独感

寂しく、悲しく、苦しく、ときには恐怖感すら覚えます。

私も孤独感に苦しんだ経験があります。

同じように孤独を感じ、苦しむ方は少なくないのではないでしょうか。

苦しいからこそ、我慢したり、隠したり、また孤独を感じる自分が情けなく、ただただ涙だが出続けることもあるでしょう。

家族がいるのに孤独を強く感じてしまう

ガンになると少なからず死というものが、どこかチラチラと存在します。

だからこそ、この世に自分が必要とされているという実感が欲しいのは誰しもです。

そこで起きるのが孤独という感情です。

しかし、孤独感というものは、自分を振り返る最大のチャンスでもあります。

この世に無駄なものはないとしたら、孤独という感情にも必ず意味があります。

感受性と想像力を持っている私たちは、ガンになった人に限らず、みんな孤独です。

人はひとりで生まれ、ひとりで死んでいきます。

これが命の自然な姿です。

孤独は感じることで自己を認識するきっかけになります。

家族が居ながら孤独を感じるのはなぜでしょう。

寂しいから・・・

それだけでしょうか?

幸せだから、家族が大好きだから、とめどもない不安が孤独を強く感じさせているのかもしれません。

今の現状をすべて受け入れ、少し目線を変えてみませんか?

小さな喜びや幸せがたくさんあります。

孤独を感じるとき、小さな喜びや幸せが見えにくくなっているときです。

今、孤独を感じているなら少し、目線を変えてみるとよいでしょう。

ご相談くださいね
TEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

新たなな価値観の構築でがんを癒す

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンなおしには、新たな価値観の構築が必要です。

生存率を知れば、生存している%より、生存していないほうの%が脳裏に焼き付きます。

生存率70%と知れば、30%の恐怖に苦しみます。

10人中3人・・・と自分に置き換えて考えてしまうと眠れない日々を送っている方もいるでしょう。

私も同じでした。

医師からの言葉が、走馬灯のように頭のなかをぐるぐると巡っていました。

言葉に言い表せないほどの恐怖と不安な時間を過ごしていたことを思い出します。

余命宣告でやっと気づく自分の愚かさはこちらから

今思えば、その間、私の自律神経はどれだけ乱れていたことでしょう。

ストレスによって、どれだけの活性酸素を生んでいたことでしょう。

自律神経の乱れ、大量の活性酸素によってガンになった私が、自らガン細胞が増える環境をどんどんとつくっていく・・・

なんて恐ろしいことをしているのだろうか・・・とあるとき気付かされました。

今、こんなに悩んでも考えても何も変わらない。

悩むことで生存率が上がるわけでもなく、むしろ下げていることを感じました。

これもガンの原因となった捉われの思考癖です。

捉われを捨て、今この時間、今日の1日を大切に生きる

新たな価値観の構築が必要です。

私もガンとプロポリスを通して思い知らされました。

詳しくは、ご相談くださいね
TEL 084-925-1271

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ