塩麹発酵完了

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

塩麹 発酵完了です

前回に比べ、発酵のスピードが速くなりました。

それだけ暖かくなってきているのでしょうね

今回使ったのは、自然栽培の玄米です。

白米の比べると少しだけ、玄米の独特な香りがするかな・・・というくらいでそんなに差は感じません。

こんな効果のある塩麹は毎日欠かすことのできません

①疲労回復(ビタミンB6など)
②ストレス軽減(ギャバなどのアミノ酸)
③乳酸菌による便秘解消
④老化予防(活性酸素を中和作用)
⑤美肌効果(活性酸素を抑えて、腸内環境も整える)

塩麹にはデンプンを分解する「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」という三大消化酵素をはじめ、様々な酵素が豊富に含まれています。

これらの酵素は、人間の腸の中に入れば善玉菌を増やす整腸作用が働き、またアレルゲンをも分解する抗アレルギー作用も備わっています。

また食物繊維と同じような働きをするレジスタントプロテインと呼ばれる成分も含まれているため、解毒力が高く、食べ続けることで便通も改善されてきます。

何といっても塩麹は、麹が発酵する過程で抽出されるポリフェノールが、身体のサビを取ってくれる「抗酸化作用」としてアンチエイジングにもとても効果的です

塩麹は高温で調理するとせっかくの菌が死んでしまうので、出来るだけ生で使うことをおススメします

塩麹は菌が生きていないと意味がありません。

市販されているほとんどのものが、残念ながら菌が死んでしまっています。

塩麹の作り方は、実に簡単です

混ぜて10~14日ほど待つだけ

自分でつくる方が断然安いですし、一番良いところは素材を自分で選んで使えることですね

ぜひ、作ってみてくださいね

私も次の塩麹をつくります

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す