がんを癒す音とは

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

私たちの体は、地球のリズム(振動)に共鳴・共振し、動いています。

人の心と体は、良い音には良い様に、悪い音には悪い様に反応しています。

良い音とは、自然界がつくりだす音です。

木々が揺らぐ音・小川のせせらぎ・小鳥のさえずりなど自然界の音は、高周波の世界になります。

悪い音とは、いわゆる騒音です。

車の音・電車の音・工場や工事の機械音・家電製品の音・携帯電話の音は低周波の世界になります。

私たち現代人は、低周波の音の世界で生活しています。

これらの不自然な音は、体にストレスを与え、自律神経を乱してしまいます。

この繰り返しが、やがて病気をつくっていきます。

田舎で暮らす人が病気が少ないのは、毎日聴いている音が違うからです。

山や川など自然のなかでは、心が和み癒されますね。

心も体も心地よさを感じると、副交感神経がぐんと優位になり、生命エネルギーにスイッチを入れてくれます。

実はもっと身近なところに、体に良い音があることを忘れています。

最もガン細胞に効果があるといわれているのが人間の声なのです。

心地よく聴こえる声・癒される声・・・

自分の声でガンを癒せるのです。

一番よく聴いている声は自分の声ですから、習得すればガンなおしに役立ちますね。

自分で自分を癒す声を活用していきましょう。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ノリは栄養抜群の食品

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

海苔は、良質のタンパク質でビタミンやミネラルなどたくさんの成分が凝縮されている栄養豊富な食品です

驚くことに、海苔には野菜や果物に匹敵する量のビタミンCが含まれています。

神経系や筋肉・心臓の機能を正常化させる働きがあるビタミンB1

健康な爪・髪・皮膚にする働きがあるビタミンB2

骨や歯を形成し神経を安定させる働きがあるカルシウム

基礎代謝を促す働きがあるマグネシウム、ヨウ素

コレステロールを低下させ、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞を予防するタウリン

血栓症を予防するEPA

などなど多くの栄養を含んでいます

なんといっても海苔の魅力は、抗ガン作用です

ご飯に海苔、そばに海苔は食欲を増進させるだけでなく、さまざまな作用をしてくれているのですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大根おろしに医者いらず

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

大根の美味しい季節ですね

食べて美味しい大根ですが、民間療法でも昔から愛されています。

大根には、すりおろすことで出る辛み成分「イソチオシアナート」に、解毒作用や殺菌作用があります。

「大根おろしに医者いらず」

この辛み成分を利用した民間療法です。

【大根おろしを飲む】

体のむくみを取る効果がある。

【大根をおろした汁でうがい】

口の中で起きる炎症・口内炎や虫歯などの症状緩和効果

【大根おろしに生姜、醤油を加え熱い番茶を注いで飲む】

解熱剤・発汗剤として効果

【脱脂綿に大根をおろした汁を浸し、鼻に詰める】

鼻の粘膜の炎症を緩和し、鼻の通りをよくする

【大根をおろした汁に、はちみつを混ぜて飲む】

粘膜が強くなり、喉の炎症を鎮める

安心安全なはちみつはこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

レンコンの特徴的な成分

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

穴があいているレンコンは、「先が見通せる」とされ、縁起物としてお正月料理などに使われます

レンコンの主成分は、デンプンで食物繊維を多く含有しています。

レンコンは、ビタミンCがとても豊富なうえに、レンコンのビタミンCは、加熱しても壊れにくいため、ビタミンCを効率よく摂取することができます。

そして、レンコンの特徴でもあるムチン、タンニンといった成分

レンコンの糸を引く粘りのもとが、ムチンといわれる成分で、納豆のネバネバ成分と同じです。

ムチンは、タンパク質が効率よく消化吸収され、細胞を活性化させ、疲労回復に効果があると言われています。

そして、タンニンはポリフェノールの一種で 体の酸化を防ぐ力を持っています。

過剰に発生した活性酸素を除去してくれので、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を守る働きとなり、ガンや生活習慣病を防ぐ効果があるといわれています。

またタンニンには、止血効果があり、生のレンコンをすりおろしてしぼった汁を飲んだり、鼻炎による鼻づまりには、しぼり汁を脱脂綿などに浸み込ませ、鼻腔にさすなど、レンコンは民間療法でも古くから使われてきました。

お試しくださいね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

さんまの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

今が旬のサンマ

お財布にも優しく、美味しい魚ですね

冷たい海中の魚の脂肪は、凝固しにくい不飽和脂肪酸です。

サンマには、良質の不飽和脂肪酸であるEPAやDHAがたっぷり含まれています。

EPAは、血液中のコレステロール抑え、血液の流れを良くして血栓ができにくくします。

DHAは、脳細胞の成長を促し、脳を活性化させます。

これらは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の予防によいとされています。

そして、サンマは、魚の中でもトップクラスといえる高タンパクで、ビタミンのA、D、EやB群を多く含んでいます。

これらは、皮膚や粘膜、骨粗鬆症予防、目などにも働きかけてくれます。

また、抗酸化作用により、ガン予防も期待できますね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

花粉症にもレンコン茶

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

アレルギーの方はつらい季節ですね

レンコン茶は花粉症にもいいそうですよ

皮もまるごと使えるよう無農薬のレンコンがいいですね。

無農薬レンコンを皮ごとすりおろします。

木綿のハンカチにすりおろしたレンコンを包み、汁を絞ります。

鍋にお湯とレンコンのしぼり汁を入れて温めます。

温まったら、お好みではちみつを入れます。

はちみつが溶けたら湯のみに移します。

ここで私はプロポリスを入れます

レンコンのほのかな渋みとはちみつの甘さとプロポリスのピリッと感が、どこか生姜湯を思わせる感じです

食物繊維がとても豊富なので便秘症の方にもいいですよ

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

焼き芋にすると食物繊維がます?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

栄養素は加熱することにより壊れやすくなりますが、さつま芋の栄養素は加熱しても比較的壊れにくいといわれています

なかでも注目すべきは、ビタミンB6やB1などのビタミンB郡がとても豊富なことです。

その他にもカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛など多く含まれており栄養面でもとてもよい野菜ですね

しかも、焼き芋にすると食物繊維が生の状態に比べ30%も増加するそうです。

そして、焼き芋を食べるとストレスが軽減されるとか・・・!?

これは焼き芋に含まれるカルシウムの効果ともいわれます。

そして、焼き芋を食べる時は、皮ごと食べるといいでしょう

焼き芋の皮に含まれる「アントシアニン」は、葡萄などにも含まれているポリフェノールで、抗酸化作用や肝機能改善などに効能があるとされています。

参考までに・・・

焼き芋をつくる時は、ゆっくりと焼いた方が甘みがでますよドキドキ

ゆっくり熱を加えることで、さつま芋に含まれる酵素アミラーゼの働きが活発になり、でんぷんが糖に変わり甘みが出てくるのです。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

消化吸収とがんの関係

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

私たちが食べた物は、酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されていきます。

1日程度かけて消化吸収がおこなわれます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されます。

小腸で消化にかかる時間は、およそ7~9時間

消化酵素によって吸収できる大きさまで分解されます。

そして、大腸で水分と残りの栄養素を吸収し、25時間~72時間ほど腸内に停滞した後、便として排出されます。

夕食は就寝の3時間前にはすませましょう、とよく言われますね。

胃のなかのものが消化される時間ですね。

ただし、お肉などの脂質は3時間では消化されません。

また、食事の時に水分を摂りすぎてしまうと胃液が薄まり、消化に時間が必要となってきます。

食べ物が長く胃腸に残っていると、ガンをはじめとするさまざまな病気の原因にもなりますね。

水分を摂るタイミングも大切です。

この水分も、冷たいものとなると消化以外の面でも負担がかかってきます。

冷たいのもが胃に入ると、冷えた胃を守るために全身の血液が胃に集まってきます。

この時間は、4~5時間といわれています。

体を常に正常に保とうとする防御機能です。

4~5時間、全身の血液が胃に集められている間、他の器官はいったいどうなっているでしょう。

実は、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

当然、代謝機能が落ち、老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まっていきます。

食事中の水分摂取量と冷たいものには気を付けたいものですね。

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

山芋コンニャクの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

昔から 『砂おろし』 と言われているコンニャク

まさに老廃物の排除に役立つ優れものです

コンニャクには、生芋で作られたコンニャクと、コンニャク粉で作られたものがあります。

凝固剤も炭酸ナトリウムを使ったものとカルシウムを使ったものがあります。

おススメは、生芋でつくられているもの

そして、凝固剤は炭酸ナトリウムが使ってあるコンニャクがいいですね

コンニャクの繊維質であるグルコマンナンは消化吸収がされにくい多糖類で、胃を通過して腸まで届き、腸の運動を促して、老廃物を取り除いてくれます。

コンニャクは、便秘に抜群の効用を発揮し、そしてグルコマンナンには、コレステロール値を下げる効果もあります。

高コレステロールは、動物性脂肪のとりすぎが原因と言われていますが、実は食物繊維の不足も原因になります。

腸のお掃除にコンニャクは最適ですね

生芋のコンニャクはお刺身で食べてもクセがなくプルプルでとても美味しいです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

なしの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

梨の種類はたくさんありますね

幸水・新興などの赤梨

二十世紀・二十一世紀などの青梨 

梨は、約90%が水分です。

ほとんどが水分のため、カロリーはリンゴに比べると低く、果物のなかでも低カロリーでダイエットにも向いていますね

梨の成分で一番注目したいのはアスパラギン酸です。

アスパラギン酸は、エネルギー代謝の促進したり、スタミナ増強に有効な成分とされています。

梨には、ポリフェノールの一種であるタンニンや、タンパク質分解酵素が含まれています。

胃腸がお疲れの時には有り難い存在です

梨に含まれている糖ソルビトールという成分は、咳止めや解熱効果は高く、薬膳にも使われています。

そして、水分を吸収して便を柔らかくし、腸の蠕動活動を活発にしてくれ、便秘解消に・・・

そして、梨はカリウムがとても豊富なので、余分な塩分を排出してくれる効果も期待できるので、浮腫みやすい女性は有り難いですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ